全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 一条工務店が、4月21日付で環境省から エコファースト企業に 認定されました。
同社としても、HP上にしっかり記載してます。
 
 施主として 気になるのは、実際に建築される家がどう進化していくのか?
 
 エコロジーの観点とエコノミーの観点から この動きに期待しつつ、エコファースト企業にHMで
先に認定された積水ハウスの「エコファーストの約束」を見てみます。
 
1. 積水ハウスの場合
・次世代省エネルギー仕様と高効率給湯器の標準化
 =>C値、Q値では一条のほうが優れてます。
   一条の見込ではエコキュートとエコジョーズの普及比率は2009年度は全戸の60%、
  2010年度は70%となってます(出典:一条:サステナビリティレポート)
 今後積極的に普及を図るとしていますが、一条では、エコキュートがオプション扱いに
 なってるのは残念。
 ・燃料電池の普及(全戸に燃料電池を設置した住宅地をつくる)
 =>積水ハウスにしてもまだ標準というほどではありませんが、すでにCO2オフ住宅と称して
   販売実績があり 先行しています。一条工務店ではこの取り組みは聞こえてきません。
 
・瓦一体型の太陽光発電システムの特別価格販売
 =>一条は、瓦一体型ではないですが 屋根材一体で内製してます。 
・過去に販売した住宅のエコリフォーム
 =>一条工務店では、あまりこの情報が発信されてないので不明??
 これは、積水ハウスの太陽光発電とコジェネの組み合わせです。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2.一条工務店の場合
 前回記事にも記載しましたが
一条工務店の約束は
・2015年度までに新築住宅全戸に太陽光パネルの標準化
・2020年度までに太陽光パネルの平均搭載容量8KW拡大
 =>夢発電のことかもしれませんが、全戸ということなら和風百年の家への対応とか、
 切妻、寄棟への対応が必要ですね。まさか、外観重視で片屋根しか選択できないという
 ことには しないで欲しいです。
  平均8KWというハードルは、ガレージに2.5kw搭載できてもかなり意欲的なものです。
 壁面搭載とか、北面設置とか考える?
・国産木材を一棟あたり15平米利用の堅持
 =>まめしばも地元静岡県の天竜美林の家を考えました。
 標準化された一条の家だと難しいですが 国産材オプションとかあればいいと思います。
・2015年度までに新築現場のリサイクル率90%以上へ
 =>ここは、すでにきっちりできてますね。
 
3.考えて欲しいエコロジー対策
  今後の方向は エネルギー自立型住宅 かなと思います。
  1)電力会社から電力を購入しなくてもよい
  2)夜間電力を蓄電しておき昼間に使う
 
 すでに、一条工務店は 高気密・高断熱住宅のトップランナーで
少ないエネルギーで冷暖房ができるわけですから そのための方法論を考えます。
 
 電気:太陽光発電の標準化 と 家庭用蓄電池
  一条工務店は2015年までに太陽光発電の標準仕様化と、2020年までに平均8kwの
 標準化を進めるようです。
   一条工務店では、、「夢の家」+太陽光発電(5.55kW)システムを導入した場合、
 147㎡で家族4名、東京で真南に30度の傾斜角で設置した場合、光熱費をゼロとする
 ことが可能となると試算しています。  
 御願いしたい改善方向
 1)一条の太陽光モジュールを高効率のものにして欲しい。
 世界シェアが高い、サンテックの太陽光モジュール(14.9%)と一条パネル(7.6〜9%)を比較すると
その差が際立ちます。
 1平米あたりの発電量で見ると サンテック(149w)と一条(84w)。 
自社生産のため、低コストで設置できますが いま仮に一条パネルをサンテックの高効率モジュールに
置き換えたとすると 75%も余分に発電可能となります。
 一条さん試算の前提の5.55kwシステムなら9.78kwにできます。
 また、我が家に既設のホンダソルテックのパネルも下取りして交換してくれると最高です。
  3.13kwが5.51kwへ
  3.75kwが6.61kwへ
  5.55kwが9.78kw も利用可能になります。
 
サンテックモジュール                      一条モジュール 
イメージ 2イメージ 3
 
  
 2)家庭用蓄電池の採用を進めてほしい
 
 最低限 3kwhくらいの容量の蓄電池が搭載されていれば、万一の際の照明にも利用できますし
昼間 発電した電気をほぼ100%売り電できるので搭載できないかと思います。
 現在のコスト水準から推定すると 3kwhでは 60万円から90万円程度となりそうです。 
 
 なぜそう考えたかを示します。
  エネルギー自立型住宅なら、蓄電しておいてそれを必要なときに取り出すことができたら、理想的です。
 使い方のオプションとして
 1.一切 電力会社から購入しないですむよう 全部太陽光発電で賄い 蓄電
 2.深夜電力で蓄電しておいて 昼間その電気を利用。太陽光発電で発電した電力は全部売電
 3.バックアップ用として最低限の容量のみ蓄電、非常時に備える
 
 これを賄うにはどのくらいの容量の蓄電池と太陽光発電の搭載が必要なのでしょうか?
   
 実際にオール電化で使用する電力量は
 我が家の場合、床暖房を行っていた1月頃がピークで夜間電力が 25kwh 一日で45kwhでした。
 4月下旬なら 夜間電力が6Kwh 一日あたり 12kwhほどで生活できます。
 
 ピーク時でもすべてを賄うには蓄電池の容量は
1のパターンで生活するには 蓄電池に 45kwh 余裕を持って50Kwhもの容量が必要になります。
 ピークを除けば エコキュートを含めると20kwhくらいの容量が必要になります。
2のパターンなら エアコンやIHヒータ使用も考慮し6〜7kwhとおきます。
3のパターンとして 夜間の照明くらいなら3kwhもあれば足ります。
 
 また、太陽光発電パネルの搭載では
 45Kwh/日 発電するには 9〜10kwh程度の搭載が必要になります。
 これは、3.13Kwh搭載の我が家の発電量 15kwh/日〜20Kwh/日から推定したものです。
 
家庭用蓄電池は、すでに積水ハウス、トヨタホーム、パナホーム、大和ハウスとも実用実験をおこない
2011年度中にも実際に発売しそうな勢いがありますので一条にも頑張ってほしいものです。
 
 その場合のコストは、kwあたり20〜30万円を各社がめどにしてくるのではないかと勝手に予想しています。
 理由としては すでにある製品との価格の比較から。
  すでに家庭用蓄電池としては ㈱正興電機製作所さんが 発売しています。
エネ・パックという商品は7.0kwhで定価176.4万円    (初期投資がkwあたり25万円)
エネ・パックミニという商品で3.3kwhで定価89.3万円   (初期投資はkwあたり27万円)
ともに商品寿命は15年〜20年 ですがバッテリーの定期交換が必要です。
 
 家庭用で40kwhの容量の蓄電池を設置すると 約1000万円ほどにもなってしまい、実現性に
乏しいので 現実問題として3kwh程度で考えてみました。
 
 3kwhタイプでも回収するには、30年以上掛かる試算になったので、今は趣味の範疇になります。
 夜間電力9円/kwhで買って 昼間の30円/kwhの代わりに 42円/kwhで売ることができると考えると
3kw×(42円−9円)×365日=年36000円の回収。このほかバッテリが5年ほどで定期交換となります。  
  
■おまけ
最後に 全館床暖房の室内環境にあっている花
 0.沖縄山椒 × 乾燥のせいか長持ちしませんでした。
 1.シクラメン × 暖かすぎてすぐに萎れてしまいました。
 2.ゴムの木 ○ 元気に成長しています
 3.幸福の木 ○ しっかり成長します。すぐに大きくなるのが玉に瑕。
 4.胡蝶蘭  ◎ 2ケ月以上たってもまだ生き生きと花を保っています。
 
一条工務店の情報を知りたい方はこちら↓ 149名もの方がいろいろな記事を書いていらっしゃいます。   \¤\᡼\¸ 4
  
(住まいブログ 一戸建て一条工務店) ←文字をクリックください
 まめしばは、毎月末に ぶろぐ村の一条ほかブロガの多い 主要HMさんのブロガの人数を
集計しています。今年 4回目の定点観測で 通算11回目となりました。
 
さて、一条カテの参加者は 先月比で12名も増えて 147名となりました。
 
 一条工務店の4月のトピックは、イメージ 2
・新商品 i-Smart (仮称) の受注開始
・エコファースト企業 認定(HMでは積水ハウスに続き2社目) です。
 
 エコファースト制度:
 環境省は、業界のトップランナー企業の環境保全に関する行動を更に促進していくため、企業が環境大臣に対し、自らの環境保全に関する取組を約束する「エコ・ファースト制度」を創設するとともに、約束を行った企業に対して「エコ・ファースト・マーク」の使用を認めることとしています。
 今後、一条さんのHPや展示場、パンフレットなどに「エコファースト」のロゴが記載されることと思います。
 
 エコファースト企業となると「エコファースト企業の約束」として業界のトップランナーとして 環境保護の活動をおこない、定期的にフォローが行われます。 

一条工務店の約束
・2015年度までに新築住宅全戸に太陽光パネルの標準化
・2020年度までに太陽光パネルの平均搭載容量を8KWに拡大
・国産木材を一棟あたり15平米利用の堅持
・2015年度までに新築現場のリサイクル率90%以上へ
 
 今後この約束に沿った活動が実施されるものと思われます。
  
それでは、恒例の定点観測報告を始めます。 

1.ハウスメーカー別
 まずはハウスメーカー別。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3 
 
 
   
2.シリーズ別 
今月も i-cubeとセゾンは順調に増加、3階建てとブリアールも増加しました。 
 
 イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 イメージ 5
 
 
 
 
 
3.最後にサブシリーズ別
イメージ 6
 
 
 
 
 
  訪問いただいた方は、ポチいただけると嬉しいです。    
 一条工務店の情報を知りたい方はこちら↓ 147名もの方がいろいろな記事を書いていらっしゃいます。   \¤\᡼\¸ 4
  
(住まいブログ 一戸建て一条工務店) ←文字をクリックください
 最近は、水道水からの放射性物質の話題がニュースでもあまり取り上げられなくなってきました。
 
 NHKニュースで、日本放射線安全管理学会が、放射性物質除去に関する中間報告をまとめたと
いうのでさっそく確認してみました。
 
 もとのデータソースはこちら (日本放射線安全管理学会)
 
 本論に入る前に ヨウ素131、ヨウ素132、セシウム134とセシウム137、テルル129とテルル132とか、雨水からさまざまな放射性物質が検出されてることにびっくり。
 
 もう安心していいレベルにはなっているものの、毎日多量に使う場合にはやはり気にかけたい。
 
調べているのは以下の 5種類。
 
A) LAICA CAPRI 定価2625円
 (銀化活性炭、イオン交換樹脂他 ) 除去率78%
 
この機種のみ ろ過は 1回の評価のみ。
 
B)三菱レイヨン クリンスイ CP002 定価3150円
 (活性炭、イオン交換膜)
除去率70〜98% 5回ろ過で99%
 
C)東レ トレビーノ PT302 3500円程度
(活性炭、イオン交換膜)
除去率 79〜83%
 
D)パナソニック TK-CP11 3980円程度
(中空糸膜+抗菌活性炭+セラミック+硫酸カルシウム)
除去率71〜97%
 
E) ブリタのポット型浄水器 ナヴェリア(Navelia)定価4200円
 家庭用の冷蔵庫に入るタイプです。
 (メッシュ、イオン交換樹脂、活性炭、メッシュ)による4段階ろ過)
  この中間報告では 放射性ヨウ素の除去率は 1回ろ過で94%。
5回繰り返すことで 98%まで向上したとなってます。
 
 ブリタのHPでは 、
「放射性物質の除去については、家庭用浄水器の除去対象物質に含まれていないため、除去能力試験方法が確立されておらず、性能確認も行っていないため、現時点では明確なお答えができかねます。」 
 となってます。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 この調査は測定条件が揃っていないので、鵜呑みにはできないですが、
結論
 1.ポット型浄水器でも、放射性ヨウ素の除去については(初期性能として)70%以上が期待できる
 2.ろ過を複数回繰り返すことで 除去効果がさらに向上する。
 3.×電気ポットでは 濃縮されるだけで除去できない
 4.初期性能が どの程度持続するかが問題です。
 
  蛇口直結型の機種については、この評価では対象にしていませんので、そちらの測定もして欲しいですね。
 
 こと放射性物質の除去に関しては、
 新築時につけるなら、逆浸透膜タイプが一番性能がよいのは 揺るぎませんが、
この製品のなかでなら まめしばは、ブリタを選びます。
 
 
訪問いただいた方は、ポチいただけると嬉しいです。    
 一条工務店の情報を知りたい方はこちら↓147名もの方がいろいろな記事を書いていらっしゃいます。   \¤\᡼\¸ 4
  
(住まいブログ 一戸建て一条工務店) ←文字をクリックください
 
 自分の住んでいる町や、大切な人もしくは、気になる場所の地震、地すべりとかのリスクはどう調べてますか?
 
 皆様のブログを見たり身近な方の話を聞くと、古地図、古老の話、地域の方の話を聞くとか、郷土史を調べたり、不動産会社に聞いたりとか、実行されているようです。
 
1.地震保険料の算定のもとになっている予測は?
 最初に地震保険のリスク評価がどうなっているのかを元に 地震保険の保険料率で、県別に色分けしたのが
最初の図です。
 一つ目の図は 保険料率ランクの図ですが、二つ目の図の確率的地震動予測地図なるものにて適時見直しがされてます。
ここに載せたのは、2010年1月1日基準で今後30年間に震度6弱以上の地震が予測される地点です。
 
 ふたつの図を見比べて考えると、概ね地震の起きる可能性で保険料ランクは決められているのですが、
人口密集度が高く、支払い保険金が大きくなる地域は実際の地震の予測よりも保険料率が高めになります。
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2.自分の家のあたりの危険度を判定してみましょう!
 
 確率的地震動予測地図は、今後の被害予測に基づいておこなったシミュレーションです。
地震ハザードステーション」を使って 自分の家のあたりとか実家とか、原発とか
任意の場所の危険度を地図で確認することができます。 (リンク http://www.j-shis.bosai.go.jp/ )
 
 浜岡原発のあたりの静岡県御前崎市では、この予測を見ると30年以内に26〜100%の確率で震度6強以上の
地震が起こると予想されてます。
 
 この予測は、かなり奥が深く興味が 沸くのですが、まだまったく使いこなせていないので、詳しい方教えてください。 地震予測のほか 地すべり予想とか多機能です。
 
 
 また、地震予測地図は まとめてこちらで見ることができます。
 ただ、119ページもあって げっぷがでそうなのでダイジェストしたパンフレットが準備されてます。
ざっくり見るなら これでも十分です。
 全国震動予測地図 パンフレット  (14.6MBとかなりサイズが大きいので注意ください)
 
 この中で びっくりするのが、昨年5月にこの資料が発表された時点で今回の 東日本大震災が予測されていたという事実。
 今後30年間に 発生確率99% で予想マグニチュードは8ということなので、同時に複数の断層が
連動して発生したため 予想を上回ったということでしょう。 
 該当ページを抜粋しておきます。
イメージ 6イメージ 7
 
  
  今後、予測されているのはご存知の東海地震ですが予測値は87%となっています。
 ここで 宮城県沖地震の確率が99%とでているのに関わらず、
東海地方に比べてマスコミとかの取り上げかたはとっても小さかったような気がします。
 ここにある原子力発電所が危険?という話は、知っている人はほんの一握りだったはず。
 
 地震や災害に対する 自治体、企業 の備えとかが十分であったのか反省の残るとこです。  
 
3.この予測を見てどう考えるか? 
 今回地震が起きて 大きな被害が起きた地域がこの地図と 実際の保険料率との関係で見てみます。
この順番は、地震保険の東日本大震災の一軒あたりの支払い金額の大きい順(2011/4/20まで)です。
ちなみに数字の大きいほど、地震保険料が高い地域です。
 
イメージ 3
福島 1地域
宮城 2地域
長野 2地域
茨城 3地域
千葉 4地域
栃木 1地域
岩手 1地域
 
予測と今回の被害との相関があるとは思えない結果になってます。イメージ 5
 
 
 まめしばの考え)
 実際の被害と 地震予測との相関はそれほど高くない。
地震保険料率の低い地域でも、地震は発生するので
備えとしてはいっておいたほうが 安心。
 
 どう保険を掛けていくかは、それぞれのご家庭で考えればよいことですが、
まめしばはそう考えました。 
 
 訪問いただいた方は、ポチいただけると嬉しいです。    
 一条工務店の情報を知りたい方はこちら↓ 143名もの方がいろいろな記事を書いていらっしゃいます。   \¤\᡼\¸ 4
  
(住まいブログ 一戸建て一条工務店) ←文字をクリックください
 
 
 
 いつの間にか通算60000アクセス超となっていました。見てくださる方、コメントくださる方 いつも
ありがとうございます。 参考に画像で記録残しました。
イメージ 4 

開く トラックバック(1)

 まめしばは、地震保険に入ってます。
火災保険にはいっても、地震保険が自動的につくわけでないので 別にはいる必要があります。
 
 火災保険だけでは、地震とか津波による損害は補償されないんです。
 
 でも  地震とか津波、今回は原子力災害があったときの 公的な経済的な支援が
どのくらいあるかというと 多少は支給があります。
 
 被災者生活再建支援制度では、地震などの自然災害によって住宅が全壊した場合などに
支援金が支給されます。今回の東日本大震災ではこの制度が適用になって
  岩手県、福島県、青森県、宮城県、茨城県、千葉県、栃木県の全域) が適用になりました。

 実際に払われるのは 
 住宅の被害に応じた支援金(全壊・解体・長期避難:100万円、大規模半壊:50万円)と
 再建方法に応じた支援金(建設:200万円、補修:100万円、公営住宅以外の賃借:50万円)
 
 公的な補助はここまで
 
 火災保険にしか、入らない場合でも 地震とか津波によって起きた火災なら、
地震火災費用保険金(特約)として 一般的に地震保険に加入しなくても、火災保険に自動的に
セットされている特約で最大保険金額の5%まで支払われます。
 
 ここまでの金額では とても被害を受けた家をいままでと同じように再建するのが難しいので、
地震保険に入る必要があると思ってます。
 
 加入できるのは、建物、家財にかけた火災保険の最大50%まで。
安心のためには、家財保険に多めにはいっておくのがいいと保険屋さんにアドバイスをいただきました。
 
 さきほどの地震火災保険特約で 最大建物、家財の50%まで増やすこともできて安心ですが、当然
保険金もかなり増えるので お財布とご相談です。
 
 また、地震保険は単独では入れないです。
火災保険でしっかり再建可能な価格まで保険をかけたうえで加入しましょう。
 
 家を建てるときは、火災保険・地震保険の金額もしっかり予算にいれておきましょうね。
  訪問いただいた方は、ポチいただけると嬉しいです。    
 一条工務店の情報を知りたい方はこちら↓ 143名もの方がいろいろな記事を書いていらっしゃいます。   \¤\᡼\¸ 4
  
(住まいブログ 一戸建て一条工務店) ←文字をクリックください
 
 (2011・4・20 22:20追記)
 今回の東日本大地震では、この制度が適用される県が多数でました。
地震保険では 本来一軒一軒査定するようですが、被害が広範囲かつ甚大なので地域として
一括して全損対応とする対応を決めました。
日本損害保険協会の今回の地震、津波に対する一般的な対応はこちら
 地域として全損認定された地域の一覧はこちら
 
 実際に4月14日までに支払われた地震保険の総額は1403億円で 83000軒以上に
支払われています。
 
 一軒あたり平均130万円ほどになります。 
 一軒あたりの支払額をみると、被害の深刻な県が浮かび上がってきますね。
多い順に並べると 福島、宮城、長野、茨城、千葉、栃木、岩手 と深刻な状況が全国に
広がってるのがわかります。
 
イメージ 1 
 
 
 
 
 
  

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事