三島勤労者山岳会(三島労山) 活動報告

ハイキング・クライミング・沢登り・藪こぎなど山屋の活動報告集です。会の詳細は「三島勤労者山岳会」のHPをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]


先週に引き続き、アイスクライミングを楽しんできました。今回の行き先は以前から行きたいと思っていた醤油樽の滝。北八ヶ岳・天狗岳に端を発する鳴岩川上流の河原木場沢にあります。硫黄岳登山口のひとつ、桜平の駐車場(下)と(中)の間にある、「醤油樽の滝入り口」の看板のところから入り、遊歩道を進みます。一ノ滝のところからアックスを取り出して、滝を登りました。傾斜は緩やかです。その先も氷瀑があり、写真を撮りながら進みます。二ノ滝の先はゴルジュ地形になっていて、右手に踏み跡があったので登ってみると途中でなくなっていて、ウロウロしていたら、左手に高巻く道を発見。その先のアルミ階段の向こうに醤油樽の滝が見えました。
先客は二人組の1パーティーのみ。支度をし、休憩の後、左側をYさんがリード。トップロープを張ってもらいました。醤油樽の滝は35mあるので、60mシングルロープ、1本では長さが足りないので、2本のロープを結んで、結び目を通過する必要があります。先の二人組は滝の右側を登るというので、ロープがお二人の邪魔にならないようにしてもらい、私も挑戦。無事上部に無事到着しました。ロアーダウンすると、滝に太陽の光が差し込んで輝いてきました。その後は、Yさんが終了点を回収してくれた後、昼食をとって、下山しました。行きには滝を登って行きましたが、下山時は遊歩道を進みました。氷瀑のトラバースのところが1ヶ所あり、ここの通過が怖かったです。一の滝も、木の階段を下りました。しばらくすると滝の入り口に到着。そこからほどなく駐車スペースに着きました。

イメージ 1
醤油樽の滝入口

イメージ 2
一の滝 左側に木の階段があります

イメージ 3
一の滝支流の滝 短いですが垂直です。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
ゴルジュ。ここは巻きました。

イメージ 7
アルミ階段を下りると醤油樽の滝

イメージ 8
醤油樽の滝。下から覗いたところ

イメージ 9
リードしているYさん

イメージ 10
登っているA

イメージ 11
滝の上部はこんな感じです

イメージ 12
滝の上から見下ろしてみました

イメージ 13
陽の光が当たってきました

イメージ 14
懸垂で下りるYさん

イメージ 15
下山途中にパシャリ

イメージ 16
トラバースが怖かった。

イメージ 17
木漏れ日

今シーズン最後であろう、アイスクライミングはとても楽しかったです。Yさん、お疲れ様でした。

  ☆山域☆       北八ヶ岳 河原木場沢 醤油樽の滝 アイスクライミング
  ☆山行日☆         2019年2月17日(日)
  ☆天気☆      晴れ
  ☆メンバー☆   324、352(記)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事