三島勤労者山岳会(三島労山) 活動報告

ハイキング・クライミング・沢登り・藪こぎなど山屋の活動報告集です。会の詳細は「三島勤労者山岳会」のHPをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

2019年03月09日 鉢盛山

冬しか入れないルートがあるということで、兼ねてから行きたかった鉢盛山。早朝から、野麦峠スキー場の駐車場には多くの車が入って来る。準備してリフト乗り場へ、リフト開始の8:30にはまだ時間がありゲレンデをウロウロ、樹林帯向こうには乗鞍岳の山頂部、そして北アルプスの一部が見えている。

チケット売り場で登山計画書求められ、リフトに並んでると、皆さんスキーやボードで自分だけ場違いのよう。一つ目のリフトで400m、二つ目のリフトで250mほど高度を上げ、途中では御嶽山や乗鞍岳の全景が見え、テンション上がって来る。

イメージ 1

この後は雪道になって行くので、スノーシューを装着、ゲレンデを100mほど下り、右手の広場から山に入って行く。前日までの踏み跡は見事に消えているが、スキーの先行者が一人いるようで、その後を追う。

イメージ 2

最初は笹の葉が出ている雪道、木の間からは当面の目標である小鉢盛山が見えてきた。

イメージ 3

更に登って行くと、右前方には八ヶ岳や南アルプスも見えてくるが、午前中は逆光になるのか鮮明に見えない。

イメージ 4

登りは続き、反射板のある鉢盛山が見えて来て、右前方には浅間山も確認できる。

イメージ 5

尾根筋が少し狭くなり、登ったり下ったり、かわいい雪庇もついている。

イメージ 6

時々、左手には乗鞍岳、左手後方には御嶽山も顔を出す。

イメージ 7

小鉢盛山のポイントに来ても表示がなく、このピークだろうな。見上げると、青い空に白い木が突き上げるようにきれいだ。

イメージ 8

途中から、スキーとスノーシューの人が増え、4人での行動となり、前後しながら登っていく。登り下りすると、下りではスキー、登りではスノーシューが強い。

イメージ 9

見晴らしが良くなったところからは、木曽駒ケ岳も見えている。

イメージ 10


一時ワカンの人も追いついてくる。その後、小ピークからの下りで、先頭を行く若いスキーヤーが尾根を間違え、本来のルートを外れてしまった。彼はGPSの地形図、年配のスキーヤーは紙地図にコンパス、他の人はなにを持っていたのか、自分はGPSに以前来た人のトレースを入れてあり、間違えポイントが明確に分かったものの気付くのが遅れた。

本来のルートに戻るべくトラバースして行き、そこからは自分が先頭となり、ルートをこまめに確認しながら。その後は、ワカンと若いスキーヤーは大きく遅れ、3人での行動となる。最後の登りとなり、あと200mほどのポイントで、年配スキーヤーがシールを剥がしている。帰りのリフト16時に間に合わないので、ここから下るとのこと。このあとは、スノーシュー2人で山頂を目指す。

イメージ 11

山頂に着いても表示がなかなか見つからず、振り返った木にあった。

イメージ 12

そこからは、北アルプスに木がかかり、眺望があまり良くない。数十mほど左に樹林帯を抜けると、大きな反射板がある。

イメージ 13

そしてそこからは北アルプスが見事に見えている。左から、焼岳、笠ヶ岳、霞ケ岳、西穂高岳、奥穂高岳、前穂高岳、槍ヶ岳、大天井岳、常念岳とくっきり。

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

北アの右側奥には、火打山や妙高山も、そして浅間山も。

イメージ 18

イメージ 19

北アの左側には、乗鞍岳や御岳山も大きく見える。

イメージ 20

そのうち、若いスキーヤーとワカンの人が登って来た。時間もないことから、立ったまま昼食を取り、すぐに下山開始。登りではクネクネと登った踏み跡を無視して真っすぐ、高低差250mを下る。時々踏み抜きにはまり、抜けだすのに大変。その後ちょっとフラットになるが、すぐに高低差190mの登り返し。もう下山に入っているのに、この登りは結構応える。

イメージ 21

そして、あまり水分を取らなかったせいか、左腿が痙攣し始め、何とかごまかしてこれを登り切った。その後は、細かな登りあるものの、大筋下り一辺倒。途中、左手には南アルプスの山々、南部の聖岳まで連なっている。

イメージ 22

イメージ 23

甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳の間から富士山も見える。午後は、光が当たりやすく、山も鮮明に見える。

イメージ 24

イメージ 25

少し下り、今度は八ヶ岳、赤岳もはっきり見える。なんと多くの山々が見える山なんだろう。

イメージ 26

イメージ 27

下りはほとんどスノーシューの人と一緒、飛騨から来たらしく近場の山のようですが、毎週のように山行く若者だ。一生懸命歩いたつもりだったが、ゲレンデに出たときは16時、下りは一つ目のリフトまで下らなくてはならず、その営業は16時まで、間に合わない。諦め、二人でリフト近くに行くと、まだリフト動いてるではないか、係の人に聞くと、手合い図で乗っていいと、ラッキー。リフト降り、係員に下山した旨を報告して駐車場に戻った。

深いラッセルとはならなかったものの、登り下りあるルートで、7時間でのピストンは結構ハードでしたが、とても多くの山が見られ素晴らしいところでした。やっぱり白い山がきれい。

★山行形態★  個人山行
★山名  ★  鉢盛山
★山行日 ★  2019年03月09日
★天候  ★  晴れ
★参加者 ★  345
★工程タイム★ リフト山頂駅09:00 -10:50小鉢盛山 -13:00鉢盛山13:20 -14:55小鉢盛山 -16:30リフト駅

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事