三島勤労者山岳会(三島労山) 活動報告

ハイキング・クライミング・沢登り・藪こぎなど山屋の活動報告集です。会の詳細は「三島勤労者山岳会」のHPをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

当初、南紀の沢で元号またぎを予定してたのですが、雨で中止。天気の持ち直したGW後半、行先を奥多摩に変更して行ってきました。
イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3
長らく通過不可だった小川谷林道ですが、、「燕岩」下に新しい洞門ができたおかげで、久しぶりに入ることができました。
初日は林道と荒れた登山道を歩くだけ、3時間強でBP到着。滝谷側に先客がいたので、我々は酉谷側にタープを張りました。

天気が崩れるという予報通り、黒雲が広がり雷鳴も轟きましたが、夕方には青空が戻りました。
HさんとDさんが2匹ずつ(イワナとヤマメ)を釣ってきました。

夜は豪勢な焚火。
← 平成の送り火 (5日遅れですが)。





イメージ 4
翌朝5時起き。快晴。7時出発。明るい沢ですが、下部は倒木が目立ちます。下ッ滝を左から巻いて懸垂下降すると、両門の滝。左滝をトラバースして右滝に取り付き、倒木を乗り越し、水流を登りました。

少し進むと天から降ってくるが如くの上ッ滝、登攀可能ということですが、当然巻きました(東京近郊では珍しい大高巻き)。
イメージ 5
















沢に戻り、樋状滝を快適に越えると、行く手を阻む胎内滝。岩の中に潜って、シュリンゲをつかみ、天穴から這い上がります。
イメージ 6イメージ 7











岩溝の滝を越えると、鹿の踊り場と呼ばれる穏やかな渓相となり、
ハシリドコロの群落が出迎えてくれます。二俣、奥の二俣を右に取り、最後はやや急になって登山道にぶつかりました。

下山はタル尾根。ウトウの峰から先は、極上の尾根。素晴らしいデザートに感謝。

☆山行形態☆ 沢登り
☆山域☆ 奥多摩
☆山行日☆ 2019年5月4日(土)〜5日(日)
☆天候☆ 晴れ
☆メンバー☆ 143、413、他2名 (投稿者143)
☆ルート☆ 初日:ねねんぼう駐車場8:00〜三俣BP11:10  
                 二日目:BP7:00〜滝谷遡行〜11:00登山道〜タル尾根〜14:30駐車場


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事