ここから本文です
光栄丸日記
山口県柳井市大畠 オートバイ、小型船舶、自転車、機械の修理屋さん始めました

書庫XE50

ホンダXE50の修理記録です。
記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

XE50 腰上組み立

      XE50の記事を書こうと思いながら、のびのびになっていたので・・・
 
      前回は、腰上OHしまして
      不調の原因を見つけましたが
 
      依頼者との話で、料金の追加が難しいとの事で、一部断念をせざるを得なかったのが
 
イメージ 1
 
      シリンダーの腐食の処理であった
 
      ボーリングないし、シリンダー交換するほうがよいと打診したのだが
      料金的に難しいので、次回に持ち越しとなった
 
 
 
      今回は、もう一点の問題個所
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
      バルブシートの腐食と欠けは
      シートカットで処理しました
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
         バルブシートカット後
         バルブ摺り合わせも行っています
 
 
 
 
イメージ 12
 
 ステムシールも差し込んで
バルブを組みつけておきます
 
 
 
 
 
      シリンダーの問題がクリアになれば良かったのだが・・・
      今回は仕方ないです
      腰上、このまま組み立てます
 
 
イメージ 11
 
イメージ 10
 
       ピストンを綺麗にして
       コンロッドに組付けます
 
       クランクケース、シリンダー合わせ面も綺麗にしてます
       シリンダー、シリンダーヘッドも掃除して綺麗にしてます
 
       ガスケットを入れて
       シリンダー、シリンダーヘッド組んでいきます
 
 
 
イメージ 13
 
         ヘッドまで組み上げました
         
         カムシャフトのメタル部分のキズの有無を確認して
 
 
 
 
         
イメージ 2
 
イメージ 4
 
カムシャフトも
カムシャフトホルダーも確認して
 
 
 
 
イメージ 3
       組付けます
 
       この時に、フライホイールトップマークとカムスプロケットマーク
       カムとロッカーアームの関係を確認しました
 
 
 
 
イメージ 5
 
         ここまで来れば
         後は、バルブ隙間調整をして
         オイル通路にオイルを通して
         オイル溜まりに オイルを溜めてと
 
         シリンダーヘッドカバーをかぶせて
         エンジン組み立て終了です
 
 
 
         エンジンを車体に載せ
         エンジン始動OK
         慣らし運転では、問題は無かったです
 
 
 
 
         今は、依頼者の友人が乗っているみたいですが
         低速から中速は 問題ないらしいのですが
         スピードが出ると、バックファイヤーを起すみたいです
         以前からある問題です
 
         やはり、シリンダーの問題をクリアしないとダメかな〜
 

開くトラックバック(0)

XE50 腰上オーバーホール 2の続きです。
 
前回で腰上をばらしました。
その時に、明らかになったことです。
 
圧縮が4〜5と 標準の半分しかなかったエンジンでした。
エンジンをばらした事で、ハッキリしました。
 
 
 
イメージ 1
 
吸気側バルブシート面
 
吸気側バルブシートに、巣が入っています
 
 
 
 
イメージ 2
 
排気側バルブシート面
 
チョット解り難いかと思いますが、排気側バルブシートに腐食があります。
内側に向かって 掛け落ちています
 
 
 
 
それと。。。。。   シリンダーも・・・、
 
 
イメージ 3
 
横に層になっているのがわかりますか?
 
 
 
 
イメージ 4
 
う〜む、シリンダー内部も腐食しています
 
   
 
 
 
       ピストンは????
 
イメージ 5
 
大丈夫そうです
 
 
 
長期放置で、シリンダー内部の腐食が進んでいたのでしょうね。
     これは、かなり前から症状が進んでいたとしか考えられません。
 
    こりゃ、大変です。
        所有者に相談です。
 

開くトラックバック(0)

XE50 腰上オーバーホールの続きです。前回は、カムシャフトの取り外しまででした。
ホンダの縦型エンジンは、カムホルダーを外せば シリンダーヘッド、シリンダーと順次バラシていけます。
 
 
イメージ 1
 
シリンダーヘッド 燃焼室側
 
 
イメージ 2
 
カーボンの堆積が著しいです
 
シリンダーヘッドを取り外してみました。
燃焼室は、長年使用によりカーボンの堆積が見られます。仕方ないことですね。
 
 
 
 
イメージ 3
 
シリンダーとピストンヘッド
 
シリンダーのオイル連絡通路穴からオイルが出てしまいました(当たり前ですが…)
ピストンヘッドのカーボンの汚れは仕方ないですが、冷却フィン周りの汚れは泥や粉塵などの堆積物です
 
 
 
イメージ 4
 
カムチェーンとカムチェーンテンショナー
 
 
イメージ 5
 
テンショナーアジャストボルト
 
シリンダーを引き上げる前に、テンショナーアジャストボルトとカムチェーンテンショナースプリングを取り外しましょう。ここ気を付けないと、シンダーが上がりません。無理しないようにしてください。カムチェーンテンショナーを傷めます
 
 
イメージ 6
 
腰上ばらし
 
シリンダー取り外しました。クランクケース内は良さそうです。
 
 
 
イメージ 7
 
吸気側(IN)バルブ
 
 
イメージ 8
 
排気側(EX)バルブ
 
バルブを見る限り、アタリ面は傷も無く良さそうです。カーボンの堆積も思ったほど付いていませんでした。
 
 
でも、問題が・・・  お話は次回にします。
 

開くトラックバック(0)

前回、外装の問題点を すべて修理したのですが、試走してみると 何故だか今一つ?   ミスファイヤーも起してしまいます(入庫前からの症状)
圧縮を見てみると、標準の半分しかありません
 
XEの所有者の方に、「外装の修理だけでは直らない」と告げて、腰上のオーバーホールとなりました。
 
 
 
イメージ 1
 
段々と裸になっていきます
 
まずは エンジンの取り外しです。
シート、タンク、キャブレター、マフラー、ステップバー、取り付けステー、サイドカバーチェーン、電装を取り外しました。
 
 
 
 
イメージ 2
 
エンジン外しました。
エンジンを取り去ると、華奢な車体ですね シンプルです。
 
 
 
 
イメージ 10
 
ヘッドカバー取り外し
 
 
イメージ 12
 
フライホイール トップ位置合わせ
 
 
イメージ 11
 
まずはヘッドカバー取り外します。カムチェーン、ロッカーアームが見えています。
ここでフライホイールをトップ位置に合わせます。
ロッカーアームを上下してみて、タペットアジャスターとバルブヘッドに隙が有る事を確認します。カムシャフトが上から見えますので、カムの位置も確認しましょう(カムがロッカーアームを突いていないことを確認します)
 
 
 
 
イメージ 13
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カムチェーンテンショナーのテンショナーアジャスティングボルトを外します。
テンショナーアジャスティングボルトの O点を確認しておきましょう。
 
 
 
 
イメージ 4
 
テンショナーの張りを取り除く為に、テンショナーアジャスティングボルトを抜きます。
張りが無くなった事、テンショナーとカムチェーンの不具合も確認します。
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
カムスプロケット 位置確認
 
 
イメージ 6
 
カムスプロケット取り外し
  
テンショナーの張りが無くなったことが確認できたら、カムスプロケットの取り外しです。上の写真のように、カムスプロケットの位置を確認します。スプロケットを取り付けてあるボルトを取り外します。その時にチェーンが落ちないように、針金をチェーンに引っ掛けておきましょう。
下の写真が、取り外した後のものです。
 
カムスプロケットが外れたら、カムシャフトホルダーの取り外しをします。
 
 
 
 
イメージ 8
 
カムシャフトホルダー
 
取り外したカムシャフトホルダーです。
裏面を写しています、カムのメタル部分と ロッカーアームのカム接触部が確認できます。焼きつきはありません。
 
 
 
 
イメージ 7
 
カムシャフト
 
カムシャフトホルダーを取り除いた後のヘッド周りです。カムシャフトが確認できます。焼きつきはありません、綺麗です。
 
 
 
イメージ 9
 
カムシャフトを取り除いた後のメタル部です。ここも焼き付きは無かったです。
ヘッド部のカム周りは良好でした。
 
 
本日はこのへんで、続きは次回で
 

XE50の記事です。
 
以前、電装系確認の記事の中で以下の不具合を指摘していましたが、1は電装系の確認で修理した所直ったのですが、2以下は原因判明までに随分と悩みました。
 
1、ヘッドライト、メーター球、テールライトは点灯するが、
    ウインカー、ブレーキストップライト、ニュートラルランプが点灯しない
2、エンジンはかかるが、中間から高速の伸びが無く 失速する
3、坂を上らない
4、プラグの焼けにムラがある
 
 
前号でポイントの修理をしましたし、電装系は問題ありません。
毎日、毎日走ってはプラグの確認、キャブのジェットが悪いかと思って変更したり、エアークリーナーをいじってみたり まったく変わりません?
クランクの中のドライブギヤが悪いのかと思っていました。
電装系を修理して2週間経った所で、もう一度パーツリストのチェックをしていると…、
 
XE50のスプロケットに注目してみました、フロント13丁リア44丁です。
今までそんな所に気に留める事などしてこなかったのですが…
まてまて、再確認
 
 
と、チェックしてみると 腰が抜けていくような感じでした
フロント16丁リア36丁です。
もうありえません。高速に振るにしても限度がありますが、何を感がえているのやら
今の持ち主は変更していませんから、その前の持ち主の仕業です。
 
リアスプロケット36丁は、XE75の歯数です。もしかしたらホイールごと変えているのかもしれません。
フロントは、チェーンのリンク数とリアの36丁に合わせて、16丁に換えたのかもしれません。
でも、このままでは走りませんトントンぶぶっ      プスプス
 
 
スプロケットとチェーンを注文です。
イメージ 1
 
左 リアスプロケット36丁(現行で付いていた物)
右 リアスプロケット44丁(新品)
 
 
イメージ 2
 
新品に交換したリアスプロケット
 
 
イメージ 3
 
現行で付いていたフロントスプロケット16丁
 
 
イメージ 4
 
新品のフロントスプロケット14丁(純正は13丁だが 少し高速に振ってみた)
 
 
イメージ 5
 
新品のスプロケットとチェーン
 
 
さあ、試乗です。
おお〜〜〜〜直っています、
坂を上ります、中間から高速の失速も有りません
 
 
にこやかにドライブしていると、パン、パン・・・
やや〜〜 以前からあった、ミスファイヤーが突然。
少しトルク感が無いなーと感じていたんですが
なぜかな〜、圧縮を調べると、高温時で5〜6  低温で4〜5しかありません。
標準は、9,5です。
 
これは。。。。。。。エンジン内部

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事