ここから本文です
光栄丸日記
山口県柳井市大畠 オートバイ、小型船舶、自転車、機械の修理屋さん始めました

書庫メンテナンスショップ 光栄丸

メンテナンスショップ 光栄丸で取り扱った、ホンダの新車の紹介をしていきます。
記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


  最近、続いたので気になって書いてみました


  先日、「パンクしているから修理してほしい」と依頼がありました

  「1年近く、パンクしたまま放っていたんだけど…、直してよ」

  「家の近くを走るだけで、気付いたらなっていたんだよね」


イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3


   パンクというより、バルブが千切れて破損しています


   バイクの年式は古いのですが、走行距離は1600K足らず

     ほとんど走られていません

       本当に、近所の足見たいの様です










  そして本日、こちらも

  「しばらく乗ってなくて、乗ろうと思っていたらパンクしてたのよ」

  「息子に買ってもらったんだけど、取り回しが重たくてね…」


    しばらく倉庫の中で眠っていたみたいです



イメージ 4



イメージ 5


    新型のカブです、走行は158kなんですが・・・






イメージ 6


こちらもバルブが千切れて破損していました 









   こうなれば、もちろんチューブ交換ですが、 必ず原因があります


   お二人の共通するところは、

   ① 近所の足代わり

   ② 使用頻度が少ないこと

   ③ 走行中、走りの変化に気づかなかったこと

   ④ 点検不足だったこと







   結果から言えば、タイヤチューブの空気圧点検不足です



   チューブの空気圧が不足することにより

     タイヤとチューブとの間にすき間ができます

   それを知らずに バイクを走らせたことで、タイヤは空転

     チューブは バルブがあることで固定されていますので

   タイヤとチューブの摩擦により、バルブ取付け部分に引張力がかかり

     バルブ破損に至った訳です








   しばらく乗っておられない方

   近所のみを走行する方

   点検を怠っている方


    いつもと走りが違うな?  リア周りがフワフワしてるな?

      と感じたら、空気圧の点検をしてください

        空気を入れてくださいね 






    思わぬ出費になります

      そして怪我にもつながります

    ちょっとした気遣いで 楽しいバイクライフができます

        ご安全に!!  トラブルありませんように 





開くトラックバック(0)

海上では



   先日、潜水作業のお手伝いしてきました



イメージ 1


台船から、 海底ケーブル 入水中






イメージ 2


海底ケーブル 入水終了






イメージ 3


海底ケーブル 引き込み中



海底ケーブルの埋設作業のお手伝いをしてきました 




開くトラックバック(0)

YBR125 販売



  自分の愛車だった YBR125をお譲りしました 


イメージ 1


長いこと相棒として頑張ってきてくれたことに感謝しつつ

最後のメンテナンスをしてやりました 







イメージ 2


リア周りの清掃と リアタイヤの交換しました






イメージ 3


フロントスプロケット交換と

リアスプロケット & チェーン清掃と調整







イメージ 4


フロントディスクブレーキの フルード交換






イメージ 5


ステップラバー交換

クラッチワイヤー交換




オイル交換

バッテリー充電

洗車、ワックスがけ等を行いました 





日頃からメンテナンスをしていますので

エンジンの調子も良く

125ccとしては、本当に扱いやすいバイクでした




これまで、ノントラブルだったので安心していただけると思います

これからも、通勤の足として使ってやってください 



ありがとうございました 





開くトラックバック(0)



   キックスケータの修理依頼がありました


イメージ 1



イメージ 2


     タイヤを取り外してみると

       ベアリングが バラバラになって壊れていました…







イメージ 3


ベアリング交換しました 







イメージ 4


    タイヤも スムーズに回転して

      試乗してみても 問題なかったです 


    可愛いお子さんのために、お役にたてて良かったです 
    




開くトラックバック(0)

長府ボイラー IB-382SRG


  家のシャワーのお湯の出が悪いので

   灯油給湯器(ボイラー)のチェックをしてみた


イメージ 1


長府ボイラー IB-382SRG

もう、かなり古いボイラーです



3、4年前に、水漏れがあったため

安全弁と減圧弁を替えてます





イメージ 2


   3,4日前に 水道蛇口本体を分解してますので

    今回は先ず、減圧弁を外して フィルターのチェックをします

     フィルターの中に、サビの欠片が有った為

      水流入配管側のチェックをしました






イメージ 3


   目くらプラグを取り外してみると

    錆びて腐っているではないですか(赤の矢印の部分)

     経年劣化ですね!!   これは交換です



   この先も、チェックしたいところですが

    保温材、配管を外すのは大変なので、今回はプラグ交換だけとしました





イメージ 4


   でも、配管の掃除はしておきました

    思い切り汚い 汚水が出て来ました

     配管に サビがとどまっていたのですね



   綺麗にして、プラグを交換して、減圧弁を普及したところで

    ボイラーを起動して

     シャワーの出を見たところ

      以前より 良くなっていました 



   これで気持ち良い 熱いシャワーが浴びられます 




     

開くトラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事