三島勤労者山岳会(三島労山) 活動報告

ハイキング・クライミング・沢登り・藪こぎなど山屋の活動報告集です。会の詳細は「三島勤労者山岳会」のHPをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

2019年03月17日 筑波山

週末の天気は安定しなく、雪の新潟や長野方面を諦め、以前から気になっていた筑波山に行ってみた。ここは標高は900m足らずと低めだが、百名山になっており微かな期待も。早朝、筑波山神社入口へ、スタートに近い第一駐車場、乗用車分は数台しかないがなんとか停める。

まずは赤い大きな鳥居を潜り、建物が並ぶ車道を進み、始めは神社を目指すが、境内からはケーブルカー乗場へと。そして小さな鳥居を潜り、御幸ヶ原コースの登山道に入っていく。

イメージ 1

すぐに木根が張ったり大きな石ゴロの道となって来る。丸太のステップ、そしてケーブルカーの横に、まだ時間早く動いてない。もう下ってくる人がおりビックリ、何時に登り始めたのだろう。

イメージ 2

その後、板で岩の崩れ止めした急斜面を登ったり、距離書いた表示に案内され、更に岩道が続く。

イメージ 3

男女川の源流を横目に、長い丸太のステップを登りきると、ケーブルカー頂上駅のある広場に。

イメージ 4

ここの標高はちょうど800m。まずは男体山へと左側に登って行く。土から岩場へと急な道を登り山頂へ。

イメージ 5

イメージ 6

立派な社殿があり、下界が見渡せるが白いモヤに残念。

イメージ 7

木の間からはこれから行く女体山も見える。

イメージ 8

一度広場に戻り、せきれい石やガマ石を見ながら、女体山に向かう。

イメージ 9

ここにも立派な社殿、そして筑波山と書かれた石の標柱、男体山より6m高いようで、こちらが主役なのか。

イメージ 10

少し先の岩場からは360度に近い眺望が得られ、すぐ下方にはロープウェも見える。

イメージ 11

そして、振り返ると男体山も。山頂での飲食禁止のため、少し下でおやつ。

イメージ 12

この先は岩場の激下り、一般用に鎖の手摺もある。

イメージ 13

下って行くと、どんどん登りの人が増えて来て、随分と軽装の人もいる。このコースには奇岩・怪石が多く、大仏岩、

イメージ 14

北斗岩、

イメージ 15

出船入船、

イメージ 16

母の胎内くぐり、

イメージ 17

弁慶七戻り、

イメージ 18

目を楽しませてくれ面白い。そして弁慶茶屋跡の広場に、多くの人が休憩中。この先神社の表示に従い、白雲橋コースに入って行く。徐々に岩も少なくなり傾斜も緩くなってくるが、相変らず登ってくる人が多い。木には赤い実がついておりきれい。

イメージ 19

登山道は石のステップとなったり歩きやすく、石を積み上げた白蛇弁天の横抜ける。

イメージ 20

そして迎場コースとの合流点、小さな鳥居を潜り登山道はお終い、車道を下り駐車場に戻った。

イメージ 21

この時期はちょうど梅まつりが開催され、車道を少し下り会場に行って見る。白い梅花の真っ盛りできれいだ。

イメージ 22

イメージ 23

開運招福という福来梅の木には絵馬がぶら下がっている。更に山肌を登って行くと赤い梅花、

イメージ 24

展望小屋を回り込んでくると、赤白混合の木、

イメージ 25

そしてピンクの梅花と、いろいろ楽しめた。

イメージ 26

★山行形態★  個人山行
★山名  ★  筑波山
★山行日 ★  2019年03月17日
★天候  ★  晴れ
★参加者 ★  345
★工程タイム★ 筑波神社入口06:15 -07:20男女川源流 -07:55男体山 -08:35女体山 -09:30弁慶茶屋跡 -10:50筑波神社入口

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事