みさき道人 ”長崎・佐賀・天草etc.風来紀行”

■写真ブログ/長崎・佐賀ほか ●風景・史跡・古写真・巨樹・石橋・滝・山野歩き・標石・戦跡 ●江戸期の「みさき道」

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

                 長崎名勝図絵の風景  3  大 音 寺

 「長崎名勝図絵」は、長崎奉行筒井和泉守政憲の命を承け、当時長崎聖堂助教で儒者であった、西疇 饒田喩義強明が、野口文龍渕蔵の協力を得て編述し、これに画家の竹雲 打橋喜驚惟敬の精緻な挿絵を加え、完成したもので、執筆は文化、文政年間(1804−1829)であったと思われる。平易に読める文体に書き改めた詳訳が、丹羽漢吉先生の訳著によって、長崎文献社から長崎文献叢書第一集・第三巻「長崎名勝図絵」として、昭和49年(1972)2月発行されている。(発刊序から)

 本ブログ「長崎名勝図絵の風景」は、主な図絵について現今の写真と対比させる試み。デフォルメされた図絵が多く、現在ではそのとおりの風景はほとんど写せない。おおかたがわかる程度の写真として撮影している。解説は詳しく引用できないので、図書を参照していただきたい。
 大音寺は次の記事も参照。  http://blogs.yahoo.co.jp/misakimichi/49741797.html

  長崎名勝図絵 巻之二上   南邊之部

 89 正覚山中道院大音寺  (文献叢書 41〜48頁  所在地 長崎市鍛冶屋町) 

  晧台寺の左。浄土宗。京都知恩院末寺。晧台寺と共に眺望のよい広大な地を占めている。…元和2年(1616)この旨幕府にも達し、本博多町の昔堀があった側の、南蛮寺を毀した跡地を、伝誉に賜わって、一寺を創立せしめられ、これを大音寺と称した。寛永18年(1641)松平伊豆守信綱が島原凱陣の時、長崎に立ち寄られ、銀百を賜わって、今の地に移し建てられた。同年御朱印を賜り、御奉書が到来した。境内23,630坪。三大寺の一で、江戸幕府拝謁の時は、寺格は晧台寺と同じ。…

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事