過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

先日3月3日は ひな祭り。
 ひし餅、雛あられ、といったお菓子に加えて料理は、定番の蛤のお吸い物と散らし寿司を
妻が作ってくれました。 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 イクラとマグロ、白いレンコン、菜の花、干瓢、卵焼きと 今年はアナゴの蒲焼を入れて
彩りもあざやかです。毎年 この時期ならではのものなので、結構楽しみにしています。
 ひな祭りの夜は、お雛様のいる和室はふだんの常夜灯ではなく、夜の間中、照明を
つけておきます。
 
 さて、2月分の電気料金の請求(2月3日〜3月2日:28日分)が 中部電力からきました。
平均気温が少しづつ上昇してきていますので 電気料金も減少してるかな。。。
 ■我が家は、一条工務店 セゾンFタイプ 120㎡の家  
  電気代の料金プランは中部電力のオール電化3時間帯別料金 10KVA契約で
  エコキュート370Lタイプを使用しています。
   床暖房の設定は2月後半は おおむね 下記のようにしていました。
    1F リビング   2時〜7時:26℃ 17時〜23時:23℃
       和室・ホール 3時〜7時:23℃ 17時〜3時:22℃
    2F 洋室1・2  3時〜7時:24℃ 17時〜3時:22℃
       寝室・WIC 2時半〜7時:23℃ 19時〜23時:23℃
   この設定で室内は20℃前後になっています。           
 
 また、今月は、アジアの王子さん と あやぱぱさんとレイアウトを揃えてみました。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2月の電気代実績 は
 売電 240kwh 11520円 (発電309kwh ホンダソルテック3.13KWH)
 買電 678kwh  9931円 でした。
  この6ケ月の売電ー買電料金の累計が6ケ月で 20000円ぴったりになりました。
 
■内訳(従量部分)■
 1月   8kwh  247.52円  @29.70円 デイタイム   平日9時から17時
 1月 215kwh 4459.10円  @20.17円 @ホームタイム 
 1月 455kwh 4022.20円  @8.86円  ナイトタイム   11時から翌朝7時
     ※オール電化契約なので 5%引きになっています。
 
  表では リビングタイムで買電した金額を購入金額で計算して11992円としてますが
 実際には 48円で売れる電気を69.4kwhも自己発電分を自家消費したので
  9931円 + 48円×69.4=13262円といえなくもありません。
 平均気温を見ると、1月に比べて約4度も上がってます。
 
 消費電力と平均気温は、気温が下がるほど消費電力が増える逆の相関関係があります。
下のグラフは、2月1日から昨日までの 気温と消費電力のグラフです。
 
 気温を逆相に配置してみましたが、結構きれいに相関していますね。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ここから先は、ちょっと理屈の話です。
ということでここで 休憩。訪問いただいた方は、ポチいただけると嬉しいです。    
 一条工務店の情報を知りたい方はこちら↓ 130名もの方がいろいろな記事を書いていらっしゃいます。   \¤\᡼\¸ 4
  
(住まいブログ 一戸建て一条工務店) ←文字をクリックください
 
 
 ここからは、理屈の話です。
 
 電気代が気温の上昇とともにどのくらい下がっていくのかを 今月はExcel2007を使って計算してみました。アドイン機能で回帰分析できるんです。
 
 床暖房を本格的に使った12月1日から3月4日をサンプル期間として 推定された回帰式は,
 
 電気使用量=42.63kwh+(-2.01×平均気温)
 
 つまり気温が1度あがると、一日あたり2kwhの電気の使用量が減るということになります。
3月の平年値は、9.5℃と今月よりも2℃ほど上昇することが期待できます。
 一日あたり 2℃×2kwhで4kwh 、30日なら120kwhほど減って560kwhくらいになることが期待できます。
 
イメージ 4イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 数ケ月の実績があれば、Excelで理論値が計算できますので、皆様のお宅の電気使用量を計算してみませんか?

■回帰分析のデータの取り方 
 Office2007の場合、左上のofficeボタンをクリックする
  →右下の[Excelのオプション]をクリック→左フレームでアドインを選択
 →管理から Excelアドインの設定を選択→有効なアドインの「分析ツール」をチェック
 →データのタブの右端に「分析:データ分析」が追加されている
 分析ツールから「回帰分析」を選択
  入力Y範囲に 消費電力のデータを選ぶ
  入力X範囲に 気温 のデータを選ぶ
   これで、回帰式が算出できます。

 外気温が3℃くらいから、15℃までは(我が家の場合) この理論値にのってくるようです。
 暖房を使うシーズン、エアコンを使うシーズン、空調がまったく使わないシーズンでまた違うことと思いますので
シーズンごとに再計算してみたいと思います。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事