三島勤労者山岳会(三島労山) 活動報告

ハイキング・クライミング・沢登り・藪こぎなど山屋の活動報告集です。会の詳細は「三島勤労者山岳会」のHPをご覧ください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2019年05月05日 表妙義山

山岳会の若者が妙義に行って見たいとのことで、4人で行くことにした。自分は三度目の妙義山となり、鷹戻しが崩落のため一時通行止めになっていたが、どうなったのだろうと気になっていた。早朝地元を出発して、妙義神社近くの道の駅へ、予定より早く着いてしまう。きれいな朝日を見て、赤く焼けた妙義山に向かい出発。

イメージ 1

大きな鳥居を潜り、本殿横から登山道になる。少し土道を上がると、一つ目の鎖。まだ使わなくても登れる。その後、苔や落葉で濡れた岩場に長い鎖、傾斜はまだ緩いが足置きに苦慮する。途中で追い越した年配者は、ここで諦めたよう。コルに出て、左側大岩の鎖を登ると大の字。

イメージ 2

その先は絶壁、近すぎないようにして記念撮影。

イメージ 3

一度大岩を降りてコルから右側の登山道を進む。辻を過ぎ、短い鎖場を登り大きな杉の木が立つ奥社へ、そして右側の長い鎖を登る。岩がゴツゴツして足場の確保は容易なものの、傾斜はきつい。

イメージ 4

登り切り、鎖で確保しながら左にトラバース、岩の間からお地蔵様が見えた。

イメージ 5

更に登り、相馬岳の表示に従い、鎖を使いステップが掘られた岩の斜面、ここも濡れており滑らないように。

イメージ 6

上に出ると下界への眺望が良い。更に鎖、鎖なしの斜面を登り見晴となり、先に見えるのは榛名山だろうか。

狭い岩の間を抜け、見晴らしの良く長い鎖場、途中で一息入れられず一気にを登る。

イメージ 8

イメージ 7


ロープや鎖で少し下がる。

イメージ 9

そして背ビレ岩、両サイドが切れ落ちており、鎖に捕まり慎重に。

イメージ 10

登った後はまた鎖使い岩を下る。

イメージ 11

そして大のぞき。先には浅間山が見え始め、その右側に白い山があり何だろう。縦走路先には切り立った岩が見え恰好いい。

イメージ 12

岩の間に大きな木が立つ所を鎖で降りて行くと、次は長い一本鎖で平らな岩斜面を下る。いくらか足用デコボコあるものの、止まっていられず一気に下る。

イメージ 13

時々薄紫のツツジが気を癒してくれる。

イメージ 14

そして天狗岩、ピンクのイワザクラが可愛い。木根が張り付く岩を降りて、タルワキ沢との分岐。

イメージ 15

ツツジを見ながら土道を登り下りして相馬岳に。

イメージ 16

ここからは荒船山の向こうに八ヶ岳が見え赤岳などもクッキリ。そして、その右側奥には北アルプス、奥穂高岳が構えている。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

その後は、土や短め鎖で高度を一度下げ、また土や鎖を登る。

イメージ 20

イメージ 21

岩のトンネルを抜け、左側岩に登ると360度の眺めが得られ、自分としてはお気に入りの場所だ。

イメージ 22

縦走路先には金洞山のギザギザが見え、右側に目を向けると、緑の山並みの向こうに浅間山。

イメージ 23

木根の張る土道をおり、堀切へ。ここで、鎖に飽きたのか一人中間道に降り、ここからは3人で進む。途中イワザクラの群生もあり、濡れた岩斜面を鎖で確保しながらトラバース、足場が難しい。

イメージ 24

国民宿舎への分岐を過ぎる。2本程短い鎖場を登ると、

イメージ 25

ほぼ垂直な2連のアルミ梯子。ここが崩落後修復したところで以前はなかった。

イメージ 26

登りきると鷹戻しの鎖場となり、最初は鎖が2本、

イメージ 27

あるがその後は1本で連続、尾根上の岩場では一息も入れにくく一気に上がる。

イメージ 28

その後は鎖でトラバース、

イメージ 29

ここにもイワザクラがきれいに咲き、癒してくれる。

イメージ 30

何本かの短い鎖を登り、途中左下にはピンクのサクラ公園がきれいだ。

イメージ 31

そしてこのルート最大の下り鎖場。10mくらいが2本連なっておりほぼ垂直、2本目の岩壁はオーバーハングしており、足の置き場が難しい。また安全のためスリングカラビナで時々鎖に固定しながら降りる。

イメージ 32

降りた後すれ違った人は、ここを何の装備もなく素手で登って行った。ちょっと危険過ぎるよう。

イメージ 33

第四石門への分岐まで来て、当初計画はその先金洞山に進む予定であったが、メインの岩場を楽しめ満足でき、ここを降りることにした。

イメージ 34

この先降りると言っても、ズルズルとした土や岩の急降下で、切れかかったロープが何本も続き、なかなか楽をさせてくれない。

イメージ 35

中間道からは緩やかな登り下り、第四石門を潜り、

イメージ 36

左手に大砲岩を見て、どんどん下り、県道の休憩所で一息。ここで先に降りた人と待ち合せ、県道と遊歩道を1時間半ほど歩き道の駅に戻った。いつも思うが、この歩きが嫌いだ。道の駅で荷物片づけ、近くの温泉に入りゆっくり腹ごしらえ。暗くなってから高速に入ったせいか、予測ほど渋滞もなく、早めに帰宅することができた。

★山行形態★  個人山行
★山名  ★  表妙義山
★山行日 ★  2019年05月05日
★天候  ★  晴れ
★参加者 ★  345(CL) 352 376 412
★工程タイム★
妙義神社05:30 -06:25大の字 -07:25見晴 -08:10大のぞき -08:50天狗岳 -09:35相馬岳 -11:25ホッキリ -12:40鷹戻しの頭 -14:00第四石門分岐 -14:40第四石門 -15:00休憩所15:30 -16:50妙義神社

開く コメント(0)

今年は10連休となったGW、まだ雪山が楽しめるかと立山に行くことにした。当初前半を計画していたが、天気が優れなく、2日からの天気回復を目がけ、1日に立山駅に向かう。さすが第一駐車場はほぼ満車だが何とか停め、車中泊。

翌朝雨の中ロープウェー乗り場へ、1時間前にチケット売り場に行くが、雨の中すでに200人ほどが並んでいる。自分が買う頃には後ろに300人ほど、この時期は午前中に1日分のチケットが売れてしまい販売停止されるとか。

ロープウェーとバスを乗り継ぎ室堂へ、雨が止んだがまだスッキリしない。まずは本日の宿、室堂山荘に行き、余分なものを預ける。浄土山を背にして、ミクリガ池方面へ。

イメージ 1

雄山は白いガスの中だ。雷鳥荘の横に来ると硫黄臭が強くなり、雷鳥沢キャンプ場に大きく下る。

イメージ 2

先には青空の下に奥大日岳(正確には手前の2611mピーク)が見えている。

イメージ 3

沢から通常新室堂乗越に上がるが、室堂乗越方面へショートカットするようにスキーヤーの踏み跡があり、そちらを行く。左側は沢であるがほとんど雪に埋もれており、30度程の斜面。

イメージ 4

乗越に上がり、先を見ると三つのピークが並んでいる。前日までの踏み跡はほとんど雪で覆われ、スキーヤーの跡だけ。右手には剱岳が見えて来たが、山頂はガスがかかりスッキリしない。二つ目のピーク(2511m)への登りはきつく、ジグザグに上がる。

イメージ 5

左手には、バスで通って来た雪壁の道がクネクネ、多くの観光客がいる。

イメージ 6

そして室堂方面には地獄谷も。

イメージ 7

スタートが遅くなったせいもあり、ここで時計は12時半となり登頂を断念、戻ることにした。

イメージ 8

相変らず剱岳山頂はスッキリせず、雄山山頂もガスの中だが、別山方面のガスはとれきれいだ。

イメージ 9

振り返り、雪斜面についた自分の踏み跡を見て。下りルートは新室堂乗越まで稜線を楽しみ、雷鳥平に下る。キャンプ場からは多くの人が歩き、雪がグチャグチャとなり、登りにくい。2cm程幅のある樹氷をみて、展望台から再度奥大日岳を眺め、いつかリベンジしたいものと。山荘に向け進むと、前には雲の取れた雄山がクッキリと見えて来た。

イメージ 10

山荘は畳部屋でトイレは水洗、お風呂まであり、観光客用のよう。夕食後外に出ると、大日岳横にきれいな夕日が、そしてその反対側雄山はピンクに染まっている。

イメージ 11

2日目は朝食後、雄山に向かう。最初は正面に浄土山を見ながら、ほぼ平らな道。

イメージ 12

そして一の越に向け、雪斜面のトラバースとなって来る。

イメージ 13

前を行くカップルはストックやピッケル、アイゼンもなく、滑りながら。完全に雪山を舐めているようで、途中から引き返したよう。左下方には真っ白な雪面とその向こうに別山だろうか。

イメージ 14

徐々に斜面が急となり一の越へ。

イメージ 15

そこには多くの登山者、そして前面には北アルプスが見えている。左側から餓鬼岳、大天井岳、槍ヶ岳、笠ヶ岳と並んでいる。

イメージ 16

イメージ 17

一息入れて、山頂へ向かう。登山道は徐々に急になり、雪道だったり岩場が出たり。

イメージ 18

右手には室堂そしてその先には奥大日岳が見え、

イメージ 19

振り向くと下方に山荘先には龍王岳が見え、高度感がある。

イメージ 20

更に遠方、笠ヶ岳の右側には、水晶岳や薬師岳が見えている。

イメージ 21

何やらあまりきれいじゃない鳴き声、雷鳥がいる。

イメージ 22

更に登り神社前広場来ると、ピーク部が青空下にきれいに見えた。

イメージ 23

ここからは左から、唐松岳、五竜岳、鹿島槍ケ岳、針ノ木岳と見えている。

イメージ 24

残念ながら、先日登った天狗岳は白いモヤのせいか確認できなかった。

イメージ 25

下山後は山荘で荷物をまとめ、室堂バスターミナルへ。時間的余裕があり、立山雪の大谷へ、16mの雪壁を見て来た。

イメージ 26

ここへのアスファルト道には雪もなく、多くの観光客、車いすの人もいた。前面に見える雪山には、急斜面をトラバースするスキーヤーがいてビックリ。

★山行形態★  個人山行
★山名  ★  奥大日岳・雄山
★山行日 ★  2019年05月02-03日
★天候  ★  曇り/晴れ
★参加者 ★  345
★工程タイム★
 1日目:室堂09:00 -09:10室堂山荘09:35 -10:20雷鳥平 -11:10室堂乗越 -12:20(2511m)12:30 -14:25新室堂乗越 -16:10室堂山荘
 2日目:室堂山荘07:15 -08:05一ノ越 -09:10雄山10:20 -10:50一ノ越 -11:30室堂山荘12:00 -12:10室堂

開く コメント(0)

ひたすら気持ちの良い田舎道をゴキゲンに走る。関東の山旅も三日目、きょうも天気が良く楽しみな一日となりそうです。

登山口の手前の狭い駐車場には既に2台が止まっていました。

イメージ 1

車から降りて直ぐにカタクリを発見、終わりかけているのが多いですが大騒ぎです。八溝山の花の情報は持ち合わせていなく、茨城県の最高峰をMMさんが提案したのが最初、調べると他にも「名水100選」の八溝川湧水群の五水巡り、日本三百名山という事でこの山を選定、旧参道から入っていきます。

イメージ 2

イメージ 3

歩き始めて5分、早速車の施錠を忘れたようで戻ると鍵が無くキーに差し込んだまま、貴重品どころか車ごと行方不明に、そろそろ危なくなってきたかも
(>_<) 

イメージ 4

イメージ 5

何とか先行する仲間に追い着き、25分で金性水へ、その手前にエイザンスミレが沢山咲いています。

イメージ 6

イメージ 7

筒から流れ落ちる水は途中で水滴になってしまう程少ないです。

イメージ 8

谷間のニリンソウの群落を見ながら平坦な道を進みます。

イメージ 9

高梨家屋敷跡に到着、道に沿った一段上に鉄水流、噴出孔はありますが水は全く出ていません。

イメージ 10

数分で龍毛水へ、少し水が溜まっているだけで流れは感じません。

イメージ 11

近くにはネコノメソウがたくさん咲いています。

イメージ 12

戻って登山道へ、ここから真っすぐに長い階段が続きます。階段に沿ってどこまでもカタクリの花は私たちと一緒に歩いているようです。

イメージ 13

駐車場では終わりかけていたが、上がるにつれてカタクリがたくさん出てきて、今がまさに見頃となっています。

イメージ 14

モデルを探して一枚一枚カメラに収めます。

車道に出て左へ、白毛水に向かいます。道から20mほど奥下に降りると、キクザキイチゲが花を僅かに開いて、あとはお日様待ちのようです。

イメージ 15

とは言っても花に見えるのは萼片で花びらでは無いのですが、いずれにしても綺麗です。ここの水の流れも少ないですが五水の中ではいちばん元気が良かったかな。

イメージ 16

イメージ 17

更に道は階段が真っすぐに伸び、最後の銀性水はほんの少し右下に下ります。

イメージ 18

バードウォッチングでしょうか、迷彩柄の人が腕組みをし、カメラの先に止まる鳥を待っているようです。銀性水もパイプからの流れは全くなく、溜まりの底が少し湿っているだけでした。

イメージ 19

10分ほどで山頂に、八溝嶺神社に参拝、帰りの無事を願います。

イメージ 20

三角点を前に記念の一枚

イメージ 21

その後トイレ休憩のみで下山開始です。

来た道を戻り車道の手前を左へ、日輪寺に向かいます。

イメージ 22

ここからもカタクリが登山道脇にたくさん、しばらく続きます。

イメージ 23

姿、形、色合い、お気に入りを見つけては一枚、立ち止まる時間が増えてしまいます。再び車道に出て日輪寺への最後の下り、途中で本日一番のお気に入りを収めることができました。

イメージ 24

イメージ 25
日輪寺に到着、本堂に人が座っています。シャクナゲが綺麗、塀の方にはニリンソウがあります。

イメージ 26

少しの休みで出発。

イメージ 27

ひたすら道は下り、最下部のワサビ田に出ます。周りはニリンソウだらけ、谷筋の下流部まで続いています。

イメージ 28

ワサビの花も咲いていました。

イメージ 29

ここから駐車場までの上り、山旅最後の登りはゆっくりと味わいます。

イメージ 30

イメージ 31

15分足らずで駐車場に到着、八溝山は全山カタクリに包まれた山、谷間のニリンソウなど、あらためて北関東の山の春を楽しませていただきました。

イメージ 32

ありがとうございました。

 

今回のサプライズで、日立海浜公園のネモフィラを見に出かけました。公園近くでは渋滞で、入り口がどこなのか?迷いながらも無事駐車。入場は全員シルバー料金で半額以下、どさくさに紛れてシルバーになった人も・・・。すごく混んでいます。チューリップは沢山の種類がそれぞれのゾーンの中で色とりどりに咲いています。

イメージ 33

イメージ 34

まずはネモフィラの咲く丘へ、人の流れについていくだけです。圧巻です。遠くまできれいに咲き並んでいます。

イメージ 35

イメージ 36

テレビCMで見た光景が、誰もいない所を写してみたいです。

最後までお疲れさま、次回も楽しい山へ、ありがとうございました。

テーマ 茨城県の最高峰

山域   八溝山

山行日  2019429日 晴時々曇り

参加者 CL148 392 他2

コースタイム

日輪寺旧参道入口855〜金性水〜鉄水流〜龍毛水〜白毛水〜銀性水10141025八溝山(茨城県最高峰)1040〜日輪寺1115〜ワサビ田〜登山口1154 (八溝五水巡り)   日立海浜公園へ(ネモフィラ)



民宿「芋の里」、前日は名前の通りのサツマイモに怯えながら夕食を、連泊して一度もそれが出なかったことにホッとしました。
宿で今日の奥久慈男体山と翌日の八溝山の地図を貰い、御主人から聞いた滝倉林道に車を進め、健脚コースから登ることに。地形図には載っていないが登山道はしっかりしているようです。滝倉トンネルの手前から健脚コースが始まりますが、その先の駐車場に車を停めます。
イメージ 1
早速周りにヤマブキ、ヤマエンゴサク、木イチゴ? カキドオシが咲いています。既に地元の方が出発の準備をしていてひと言、上部に鎖場もあり楽しいルートですよと。私たちも支度をして出発します。
イメージ 2
トンネルの脇から歩きはじめて直ぐに花が、久しぶりの花、先日見たばかりの花、とても楽しくなってきました。尾根道に取りつくと急登が始まります。100mほど上るとヤマツツジが咲く明るい登山道、しばらく緩やかな道が続きます。
イメージ 3
ツクバネウツギ、ムラサキヤシオなど、ヒトリシズカは咲き始めたばかりです。
イメージ 4
45分で大円地からの道と出合います。ここでひと休み。
イメージ 5
分岐からは急登の連続、早速鎖場が出てきました。20分弱で展望台に、家族連れの小さな子供たちも元気な声で話しています。そこからの景色も素晴らしく富士山が見えています。
イメージ 6
ここからも岩場を縫うように、手がかり、足場もしっかり見て慎重に上っていきます。この間は写真を撮るのも忘れるほどに上部を見上げながら集中していたようです。
イメージ 7
稜線に出て東屋でひと休み、行動食、水分を補給します。
イメージ 8
山頂は大勢の人で賑わっています。祠にお賽銭を入れ、その中から雄大な景色を眺めます。
イメージ 9
先ほどより富士山も大きく見え、那須連山、吾妻連峰など、足元の低い山々の新緑の明るさとその陰影のコントラストは見たことのない美しいものでした。
イメージ 10

イメージ 11
山頂に上がり記念の一枚、一等三角点の横で大休止です。
イメージ 12
出発する頃に先ほどの子供たちも元気に食事を始めました。
下山開始、直ぐに634mスカイツリーと同じ標高の説明板が立っています。
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15
順調に下っていくとチゴユリが斜面にたくさん、その先の大円地越に到着、ニリンソウが一面に咲いています。
イメージ 16

イメージ 17
丸太の椅子に座ってしばしこの楽しい花畑に見入ってしまいました。見上げると芽吹き始めた木々の間に抜けるような青空が、何とも言えない気分です。
イメージ 18
下りは急な所も少なく、どこまでも続くニリンソウ、ミヤマハコベなどの小さな白花を見つけてはカメラに収めます。
イメージ 19

イメージ 20
大円地に到着してもニリンソウがあり
イメージ 21
そこから男体山のゴツゴツとした山容をサクラと共に収め滝倉トンネルへ。
イメージ 22
岩を楽しみ、景色を楽しみ、たくさんの花に出合えてとっても楽しい一日でした。
きょうはここで終わらず、計画通りに袋田の滝に向かいます。無料駐車場の前の川に掛けられた鯉のぼりを楽しみながら、受付までの長い道をひたすら歩きます。
イメージ 23
JAF割引を利用して入場、緩い上りと最後はエレベーターで上部に、観光客で賑わっています。今年は滝の水量が半分以下だと地元の人の話、宿の御主人も田植えの時期だが水不足が深刻だといって言っていた事がここでも影響しているようです。
イメージ 24

イメージ 25
しかし私たちにはこれでも充分、そのスケールに圧倒されていました。厳冬期の氷瀑も見たいねなどの声もありました。
きょう一日、お疲れ様、そしてありがとうございました。
出合った花です。
イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34
イカリソウ ヤマエンゴサク ヤマツツジ ヒトリシズカ ツクバネウツギ ムラサキヤシオ スミレ キイチゴ? ミヤマハコベ ツクバキンモンソウ 竹の花 キジムシロ? ムラサキケマン チゴユリ ミミガタテンナンショウ? イワボタン ホウチャクソウ ニリンソウ ヤマブキ シダレザクラ ウワミズザクラ ほかに小さな白花がたくさん。
テーマ 一等三角点の山
山域   奥久慈男体山
山行日  2019428日 快晴
参加者 CL148 392 他2
コースタイム
健脚コース登山口出発820〜西金分岐900〜展望台9251030男体山1105〜大円地越1150〜大円地〜駐車場1320  袋田の滝へ

一年ぶりのEMさんも含め関東の山旅の始まりです。赤城道路の桜を楽しみながら登山口近くの駐車場へ、峠の気温は2度と表示されていた。支度をして歩きはじめると白いものが降りて来たがすぐに止みました。
イメージ 1
最初から急登が始まり、ゆっくりペースで上がっていきます。登り始めてすぐに雪、昨日降ったのでしょうか? 
イメージ 2

イメージ 3
幹の半分にびっしり雪が着いています。
イメージ 4
北西から吹き付ける風は、上がるにつれて強くなり指先がとても冷たいです。猫岩も過ぎ、尾根の右側が落ちた登山道も慎重に進み50分で3番地に到着、風邪を避けて一本入れます。
イメージ 5
ここで雨具の上衣を着こみます。ここから富士山が見えるようですがきょうは見えそうにありません。
出発して雲の流れの間に青空が見え、振り返った樹氷はとても綺麗です。
イメージ 6
上るにつれて雪も厚くなり、その踏まれたステップをしっかり蹴り込みながら登っていきます。
イメージ 7

イメージ 8
声は出ていませんが足取りもしっかり、久しぶりの雪を楽しんでいます。ツララは太く何本も下がっています。
イメージ 9
登山者も何組か下りてきますが若者が多いです。笹に雪がかぶさり、九十九の急登を登ると駒ケ岳から続く稜線に出ました。
イメージ 10
平坦な道を進むとすぐに山頂です。
イメージ 11
記念の写真を撮ります。
イメージ 12
ここから2分で絶景スポット、懐かしい景色が待っていました。前回同様、吹き上げる風は強く、綺麗な樹氷の先に街並みが見えます。
イメージ 13
尾根に戻り三角点のある山頂で昼食です。
イメージ 14
寒い中30分近くを山頂で過ごし、下山開始です。
イメージ 15
軽アイゼン装着、慎重に下り3番地で脱着、その先から安全なトラバースルートを進みます。
イメージ 16
順調に下り、1番地の登山口の到着。
イメージ 17
風は一向に止まず、大沼の湖面は波が立っていて、春はもう少し先のようでした。楽しく3回目の黒檜山を登ることができました。ありがとうございます。
テーマ 百名山に登る
山域   黒檜山(赤城山)
山行日  2019427日 曇り時々晴れ
参加者 CL148 392 他2
コースタイム
黒檜山登山口1045〜3番〜1230黒檜山12553番〜黒檜山登山口1435

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事