過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 12月の電気代が、ついに10000円超えってことで、12月の 電気使用量のうち 大きいと
思われるエコキュートと床暖房の使用電力量を推定します。
 
1)エコキュートに必要な電力量
 一条さんが採用している長府製作所製のエコキュートでは、日/月/年のお湯の量が記録
できますが、日単位の記録では、7日分しかデータできないので、まめしばは 毎週末記録してます。
 12月の請求期間に相当する期間のお湯の使用量は12150Lでお湯を一日あたり357L
使用してました。
 
 必要な電力量は 12150Lを42℃にする熱量計算をして、1kwhで発生する熱量860Kcal
で割って、さらにCOPで割ることで算出できるかなと思います。
 さらに、エコキュートは深夜電力でお湯を沸かして貯湯タンクに溜めているので、実際に
お湯を使う時間まで 半日ほど経過するのでその間にお湯が冷めることを考慮します。
 12時間以上で 凡そ10%程度お湯の温度が下がると仮定して計算すると
 
 12150L×(42℃ー9℃)÷860÷3÷0,9= 172kwh 
                       が今回必要な電力量と仮定します。 
 
2)床暖房
 我が家は、皆様の例を参考に下記のように床暖房を設定しています。
ゾーン1 1Fリビング+台所+洗面所・浴室   11時〜7時 30℃  左記以外24℃
ゾーン2 1F 6畳和室+玄関ホール        3時〜7時 27℃ 左記以外23℃
ゾーン3 2F 廊下、トイレ、6畳子供部屋1&2  24時間 23℃    
ゾーン4 2F 8畳寝室+ 4.5畳WIC      11時〜7時 27℃ 左記以外23℃
 
・ゾーン1:リビングは 朝21℃ 昼間天気のいい時は22℃くらい夕方は21℃くらいになります。
・ゾーン2:玄関ホールと和室は終日 20℃を若干うわまわるくらいになります。     
・ゾーン3:2F子供部屋は、東南の側にある部屋が21℃ 昼間は22℃で 夕方21℃位です。 
 北東側にある部屋は 一日中ほぼ18℃くらいと 同じゾーンにあっても日中の日当たりの影響?
 で南向きの部屋のほうが暖かくなるのは止むをえないとこでしょうか。
・ゾーン4:寝室は南向きですので、お天気のいいときは日中この時期で23℃前後、
 直射日光のあたる部分は28℃くらいまで上昇します。夜で20℃を若干下回るくらいになってます。
 
 このような設定で どのくらいの電気代を使うのか、以前の記事(床暖房の電気代を考えてみた)
で計算したことがありますが、空気をあたためる場合の熱量計算であるとのコメントをいただきました。
 
  熱量計算は、不凍液を温めているわけなので 計算式を変えて検証してみます。
不凍液 比熱0.85として
必要電力量=Q値 × 延べ床面積 × 水温差 ×24H ×30日 ÷ 不凍液比熱(0.85) ÷COP  
 
 これで水温10℃のものを 24℃にあげるとして計算します。 
 12月の請求期間は34日だったので 1.06(セゾンのハニカムシェード付の家のQ値) とすると
  1.06×120㎡×(24℃-10℃)×24H×34日÷0.85÷3(÷1000) =570kwh
 
 この期間の消費電力は 884kwhなので
 エコキュート 172KWH + 床暖房 570KWH 
 そのほか調理家電+ 照明ほか 142KWH くらいかなと推定しました。
 
  3)時間帯別の 単位時間あたりの消費電力
 時間帯別の料金になっていますので、月別の単位時間あたりの消費電力の推移を調べてみました。 
 イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 時間帯別に電気代が違いますので12月の1時間あたりの 電力使用量を電気料金に
置き換えてみます。
 
デイタイム)   0.17KWH × @31.43円=5.3円
@ホームタイム)0.65KWH × @21.23円=13.8円
ナイトタイム)  2.03KWH × @9.33円=18.9円
 
4)電気代推移
  また、傾向を分析するため過去4ケ月の推移を表にまとめてみました。 
イメージ 3
 
 
 
 
 また、比較するためにすべて30日ベースに換算したのが下の表です。
イメージ 4
 
 
 
 
5)床暖房に必要な電力量の一条の家での一般解
 
 必要電力量=Q値 × 延べ床面積 × 水温差 ×24H ×30日 ÷ 不凍液比熱(0.85) ÷COP 
 としてQ値 1.0の家があり、一月を30日と前提をおいて 計算しなおしたのが下記の表です。
セゾンなら1.16、ハニカム付きは1.06を、i-cubeなら0.76を掛ければ凡その目安になると思います。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  不凍液の温度上昇という要素で考えると、配管の断面積×配管の長さで不凍液の量が計算できる
のでそういったアプローチもありそうですね。
 
 訪問くださった方は ポチしてくださると嬉しいです。 
 一条工務店ブロガの方の有益な情報(108名!!になってます)にとびます。   \¤\᡼\¸ 4
  
(住まいブログ 一戸建て一条工務店) ←文字をクリックください  

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事