三島勤労者山岳会(三島労山) 活動報告

ハイキング・クライミング・沢登り・藪こぎなど山屋の活動報告集です。会の詳細は「三島勤労者山岳会」のHPをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

2018年12月24日 千葉山

山のお店で見つけた千葉山のコースマップ。初めてのコース、地形図を取り出すと尾根伝いの登山道、今まで尾川丁仏参道登山口から3回、置かれた丁仏に手を合わせ、お賽銭貧乏になってしまうなどと言いながら登ったことを思い出す。しかしWEBで調べるとほとんどがコースの途中で出合う「伊太和里の湯」コースを紹介している。
地形図に従い赤松地蔵尊の駐車場から出発。
イメージ 1
道を挟んで登山道入口、いきなり階段の急登が続きます。しばらくすると大井川が下に、川面が明るく爽やかな流れに気持ちが和みます。少し緩くなりまた急登が始まり、送電線の保線のための階段でしょうか?階段はここから
イメージ 2
柏原まで続き意外と登りやすいです。30数分で柏原に到着です。大井川を挟んで牧之原方面の台地でしょうか?海側から上流に向けて広々と繋がっています。
イメージ 3

イメージ 4
三角点があるここ柏原はとても気持ちの良い所で、ひとり下から手ぶらで上がってきて遠くを眺めています。地元の人には憩いの場所かもしれません。
一休みして向かいますが下りが始まります。足元がゴロゴロしたところで右手前方に富士山が見えます。
イメージ 5
晴天続きで少し霞んでいますが、雪を被った富士山はさすがに気持ちが高ぶりカメラにしっかり収めます。さらに下り帰りの登り返しが・・・(>_<)。全体では小さなアップダウンを繰り返しゆるく登っていきます。
イメージ 6

イメージ 7
伊太への分岐を過ぎ、鉄塔のある小山を過ぎるとドウダン原が近くなってきました。地形図を見てあと600m位と思っていたが、どうやら一つ手前の鉄塔だったようでした。伊太和里の湯からの分岐に出合うとドウダン原の入口、
イメージ 8
ここから伊太丁仏参道が下から続きます。
イメージ 9
ドウダン原の椅子で一休みです。
斜面いっぱいにドウダンツツジが植栽したものも含め1000本くらいあるそうです。
イメージ 10
4月から5月にかけて白い可憐な花が咲き続き、11月中旬には紅葉が、その季節は人で溢れるそうです。WEBで検索するとこのコースが多いのも納得、伊太和里の湯から千葉山を目指す人も多く下山後のお風呂も楽しむようです。
イメージ 11

イメージ 12
奥に一つだけきれいな紅葉が残っていて、これが一面に色付いているのを想像したら、いつかまた来たいと思いました。
さらに道が続きペンションドウダンまで20分で到着、広場の前にスイセンが咲き、開放感のある眺めは最高です。
イメージ 13
ここまでスタートの貯金も使い果たし15分オーバー、先を急ぎます。足元のカタバミを見ながら車道に出て向かいの登山道へ、
イメージ 14

イメージ 15
千葉山への標識が立っています。2回目の急登が山頂まで続きます。アザミも見つけます。
イメージ 16

イメージ 17
十字の分岐を過ぎ、
イメージ 18
倒木が目立つ頃に道は緩やかに、十本杉のある所に出ました。
山頂はたくさんの倒木に隠れ、くぐりながら一段上に上がります。山頂で一枚、居合わせた方はここを管理整備している方で、今年の台風24号がもたらした現状や智満寺の歴史について詳しく教えてくれました。
イメージ 19
幹が割れた常胤杉は空洞があり、この木は千葉常胤という人の名に由来するようです。
イメージ 20
雷杉、大杉は一段と大きいです。
イメージ 21

イメージ 22
倒木で通行不能になった道に変わって新たな道を智満寺に向かって下っていきます。本来の道の合流点では小さな祠の屋根が倒木によって圧し潰されていたが、中の石仏は難を逃れて手前に立ち、ご利益がありそうです。本堂の手前の薬師さんは建物を修復しています。茅葺の本堂に到着です。
イメージ 23
ここで一息入れ残りの行動食を食べます。冬至から二日目、13時前なのに日の傾きが早く感じます。いよいよ登山口に向かい、右手の伊太丁仏への案内に従って進みます。
イメージ 24
5分程で左へ下り、車道に出てしばらく歩きます。この車道は伊太丁仏参道のようで、石仏が間をおいて置かれ、ここでも手を合わせます。伊太の分岐から始まった石仏は毘沙門天さんのような厳しい表情が多かったですが、こちらは表情が優しくなっているように見えます。智満寺から20分、ペンションドウダンに着き横手の登山道に入っていきます。ドウダン原までは歩きやすい道、ひたすら下っていきます。
ドウダン原でトイレ休憩、まだ上がってくる人たちがいます。
イメージ 25
少しの休みで先に進みます。見覚えのあるアップダウン、イノシシ狩りをしている人が猟銃を携えて登山道に立っていました。祝日なのにビックリ、確かに登山道のいたる所にイノシシの足跡や掘り返したところが沢山ありましたが鉄砲も少し不安になります。来年の干支も大変です。最後の2段になった登り返しを頑張って柏原に到着、ここまで来るとひと安心です。
イメージ 26
木々の上には文句のつけようのない青空、風もなく朝は日が当たらなかったベンチも陽が降り注ぎ最後の休みを入れます。あとは急な下りを慎重に、足元を確かめながら進みます。大井川が見え、新東名が見えると登山口はすぐそこです。
イメージ 27
赤松地蔵尊に今日の無事にお礼を言って楽しかった一日に感謝。ありがとうございました。
テーマ 親睦山行
山域   千葉山
山行日  20181224日 快晴
参加者 CL148 392 ほか1
コースタイム
赤松地蔵尊駐車場840913柏原9201040ドウダン原11051125ペンションドウダン11281200奥の院(千葉山)12151235智満寺1300〜ペンションドウダン13201340ドウダン原13501500柏原1505〜赤松地蔵尊1525


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事