三島勤労者山岳会(三島労山) 活動報告

ハイキング・クライミング・沢登り・藪こぎなど山屋の活動報告集です。会の詳細は「三島勤労者山岳会」のHPをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

2018年8月4日(土) 仙丈ケ岳

先日、鳳凰三山に行ったとき、会の仲間が日帰りで甲斐駒ケ岳に登っていることを知りました。
それに触発されて・・・・仙丈ケ岳に行ってみよう!と思い立ちました。
北沢峠でテン泊して、仙丈ケ岳と甲斐駒ケ岳に登るのも考えましたが、きっとテン場は混むだろうな・・・という気持ちと、甲斐駒ケ岳は冬に黒戸尾根から登って途中で撤退したリベンジを果たしたい!という気持ちがあるため、あえて日帰りで仙丈ケ岳にしました。
前日の夜9時過ぎ、奈良田の駐車場に到着し車中泊です。
駐車場は意外に空いていました。
翌朝、5時前にバス乗り場に行列ができはじめ、5時20分、3台のバスで広河原に向けて出発です。
南アルプス林道は、あちこちで工事中・・・・。リニア関係の工事のようでした。
広河原で北沢峠行のバスに乗り換え、すぐに出発しました。
6時55分、北沢峠に到着。バスを降りるとひんやりと空気が冷たく感じます。
毎日の猛暑ですが・・・ここは涼しいみたい。
こもれび山荘(長衛荘)がお洒落な感じだったので、下山して帰る前に冷たい物でも飲んで休憩しようと思いました。
さて、ここからまず大平山荘へ向けて歩いて行きます。
イメージ 1
10分程度で大平山荘に到着。
ここから藪沢重幸新道を登っていきます。
しばらく樹林帯の中を歩いて行きますが、途中南アルプスの天然水に癒されました。
イメージ 2
7時30分、鋸岳展望台の標識が現れたので振り返ると、鋸岳が大迫力で見えました。
イメージ 3
いつか、甲斐駒から鋸岳を縦走してみたいなぁ・・・と思います。

少し急登となりますが、我慢して登っていくと沢に出ました。
ここからは沢に沿って登っていきます。
沢の脇の清水で、家から持ってきた生ぬるいハイドレーションの水を冷たい水に入れ替えて、気持ちを新たにしました。まだまだ頑張れそうな気がします。
すでに大汗をかいているため、沢の水でクールダウンもしています。
ついつい休憩が多くなってしまいました。
イメージ 4
9時、大滝の頭分岐に到着しました。
沢で癒されながら登ったので、あっという間でした。
ここから沢を離れて、馬の背ヒュッテに向かいます。
イメージ 5
9時10分、大滝の頭から僅か10分ほどで馬の背ヒュッテに到着しました。
とても清潔感のある綺麗な山小屋です。
ベンチでパンとおにぎりを食べ、エネルギーを充填します。
見上げると、仙丈ケ岳のカールと小屋も小さく見えました。
9時25分、休憩を済ませて山頂に向けて出発です。
ここから山頂まではコースタイムで1時間30分。11時30分には到着できるかな・・・・。
出発し馬の背へ向けて登っていると、後ろから若い男女が追い付いてきました。
ついつい、これはいいペースメーカーだと思い、頑張ってついて行きます。
9時40分、視界が開けてカールが目に入りました!
イメージ 6
思わず「オーー」と声が出てしまいます。
仙丈小屋までもう少しですが・・・・ペースメーカーが早すぎて、途中でペースダウンとなってしまいました(笑)
気合いを入れながら登っていると、すれ違った男性に「すごい汗ですねぇ〜、頑張っていけば水がジャブジャブ出てますよ!!」と言われる始末(笑)
馬の背ヒュッテで「仙丈小屋は水が枯れてます」と案内されていたので、嬉しいやら恥ずかしいやら・・・。
仙丈小屋の手前で、確かに水が沢山出ていました。
最後のひと踏ん張りも、この水で助けられた感じです。
イメージ 7
10時ちょうど、仙丈小屋に到着。
目の前には山頂とカール、振り返ると甲斐駒とその向こうに鳳凰三山。素晴らしい景色です!
ここでも、エネルギーを補給して小屋の中を見学、そしてバッチを購入。(笑)
イメージ 8
カールの袖を山頂に向けて登っていきます。
青い空、ハイマツの緑、白い岩と石が見事なコントラストです。
イメージ 9
どこも絶景で、写真を撮ってばかり。なかなか前に進みません(笑)
イメージ 10
仙丈小屋の向こうに甲斐駒ケ岳と鋸岳が見えます。
10時35分、もうすぐ山頂です。
イメージ 11
大勢の人が見え始めました。
イメージ 12
10時40分、仙丈ケ岳に登頂です。
山頂は大勢の人が休んでおり、足の踏み場もない状態・・・・。
少しだけ山頂を満喫し、先へ進むことにします。
イメージ 13
この先は、カールの上部をぐるっと巻いて行く感じです。
イメージ 14
どの景色も絶景で、本当に楽しくなってしまいます。
イメージ 15
木曽駒も涸沢もカールはどこも綺麗ですね。
仙丈ケ岳はいくつものカールがあり、学術的にも貴重らしいです。
カールを横目に歩いていると、ハイマツの中で何やらゴソゴソ動いているのに気が付きました。
イメージ 16
雷鳥の親子です。
お母さんと、子ども2羽でした。
久しぶりの雷鳥さん。自分は目が悪くて登山中はメガネをしないため、細かい物がよく見えないのですが、こんな自分が雷鳥を発見するのは奇跡です!
イメージ 17
独り占めは勿体ないと思い、すれ違った若い女性に教えてあげました。
皆さん、小さい声でキャーキャーと喜んでいます。
子どもの雷鳥が可愛かったです〜!
イメージ 18
天気がいい日に雷鳥に会えるとは・・・・みなさん立ち止まって観察会となりました。
イメージ 19
大仙丈カールを過ぎると、反対側に小仙丈カールが現れました。
こちらからは北岳と間ノ岳も見えます!
イメージ 20
今日は曇って見えませんが、これで富士山が見えれば1・2・3の贅沢な景色です。
北岳から間ノ岳・・・歩きたい・・・・。
そして振り返ると、甲斐駒と鳳凰三山。
イメージ 21
もう最高です!なんなんだこの絶景は!
カメラでズームをすると地蔵岳のオベリスクも見えました!
小仙丈ケ岳の手前、振り返るとこちらも絶景です。

イメージ 22
11時30分、小仙丈ケ岳に到着し、ここで休憩をしました。
イメージ 23
北岳&間ノ岳、甲斐駒&鳳凰三山、そして仙丈ケ岳・・・どこを見ても嬉しくなります。
十分休憩をし、名残惜しいですが下山となりました。
樹林帯に入り、八合目、六合目・・・・三合目と標識を見ながら下山しましたが、こちらから登るより、沢沿いを登る「藪沢重幸新道」のほうが登りやすいのではないかなと思いました。
13時10分、北沢峠に帰ってきました。
さて、冷たい物でも・・・・と思いましたが、バスのチケットを買うとすでに行列でした。
そして並ぶと同時にバスがやってきて、最後の一人で乗れてしまったのです(笑)
広河原で乗り換えて、15時ちょうど奈良田の駐車場に到着しました。
帰りに、西山温泉「湯島の湯」で汗を流しました。
仙丈ケ岳、思いのほかいい山でした!
秋の紅葉、そして冬もいいなぁと思いました。

★山行形態★  個人山行
★山域★  南アルプス 仙丈ケ岳
★山行日★  2018年8月4日(土)
★天気★  晴
★メンバー★  343
★コースタイム★ 
北沢峠7:00→大平山荘7:15→大滝の頭分岐9:00→馬の背ヒュッテ9:15→仙丈小屋10:00→仙丈ケ岳山頂10:40→小仙丈ケ岳11:30→大滝の頭12:15→北沢峠13:10

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事