三島勤労者山岳会(三島労山) 活動報告

ハイキング・クライミング・沢登り・藪こぎなど山屋の活動報告集です。会の詳細は「三島勤労者山岳会」のHPをご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

2019年5月19日 入笠山


週末の天気予報が雨予報から回復に変わり、予定していた定例ハイクを実行できました。今回の参加者は8名、新会員Kさんも参加して頂きました。例年この時期は多くの花が見られる事に期待し出発。
イメージ 1
9時過ぎ登山開始
イメージ 2
法華道を辿り山頂を目指します
イメージ 3
さあ、ここからが今日一番の期待の花の群生地!!
イメージ 4
ん??、花はどこに?
イメージ 5
気を取り直して山頂へ、周りは真っ白
イメージ 6
しかし、昼食を取っているうちに、みるみる青空が広がります。
イメージ 7
今日の山行記念!
イメージ 8
山頂を後に、入笠湿原。唯一の水芭蕉
イメージ 9
次に山野草公園に向けて長い階段上り
イメージ 10
ゴンドラ駅の周りが全て山野公園ここでの花たち
イメージ 11

イメージ 12
イメージ 13








「山名は聞いており気になっていた山でした。周囲も開けており
 次回は積雪の時期に登りたいと思いました。」 394 

初めての入笠山、お花はあまり咲いてない中、
山桜、カタクリの花を見る事ができ良かったです。
特に大変なコースはありませんでしたが、山野草公園に向かう湿原内の
木の階段が私には一番の難所でした。笑
ベテランの方や、初対面の方との会話が楽しかったです。
運転の方にもお世話になりありがとうございました。414 

まだ時期が早かったのか、ネットで目にするような一面のすずらんや湿原に咲き誇る花々にはお目にかかることができませんでしたが、朝の曇天とは打って変わって晴天に恵まれ、風がなく暖かい山頂でまったりとした時間を過ごしながら北アルプスや中央アルプスの山並みを眺めることができたのは、至福の時間でした。帰りに行楽客に交じって、ロープウェイ駅でアイスクリームを頬張りながら、労山にもこんなハイクがあるんだなと、妙に感動しつつ山野草公園を後にしました。花を楽しむはずの今回のハイクで、なぜか一番印象に残ったのは、いかにも湿地帯らしく、木に垂れ下がりながら風に揺らめくコケの仲間の“サルオガセ”でした。(417)


今回の山行の参加者は初めての人、お久しぶりの人などいつもとは感じが違いました。入笠山は何回も行っている山です。今回は時期がカタクリが終わりになり、スズランが咲くまでの間なのか、初めて見る光景でした。歩き始めは曇っていて寒かった。頂上で休んでいる間に雲が取れ晴れてきて暖かくなりました。
終わってみれば楽しいハイクになりました。ありがとうございました。173

今日はお世話になりました。久しぶりのグループ登山は楽しいものでした。ありがとうございました。
326
今回初めて定例ハイクに参加させていただきました。咲いている花は少なかったのですが、山頂では周囲の山並みを見渡すことができ、ルバーブソフトクリームも堪能、皆さんから山に関するお話もたくさん聞くことができ、楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。 423

今年3月に登った山頂からは周囲全て真っ白!景色を楽しむ事が出来ず下山しましたが、今回群生する花を楽しみにしていたのですが残念でした。でも多くの方と楽しい時間を過ごせました。364

☆山行形態☆ 定例山行
☆山域☆ 長野県 入笠山
☆山行日☆ 2019年5月19日
☆天候☆ 曇りのち晴れ
☆メンバー☆ 394、414、423、173、417、326、412、364(記)
☆ルート☆ 沢入登山口−法華道入口−入笠湿原入口−入笠山−湿原散策−山野草公園−沢入    分岐−沢入登山口 











.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事