三島勤労者山岳会(三島労山) 活動報告

ハイキング・クライミング・沢登り・藪こぎなど山屋の活動報告集です。会の詳細は「三島勤労者山岳会」のHPをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

2019年03月24日 阿能川岳

藪漕ぎのため冬場にしか入れない山、阿能川岳が以前から気になっており、やっとそのチャンスが得られた。早朝、登山口である仏岩ポケットパークに向かうと、道路は徐々に白一面となり、駐車場には2台の先客。雪は降り止まず、登山するか迷っていると、1台の人が登山準備を始めており、自分もその気になる。

イメージ 1

彼の踏み跡を追うように登山道に入る。

イメージ 2

積雪が少ない樹林帯の急斜面を登り、仏岩・吾妻耶山との分岐へ。

イメージ 3

先行者は吾妻耶山である左方面に行ったようだが、自分は表示ない右方面の阿能川岳に向かう。相変らず樹林帯を登って行くが、徐々に雪も増え、新雪の下は凍っており、アイゼンを着ける。

イメージ 4

徐々に尾根筋となり、開けた丘の上(ヨシガ沢山?)に出ると、雪も止み青空も見え、期待できるかな。。

イメージ 5

一度下りなだらか尾根を登って行くと、送電線のため広く伐採された道を登り、丘の上に。

イメージ 6

後方には吾妻耶山が見えているが、

イメージ 7

風が出て来て雪煙に飛ばされそう。

イメージ 8

更に進むと、雪庇付く尾根となって来るが、大きくひび割れている。

イメージ 9

途中、後ろから来て先を譲った単独者、10Lほどの軽装ザックで非常用具持っているのだろうか。そして小高い丘の上に、鉄のポールがあるが表示なし、天子山だろう。

イメージ 10

この後は徐々に尾根も細くなり、

イメージ 11

太い木の横やシャクナゲの横を雪庇に近づかないように、上下しながら慎重に進む。

イメージ 12

イメージ 13

四苦八苦していると、更に後ろから二人連れ、先に進んで行く。

イメージ 14

しばらく進んで行くと、その二人連れが戻って来る。この先危険な下り(前調査ではロープがあった方がいいとか)もあり、時折風雪でガスの中眺望も得られないから、諦めたと。自分も、引き返すか迷っているところに、これにより一気に同意して、戻ることにした。

イメージ 15

この先、厳しいのは三岩山までで500m程、その後はなだらかな下り登りで阿能川山へ1km程、残念だ。戻りも慎重に、雪庇に乗らないように木の横を抜ける。

イメージ 16

イメージ 17

天子山らしきピークをしばらく下ったなだらかな尾根に、鍋クウシ山の小さな看板が木に。登りでは見逃してしまったが、ここはピークでもないのに。。

イメージ 18

途中風が避けられる木の横で昼食を取り、溶けかかった雪と落葉を足裏に付けながらしばらく下り、アイゼンを外す。駐車場に戻ると、先に出発した人の車はなく、自分含め3台のみ。新たな1台の人とは会っておらず、どこに行ったのかな。今回は見事敗退してしまい、天候や環境に対しコースタイムの甘さがあり、課題を残してしまった。チャンスを見付けまたリベンジしたいものだ。

★山行形態★  個人山行
★山名  ★  阿能川岳
★山行日 ★  2019年03月24日
★天候  ★  雪/曇り
★参加者 ★  345
★工程タイム★ 仏岩ポケットパーク06:20 →08:00ヨシガ沢山 →09:15鍋クウシ山 →09:45天子山 →11:00三岩山500m手前 →12:05天子山 →12:25鍋クウシ山12:45 →14:45仏岩ポケットパーク

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事