三島勤労者山岳会(三島労山) 活動報告

ハイキング・クライミング・沢登り・藪こぎなど山屋の活動報告集です。会の詳細は「三島勤労者山岳会」のHPをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

一年ぶりのEMさんも含め関東の山旅の始まりです。赤城道路の桜を楽しみながら登山口近くの駐車場へ、峠の気温は2度と表示されていた。支度をして歩きはじめると白いものが降りて来たがすぐに止みました。
イメージ 1
最初から急登が始まり、ゆっくりペースで上がっていきます。登り始めてすぐに雪、昨日降ったのでしょうか? 
イメージ 2

イメージ 3
幹の半分にびっしり雪が着いています。
イメージ 4
北西から吹き付ける風は、上がるにつれて強くなり指先がとても冷たいです。猫岩も過ぎ、尾根の右側が落ちた登山道も慎重に進み50分で3番地に到着、風邪を避けて一本入れます。
イメージ 5
ここで雨具の上衣を着こみます。ここから富士山が見えるようですがきょうは見えそうにありません。
出発して雲の流れの間に青空が見え、振り返った樹氷はとても綺麗です。
イメージ 6
上るにつれて雪も厚くなり、その踏まれたステップをしっかり蹴り込みながら登っていきます。
イメージ 7

イメージ 8
声は出ていませんが足取りもしっかり、久しぶりの雪を楽しんでいます。ツララは太く何本も下がっています。
イメージ 9
登山者も何組か下りてきますが若者が多いです。笹に雪がかぶさり、九十九の急登を登ると駒ケ岳から続く稜線に出ました。
イメージ 10
平坦な道を進むとすぐに山頂です。
イメージ 11
記念の写真を撮ります。
イメージ 12
ここから2分で絶景スポット、懐かしい景色が待っていました。前回同様、吹き上げる風は強く、綺麗な樹氷の先に街並みが見えます。
イメージ 13
尾根に戻り三角点のある山頂で昼食です。
イメージ 14
寒い中30分近くを山頂で過ごし、下山開始です。
イメージ 15
軽アイゼン装着、慎重に下り3番地で脱着、その先から安全なトラバースルートを進みます。
イメージ 16
順調に下り、1番地の登山口の到着。
イメージ 17
風は一向に止まず、大沼の湖面は波が立っていて、春はもう少し先のようでした。楽しく3回目の黒檜山を登ることができました。ありがとうございます。
テーマ 百名山に登る
山域   黒檜山(赤城山)
山行日  2019427日 曇り時々晴れ
参加者 CL148 392 他2
コースタイム
黒檜山登山口1045〜3番〜1230黒檜山12553番〜黒檜山登山口1435


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事