三島勤労者山岳会(三島労山) 活動報告

ハイキング・クライミング・沢登り・藪こぎなど山屋の活動報告集です。会の詳細は「三島勤労者山岳会」のHPをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

この時期、数年ぶりに五合目当たりまで白くなった富士山(吉田口)で教育山行の一環として雪上訓練を行いました。今年は当労山だけでなく、沼津労山、駿東山の会、あさぎり山の会会員の方の参加もあり皆さんの安全登山への意識の高さがうかがわれました。

イメージ 1
但し、皆さんと待ち合わせの「馬返し」へ向かう途中、雨が降り始めました。天気予報では夕方から雨の予報でしたので、とりあえず支度をしていると向こうからお巡りさん、登山届の提出を求められましたが、この日誰も用意しておらず、仕方なくお巡りさんが一人一人に名前と生年月日を聞いて回る始末(本当に申し訳御座いませんでした)小雨降る中出発。

イメージ 2
出発して直ぐに地名の由来の案内が詳細に記されています。

イメージ 3
良く整えられた登山道を登り一合目

イメージ 4
汗と雨でびっしょり!二合目

イメージ 5
三合目。この辺りから雪、見上げれば空は明るくなってきた。

イメージ 6
四合目。青空が見え始めた。

イメージ 7
五合目。夏のシーズンには開けるのかな?

イメージ 8
11時半、佐藤小屋到着。軽く食事を済ませ訓練準備。小屋から右手に傾斜の良さそうな所を見つけ、まずは歩行訓練開始。下⇒上、上⇒左、左⇒右下、右下⇒左下、左下⇒右上とマスの形の様に練習。各会の皆が揃うまでに滑落停止訓練を各自行う。

イメージ 9
皆が揃った所で改め滑落防止の基本姿勢と実践。

イメージ 10
下りで滑った時の滑落停止方法の実践

イメージ 11
う〜ん!体が伸びきってしまってうまく止めれませんでしたね〜。

イメージ 12
続いて「耐風姿勢」(奥の二人)。この後実際に強風に襲われ実戦で発揮出来ました。

イメージ 13
次は、グローブをしたまま、安環カラビナの取り扱い(スムースに出来る様に!)

イメージ 14
スノーバーを使った支点の取り方(1)

イメージ 15
スノーバーを使った支点の取り方(2)

イメージ 16
自然の物を使った支点の取り方

ムンターヒッチを使ってクライマーの滑落を安全に止める訓練。
*但しこの後まさかな事が起きました‼

イメージ 17
今日の訓練最後はあらかじめ埋めておいたビーコンを皆で探す方法。
重要なのは2-3m程近づいたらクロス十字法を使って絞り込む事。
以前何度となく教えて頂いで来たのですが、しっかりやり方を忘れていました。

イメージ 18
最後参加者全員で記念写真(レンズに水滴がかかってた様でごめんなさい)

今回の雪上訓練に参加して冬だけでなく登山に最適な季節の前には季節に応じた訓練を体験、経験する事によって躰で覚え、いざという時に役立つよう必要な事と感じました。
駐車場へ戻る頃には、あたり暗くなりヘッデン頼りの下山でしたが、皆さん怪我も無く無事戻りました、本当にお疲れさまでした。この先、冬山へ入られる方、どうぞご安全に。

☆山行形態☆ 雪上訓練
☆山域☆ 富士山吉田口
☆山行日☆ 2018年12月23日
☆天候☆ 雨のち晴れのち雪のち曇り
☆メンバー☆ 337、108、419、418、376、364、沼津労山2名、駿東山の会2名、あさぎり山の   
会3名以上。
☆ルート☆ 8:40馬返し−11:30佐藤小屋−11:45〜15:40訓練−17:00馬返し

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事