三島勤労者山岳会(三島労山) 活動報告

ハイキング・クライミング・沢登り・藪こぎなど山屋の活動報告集です。会の詳細は「三島勤労者山岳会」のHPをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

2019年最初の山、西穂高岳に行って来ました⁇。1月2日お昼12:00頃新穂高登山者駐車場着。身支度を整えロープウェイ乗り場に移動。
イメージ 1
12:45発のロープウェイ乗り場へ。料金は往復2900円(但し、JAF会員書提示で300円割引)これプラス荷物代(6㌔以上)300円は別途かかりますよ。途中乗り換え有、15分程で西穂高口駅着。

イメージ 2
今日は西穂山荘まで移動のみ。雪は柔らかくフカフカ、ならばとツボ足でぼちぼち歩き始める。

イメージ 3
西穂山荘まではかなり多くの人が入っている為か、ハッキリしたトレースが付いています。
登山道の最初は軽いアップダウンを繰り返しですが、山荘に近づくにつれ勾配もきつくなり途中息を整えながらの登りでした。

イメージ 4
西穂山荘には約1時間ほどで着きました。名物の雪だるまと記念の写真(同行のHさん曰く、今年の雪だるまはかなりスマートで、いつもならもっとデップリしているとの事、雪少ないのでしょか?)

イメージ 5
さて、山荘に着くなりビールで乾杯‼ 飲み干してから宿泊の手続きを済ませ部屋へ案内してもらう。直ぐに着替えを済ませ、夕飯までの飲み会第二弾開始。窓越しの空には少しだけ日が出てきた。
17:30夕飯。夕飯を済ませて飲み会第三弾、今度は兵庫から来た方から地元の酒をふるまわれ大いに盛り上がった。
イメージ 6
3日 7:30頃出発。風はそこそこ吹いている。ここでハプニング、取り出したゴーグルのスポンジ部分が全て剥がれ、全然使い物にならない。登るに連れ風が強くなる、壊れたゴーグルを着けるが自分の息で直ぐにくもり、それが凍り足元が全く見えない。西穂丸山を過ぎ独標までは勾配がかなりきつくなり、風も強くなり途中からゴーグルを外した顔に突き刺さってきます。でも、どうにか独標に立てました。
イメージ 7
独標から先へ進むのは私たち二人のみ。ここから先は岩と雪のミックス。あまりの緊張で写真を撮る余裕がありません。とにかく、3点支持を確実に守り、一歩一歩進みます。
9:45 ピラミッドピーク着。強風と視界不良(ゴーグルも壊れた)で、ここで断念‼あと7峰もある〜。
次回リベンジを誓い山荘に戻る事に。
11:30山荘に戻り、名物の「西穂ラーメン」で暖まり、下山しました。

反省:道具は山行前に全てチェックしてきましょう!

☆山行形態☆ 雪山を楽しむ
☆山域☆ 西穂高岳
☆山行日☆ 2019年1月2〜3日
☆天候☆ 2日:曇り、3日曇りのち雪
☆メンバー☆ 376、364(記録)
☆ルート☆ 2日:新穂高登山者駐車場−西穂山荘
        3日:西穂山荘−西穂丸山−西穂独標−9:45ピラミッドピーク(敗退)−11:30西穂山荘

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事