三島勤労者山岳会(三島労山) 活動報告

ハイキング・クライミング・沢登り・藪こぎなど山屋の活動報告集です。会の詳細は「三島勤労者山岳会」のHPをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

2019年03月02日 越後白山

今年は雪が少ないということで、雪を求め新潟の山、越後白山に行って見た。早朝、登山口となる慈光寺手前の駐車場へ。トイレの建物あるが冬季閉鎖中で使えない。駐車場には先客1台のみ、年配ご夫婦である。足元見ると長靴、地元の人らしい。準備して、彼らに続く。

イメージ 1

お寺までは、太い杉に囲まれた砂利道歩き、横には赤い帽子おべべのお地蔵さんや三十三観音像などがあり、目を楽しませてくれる。

イメージ 2

寺への階段を過ごし、この山域の案内図を見て、尾根線と言われる雪付く登山道に入って行く。所々雪がなく、一合目の看板。ちょっと急な雪斜面になると凍っており、素足では滑る。後ろから来る登山者はスイスイと登って行き、皆長靴。そこで自分はチェーンアイゼン装着、その後は追いこされることなく登れる。二合目、三合目までは樹林帯の急登り、着ているものどんどん脱ぎ、上は下着と長袖Tシャツのみでアウターもいらない。

イメージ 3

時々、木の間から雪山が見えてくる。四合目辺りからは尾根も細くなり、雪庇付く急斜面になる。でも、その雪庇には亀裂も入り、崩れ始めてる。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

7号目を過ぎると傾斜も緩くなり、広くなって来た。振り返ると、尾根の向こうに街並みが見えるが、スッキリしない。

イメージ 7

登り方面を見ると、湾曲した雪庇の先に小屋が見え始めた。

イメージ 8

小屋に着くと、一階部分は雪に埋もれかけ、出入りは梯子を上がり二階部分から。その少し先が山頂になるが、標柱は雪の中のよう。南側には粟ケ岳が大きく見えており、山頂部は白一色だ。

イメージ 9


イメージ 10

本来はその向こうに微かに守門岳が見えるはずだったが、霞が強く確認できない。反対方向に見えるのは、菅名岳らしく白い山はきれいだな。

イメージ 11

小屋の中は多くの人でいっぱいのよう、風もないので小屋横で雪のベンチ作り昼ごはん。下りは田村線という周回コース、山頂先を下って行く。

イメージ 12

その後、雪の激下りでステップも大きく崩れ始めており、ちょっと気を使う。

イメージ 13

イメージ 14

大きなブナの木には看板があるが読めず、7合目の看板も隠れていた。

イメージ 15

途中木の間から白い山々を見ながら、緩やかに尾根筋を下って行く。

イメージ 16

雪は緩んで来たが、ちょっと急斜面下り。

イメージ 17

3合目の看板。少しいくと大きな鉄塔の下に出て、ここからは雪がなくなる。

イメージ 18

2合目過ぎ、赤い鳥居、コンクリ階段を下り、お寺の横に出た。

イメージ 19

建物横には、靴洗いよう水道があり、助かる。その後は、登りへの砂利道に合流し、駐車場へ。そこには10台以上の車が停まっており、多くの人が登っているようだ。今年は雪が少ないようだが、この山ではピンの付いた長靴、地元の人は「ピン長」と言うらしく、一般的のようで、9割以上を占める年配の方は皆これでした。新潟県民は強い。

★山行形態★  個人山行
★山名  ★  越後白山
★山行日 ★  2019年03月02日
★天候  ★  晴れ
★参加者 ★  345
★工程タイム★ 慈光寺駐車場07:30 -09:00越後白山三合目 -10:35白山避難小屋 -10:40越後白山11:40 -14:30慈光寺駐車場

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事