「らりるれろ」通信 Remark On The MGS

考察系です。ゲームとちょこっと映画です。よろしくお願いいたします<m(__)m>。

全体表示

[ リスト ]





イメージ 1






久しぶりにがつっとゲームやってました。
「Bloodborne The Old Hunters Edition」。
無印の「Bloodborne」は2015年3月にPS4で発売。
ダウンロードコンテンツも込みのオールインワンソフトが「Bloodborne The Old Hunters Edition」。
後でプレイするなら、15年11月に発売された後者が値段的にもお得。
ジャンルはアクションRPGですけど、
これ所謂「死にげー」ですねw
難易度が高く、とにかく死ぬwww 死んでいろいろ憶えるタイプw
かなりなマゾゲーで(笑)久々に出会ったよwこのタイプwwwって思いましたwww
逆を云うと、難しいので攻略のし甲斐はあります。
一応、私も攻略サイトとか攻略動画とか見るんですけど、
基本、初めは見ません。
自分がクリアしたエリアの情報をあとで見て、「ああ、こう云う道もあったのか」とか
「こう云う攻略の仕方もありだよね」と云う感じで見ます。
アクション系は、人によって使う武器も違うし、やり方は様々なので、
ボス戦とか、人の攻略動画も面白いです。
「うわーー!灯台下暗し!この攻略見つけた人凄いなw」って思うことも多いですw




で、「貞子」ですがw
攻略サイトなどで、よく「貞子が〜」というコメントを見かけて
「貞子????」とずっと思ってましたw
このゲームは、ヴィクトリア朝時代がモデルなので、基本、海外歴史もの的な世界観です。
なので、貞子はいるわけもないのですが(笑)。
通称「貞子」と云うモンスターが、本編ではなく、やってもやらなくてもいい
サブダンジョンにいたわけですw
はい、これが貞子ですw
33秒あたりから出現w





これは貞子のネタ動画w
ちなみに貞子は、本名は「守り人の狂人」って名前らしいですw






髪黒くて長いけど、腰巻?みたいな布がスカートぽいのかもしれないが、
最早、男か女かもわからんwwww
名前が解らないから、便宜上「貞子」って名前がプレイヤーの間で通称になった模様w
自分的には、貞子はとにかく奇声をあげて襲ってくるので、
なんか慌てちゃうんですよね(笑)。
落ち着いて対処すれば、そこまで脅威でもないんだけど、
ただ、一撃が重いので、1発当てられると、防御力によっては、防戦一方になりがち。
2本目の動画のプレイヤーは、巨大な人食い豚と貞子のコンボで、かなり慌ててる感じが見て取てるw
豚さんが、貞ちんを突き飛ばしてくれて、かなり運がよかったよねw
私も初めて遭遇した時には「うわーーなんだ?????なんだ????」って感じでしたwww
このゲーム、結構、敵の声で威嚇される感じも強くて、なんかホラー映画でもそうですけど、
音って、ちょっとびびるじゃないですかw
DLCのボスのゴースの遺子とかも奇声がすごくて(笑)、
思わず、TVの音量下げちゃいましたもんwww
ボス戦以外は、特にBGMもないゲームだから、特にボス戦の奇声はすごい感じに思えますw
話はゴシックホラーと云うか、実はコズミックホラー(笑)。
疑似クトゥルフ神話なんだよね。
なので、すごい電波ですwwww
「すげー。味付けが電波じゃなくて、全部電波だよーーーまじかーーー!」って思いましたw
DLCの医療教会と云う一見、健全そうな?名称の組織が運営?している実験棟と云うマップは、
もう――も―――――!!!!マジ精神病院(19世紀くらいの)の世界で(;・∀・)
「ずっと頭のおかしな人の世界にいるようだ!!!!」と、
ちょっとゲームのシステム以前の問題で音をあげそうになりました(笑)。
広くて長いんだよwマップがwwwしかも複雑www
必然的に長居w うわーーん!!!長居したくないよ―――!!!!(涙目)。(´Д`)
明らかに頭のおかしいじじいは車いすでガトリングガン撃ってくるしw
点滴とか輸血パック吊り下げてる棒みたいなので、
無意味に壁ガンガンなぐりつけてる頭の肥大した女性?いるしw これも音がすごいw
たぶん、ゲームスタッフは見てないと思うけど、
1979年のフランク・ランジェラ「ドラキュラ」の精神病院だったかと思うんですけど、
あれに近い禍々しさがあるのぅ。
システム自体はやりがいあるんですど、頭のおかしい人がいっぱい出てくるゲームでありましたよ。。。
でも、PS4でAIは賢いから、ボスの攻撃とかは多彩。
マップも細かいし、本編と同じボスでも、サブダンジョンのマップとの組み合わせで、
攻略の仕方を変えなくてはならなかったり、一撃死も多いので、かなり慎重に進めないといけかったりで、
好きな系のゲームではあるんですよね。
いや電波な世界好きなわけではwww






不満はストーリーかな。
解る人には解ると思うけど、ワタクシ、この世界にはウルサイデスヨ(笑)。
電波が嫌なのではなくて(笑)、実際のヴィクトリア朝ではなくて、
ヴィクトリア朝も模した、仮想の都市ヤーナム(これ明らかにアーカムだろw)
が舞台なんですけど、個人的には、ちゃんとロンドンとか、プロビデンス(笑)が舞台の方がよかったな。
もしくはもろアーカムかw
そんで、実際にニャルさとかヨグさまとか使えばよかったんとちゃう?
版権料ももういらんだろ、と思うんですけど、最近、ポピュラーだからねー、避けたかったのかな?
正直この世界観をビジュアル化するのは難しいと思う。
元のクトゥルフ神話自体が抽象概念で成り立っているし、
「ブラッドボーン」は頑張っているとは思うけど、発狂の概念とかが解りにくい。
カレル文字も、ネクロノミコン的かと思えば、むしろ、アカシックレコード的で、
その割には禁域の森で出会うNPC男とか、変にアラブっぽい感じで
アブドル・アルハザットを意識している感じがするのが、何か半端な印象。
まー要するに、私の不満は、ファンタジーなのか歴史的なのかどうも判然としない点。
使っているビジュアルほど歴史的ではなくて、むしろ、実質的な内容はハイ・ファンタジーの世界観。
日本人の宗教音痴感が悪い方に出ちゃった印象。
「ダークソウル」」みたいにハイ・ファンタジーの方が、この世界観もハマる感じ。
実際的な街にする意味はあまりなかったかな。
ベタでも、ジャック・ザ・リッパ―やセーラムの魔女事件を絡めた方が、
テーマ性ははっきりできたかな。ラブクラフト本人を出しても面白かったろし。
と云う事で、スタッフはがっちり世界観作っているつもりなんだろうけど
私的にはぐらぐらに見える。
そのぐらぐらの世界観の上に、魔法やホラーや宇宙人wがかぶってきて、
「ん?????どうしたいん????」と思ってしまったw
世界観と人間の残虐性とのかみ合わせも悪いしなー。
なんか要素は揃っているのに、揃っているだけに「んーーー(´・ω・`)」な感じw
映画ならあと3回くらい脚本を推敲してほしい(笑)。
とは云いつつも、さすがのPS4のグラフィックや、アクションゲームとしてのシステム構築は見るべきところ。
次回作があればw(売り上げは充分でしょ)世界観強化を求むw
つまらないわけではなく、好きな方向性だからこそ、不満も多くなるのだw
そう云えば、デル・トロラブクラフト「狂気の山脈にて」の企画を、
なんかなしになりそうで、何とかつながっているかなーー的に進めてるけどw
ぜひ実現させてほしいw
クトゥルフは映画では決定的な作品がない。
デル・トロなら面白い作品を作りそうなんだけどなw
あと、ゲームの映画化と云うと、マイケル・ファスベンダーの来年公開予定の「アサシン・クリード」
18年公開予定のアリシア・ヴィキャンデルのリブート版「トゥームレイダー」が楽しみ♪
「アサシン」はもう監督が次回作作りたいって、ファスベンダーに言っているそうwww
「アサシン・クリード」はちゃんと歴史ベース。
「アサシン〜」みたいなヒットゲームあるから、「ブラッドボーン」は
既存のこれらのゲームと差別化したかったんだろうけどね。
映画はちょこちょこ見てるんですけど、
なぜか「残穢」(2016)とか「黒執事」(2014)とか見てしまったよw
あと、邦画翻訳の「許されざる者」(2013)。
主演の渡辺謙は頑張っていたけど、イーストウッドのオリジナルを
監督があまり理解していない感じで映画化してた気がする。
渡辺謙と柄本明モーガン・フリーマンの役)の演技合戦はやりすぎ感があって、笑ってしまったwww
見ごたえはあるんだけどwいや、それ演技のしすぎだからwwwと云う感じがww
あと、悪役(ジーン・ハックマンの役)の佐藤浩市は、
謙さんと柄本明に比べると大根だな、って思ってしまったw
脚本も悪いけどね。
「残穢」は映画化するの難しい原作だと思うんですけど、割とうまくできてました。
は!みなさん!「貞子vs伽椰子」(2016)のDVDは12月発売だよw
結構お笑いと云う意味ではなく、よくできたホラーらしいですよw













閉じる コメント(4)

顔アイコン

貞子 血、出すぎw
豚でかっwww
怖いかなとビビりながら観ちゃいましたが、結構ウケました(笑)
風の音が意外と怖い。
それにしてもゲームが映画になる時代なんだねぇ。

2016/10/21(金) 午後 3:49 pu-ko 返信する

顔アイコン

【pu-koさん】血は出すぎですねw
そそw豚さんかなりでかいですwww人喰うからねwww
貞子は結構アイドルみたいですよ(笑)。
音がね、このゲームはBGMがないので、音はほんと怖いんですよ。
けっこう、自分の足音とかもコツコツ響くしね。
欧米では、ゲームは大人のものだから、ヒットゲームのユーザーを取れれば、映画もヒットする構造がありますしね。

2016/10/21(金) 午後 6:47 [ miskatonic_mgs_b ] 返信する

アバター

こ、怖い、怖い、怖い!
基本的の怖いのダメですけど、ジャパンホラーは特に怖い。(;゜;д;゜;)はうう
ゾンビは何気に大丈夫なんですけどね〜。慣れたのかも( ̄∀ ̄*)イヒッ
ゲーム機もいろいろ新しいのが出て、使い勝手良さそうだけれど、ゲームの難度にすっかりついていけない。(>_<)

フランク・ランジェラのドラキュラご存知でしたか!
当時すごくセクシーだと思ったフランク・ランジェラを懐かしんでブルレイ欲しいと思ってはいるのですよね(^_^;)

2016/10/22(土) 午前 11:26 木蓮 返信する

顔アイコン

【もくれんさん】ゲームも日本産の方が怖いですねw
海外産のはやはり大ざっぱな感じですw
ゾンビは笑える感じもありますよねwww
据え置き機はどんどんハイスペックになってますから、難しくなってはいますね。
ライトユーザーはスマホのゲームが手軽なので、そっち派が多いですよね。

フランク・ランジェラのは昔TVでたまたま見たんですよ。
結構怖かった記憶があります。BD出てるんですか!見なおしてみたいw
「残穢」もすごいジャパニーズホラー的で怖い感じでしたよw
「貞子vs伽椰子」も楽しみですwwww

2016/10/22(土) 午後 1:54 [ miskatonic_mgs_b ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事