「らりるれろ」通信 Remark On The MGS

考察系です。ゲームとちょこっと映画です。よろしくお願いいたします<m(__)m>。

全体表示

[ リスト ]

この四角が消えないんだがwなぜ?www 怪異なのか????!!!!!( ゚Д゚)!!!!




しかし、10月も終わりなのに、夏日ってどうなん?
と云う事で、夏の名残の〜な2本w
と云うかハロウィン🎃だしねw



イメージ 1






「ストレンジャー・コール」(2006)。



何気なくTVで始まったのでサスペンスぽいし、見るかな、と気軽な気持ちで鑑賞。
お話は、


ある夜、裕福な医者夫妻の子供のベビーシッターをする事になった女子高生ジル(カミーラ・ベル)。
医者夫妻は食事に出かけ、広い屋敷には幼い二人の子供とジルのみ。
そんなところに、見知らぬ男から奇妙な電話がかかってくる。
初めはいたずら電話かと思ったジルだったが、男はまるでジルの行動を監視しているかのような……。


と云う感じ。
あれ?これ「夕暮れにベルが鳴る」(1979)とお話が一緒な気がするんだけど?
でも、よくある話と云えばそうなんだよね〜と思いつつも気になってw
途中で調べたら、この映画「夕暮れにベルが鳴る」のリメイクなんですね。
原題はどちらも同じ。
「WHEN A STRANGER CALLS」。
邦題のみが違うようです。
ちなみに、この映画、紛らわしい事にw類似タイトルが複数あります。
「夕闇にベルが鳴る」(2006)と「暗闇にベルが鳴る」(1974)。
「夕暮れに〜」と「夕闇に〜」は、同じ都市伝説をモチーフにしているので、ほぼ設定的な内容は一緒。
「暗闇に〜」も、不審な電話と云うシチュエーションは同じなので、こう云う類似タイトルになっているのでしょう。
ただ、70年代と違って、今は携帯ありますからね、
いくら隔絶されている場所でも、外部への連絡も容易ですよね。
その辺も本作はうまくアレンジされていて、割とサクッと見られるサスペンスでした。
オリジナルの時代には、この手の話は今以上に不気味だっただろうし、
比べると、オリジナルの方が、緊迫感はあるかな〜。
この手の犯罪、サイコキラーや、サイコサスペンスがポピュラーな現代ならではの
リメイク映画の軽さは、考えようによっては怖いような気もしますけどね。
役者は主演のカミーラ・ベルは割と健康的なお色気な感じw
セクシー係は友達役のケイティ・キャシディの方かな。殺されちゃうけどw
あ、今調べたら「暗闇に〜」もリメイクあるんですね。
「ファイナル・デッドコール 暗闇にベルが鳴る」<未>(2006)。
ケイティ・キャシディがこちらでは主演。
なんか、違うシリーズと間違って借りる人いそうなタイトルですがw
この系も、邦題、紛らわしすぎるwwww
で、話も戻しますが「ストレンジャー・コール」は、犯人役の声がランス・ヘンリクセンだったり、
特別出演的に、ジルの父親役としてクラーク・グレッグが出ていたりするのが、
ちょいマニアックかなw
なんか舞台となるお家が、と云うか、医者夫婦の趣味なんだろうけど、
置物とか庭が変に和風な感じが、アメリカ人からするとちょっと怖かったりするのかな?w







イメージ 2






「残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-」(2015)

原作は小野不由美の小説。原作既読で鑑賞。


作家の私(映画では一応、小松由美子と云う役名が設定されてはいるが映画の中には出てはこない。)
が、「怖い話」を自身の著書のあとがきで募集したところ、
「岡谷マンション」の204号室に住む女子大生・久保(橋本愛)から
「今住んでいる部屋で奇妙な音がする」という手紙を受け取る。
手紙を受け取った私(竹内結子)は、
前にも同じマンションの住人から似たような手紙を受け取っており、興味もを持つ。
このマンションの特定の部屋でこの怪異は起こっているのかと思いきや、
同じような現象は、久保の住む部屋だけでなく、複数の部屋で起こっている。
その怪異に、特に影響を受け、引っ越した住人がいる一方で、
マンション全体では、影響のない部屋や影響のない家族も複数いる。
怪異があるのなら、原因があるのでは?
と、久保は行動を起こすが、不動産屋に聞いても、新聞を調べても、
過去にこのマンションで、自殺や殺人事件がにあったと云う事実はない。
しかし、明らかにマンションに入居してからおかしくなった住人や
久保と同じく「畳を掃くような音」を聞いた住人もいるし、子供が奇妙に一点を見つめる、
と証言する住人も出てくる。
私は、マンション自体ではなく、この土地に何らかの問題があるのではないか?
と、久保と一緒に調べ始める。



お話はこんな感じ。
正直、原作はセミドキュメンタリー的な形式で、小説ならでは、の怖さもあるし、
地味な感じだし、で、映画には向かないのでは?と思ってましたが、割とうまく映画化されてました。
なかなかジャパニーズ・ホラー的で、独特ですね。
地味だからこそ、じわじわ来る系、とでも云いますか、
派手な脅しはないんですけれど、誰にでも起こりそうなと云うか、
そこまで調べないよね、家買う時や、部屋を選ぶ時、って感じです。
最終的には九州のとある家に辿り着くんですけど、怪談や怪異の伝搬の仕方、ってのも、
考えると興味深いかも。
どんどん調べていく過程が、けっこううまくできていると云うか、
リアリティがあるのが面白い点かな。
脅し系が好きだとつまらない、って評価になるかも、な、映画ですけど、
うまく小説を視覚化して、複雑な因果関係を解りやすくしたところは映画ならではかな。
役者は特にどうこうはないんですけど(笑)、
原作ではホラー作家の平山夢明が実名で登場しているんですけど、
映画では平岡芳明と変名で佐々木蔵之介が演じています。
この佐々木蔵之介に「いわゆるやばい話」って言われるとなかなかやばそうで(笑)、
うまいな〜って感じですw
主人公の私の夫役を滝藤賢一が演じているんですけど、意外にこの役が効いてました。
主人公の私もちょうど、家を建てようとしていて、それがどうこうはないんですけど、
そう云う地味なエピソードの挿入バランスがいい感じでした。
福岡県出身で心霊マニアの会社員(なんじゃそりゃw)の役を坂口健太郎が演じているのは、
ただの色添えでしょうw この役も原作では実在の作家・福澤徹三です。
原作は、何度も云いますがw 地味なので、映画の終盤、ちょっと脅し的なオリジナル要素があるんですけど、
映画で見せる場合に、なくてもいいんですけど、これは付け足すのは仕方ないかな、と云う感じがしました。
むしろ、うまいのは、EDクレジットの時に見せる「絵」のエピソードかな。
ここは、原作と少し違うので、原作読んでいる人も「そう来るんか」って思えるところかと思います。
淡々としていますが、107分で、長さ的にもちょうどいいかな、な感じでした。
原作も、怖い人はすごく怖い、って思うみたいですが、
怖くない人は、ぴんとこない、って思うみたいです。
ホラーに脅しを期待している人には向きませんが、じわじわ系が好きなら面白く見られると思いますw




しかし、ハロウィン渋谷の混雑凄いねw
最近、東京はクリスマスよりハロウィンが盛り上がるみたいですよ♪









閉じる コメント(4)

アバター

ここ数年の急速なハロウィンの盛り上がりってなんなんでしょうね。
日頃の抑圧を解放できる日になっているのか知らん。
我が田舎ではまだそれほどな感じで、いきなりトリックオアトリートで子供に来られてもおばちゃん困っちゃうけどね〜。( ̄∀ ̄*)イヒッ
残穢はなんか小野不由美ってだけで怖いです。((((;゚Д゚)))))))
ストレンジャーコールはちょっと面白そうですね。

2016/10/31(月) 午前 8:26 木蓮 返信する

顔アイコン

『ストレンジャー・コール』は確か観たような。
でも似たタイトルがいっぱいあってごちゃごちゃになりますね〜。
オリヴィア・ハッセーの『暗闇〜』は、ブラッククリスマスにしたら混乱しなかったのに。と思ったら英語タイトルだけでも3つもあるんですねw

残穢【ざんえ】は怖そうだな。
先日遊びにいった日本人の友人の、学生時代に借りてた貸家(貸し部屋?)の話がめちゃくちゃ怖かった。
その方によると事故物件は借主に告げる義務があるらしいんですが、それは事故後、最初に借りる人にのみ言えばいいらしく、その次に借りる人はもう何も知らされないんだそうです。
そんなぁって感じ。
まぁ安い部屋は気を付けたほうがいいって話ですね。

2016/10/31(月) 午後 3:05 pu-ko 返信する

顔アイコン

【もくれんさん】クリスマスとかって結局カップル仕様だけど、ハロウィンは友達と盛り上がれるのがいいみたいですよ。
子供にお菓子をあげると云うより、こっちではただの仮装して騒ぐ日!みたいになってますw
「残穢」は小説もなかなか面白かったんですけど、映画もうまくできてました。
そのうちTVとかでやるんじゃないっすかね?w
「ストレンジャー・コール」は長くもないし、サクッとみられるサスペンスですよ〜。
機会があれば♪

2016/11/1(火) 午前 0:12 [ miskatonic_mgs_b ] 返信する

顔アイコン

【pu-koさん】英題も邦題も憶えているとよけい「あれ?どれだっけ?」と思うことありますねwwww
「ストレジャー・コール」も調べる時に「夕闇だっけ?夕暮れだっけ?」と思いましたw
「暗闇〜」の方もリメイク見てみたいですけどねw

「残穢」はなかなか怖いですよw
ひとりで見るのはかなり怖いかも。
そそ、次借りる人にしか告知する義務ないみたいですね。
映画の中でも言ってましたけど、最近は、告知しないと後で問題になる事もあるので、割と言うみたいです。
後、事故物件はネットで話題になるので、昔よりは調べやすいかも。
「残穢」の中でも、久保さんの隣に引っ越してきた家族が「少し家賃が安かったのだけど、何かないですよね?」って聞くシーンがあって、案の定、すぐ引っ越してしまったんですけどw
やはり実際借りる時は特に、相場より安い物件は考えちゃいますよね。
お友達のお話聞きたいな〜。

2016/11/1(火) 午前 0:27 [ miskatonic_mgs_b ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事