「らりるれろ」通信 Remark On The MGS

考察系です。ゲームとちょこっと映画です。よろしくお願いいたします<m(__)m>。

全体表示

[ リスト ]



イメージ 1





イメージ 2








「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(2016)。
監督ギャレス・エドワーズ
出演
フェリシティ・ジョーンズ  ジン・アーソ  
ディエゴ・ルナ       キャシアン・アンドー
 ベン・メンデルソーン   オーソン・クレニック
 ドニー・イェン        チアルート・イムウェ
 マッツ・ミケルセン     ゲイリン・アーソ
 アラン・テュディック     K-2SO
  チアン・ウェン       ベイズ・マルバス
 リズ・アーメッド        ボーディー・ルック
 フォレスト・ウィテカー    ソウ・ゲレラ
 ジミー・スミッツ        ベイル・オーガナ
  ジュネヴィーヴ・オライリー   モン・モスマ
 アリスター・ペトリ
  ベン・ダニエルズ  
 ヴァリーン・ケイン       ライラ・アーソ
 ジョナサン・アリス
  イアン・マッケルヒニー
  ファレス・ファレス
   シャロン・ダンカン=ブルースター
  ダンカン・パウ         メルシー
 アンガス・ライト
   ガイ・ヘンリー         モフ・ターキン
 イングヴィルド・デイラ     レイア・オーガナ
 ドリュー・ヘンリー
   アンガス・マッキネス
  ワーウィック・デイヴィス
  アンソニー・ダニエルズ       C-3PO
ジェームズ・アール・ジョーンズ    ダース・ベイダー





ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)は幼いころ、帝国軍に母親を殺され、
科学者の父を連れ去られてしまう。
父親は究極の殺りく兵器「デス・スター」の開発者だった。
長じてジンは父のメッセージを受け取ろうとする同盟軍に利用されようとするが、
彼らが接触しようとしているソウ・ゲレラ(フォレスト・ウィテカー)に対するわだかまりが彼女にはあった。
ゲレラはジンの育ての親だったのだ。
しかし、ジンは好むと好まざるとにかかわらず、戦いに巻き込まれていく。







今回は、まったく予備知識なしで挑みました。

A long time ago,in a galaxy
far,far away....

スター・ウォーズと云えば、おとぎ話的な全体骨格も持っています。
ファンの方は、このシリーズに、リアリティや現実とのリンクも求めていない人も多いでしょう。
でも、それは、本作の監督ギャレス・エドワーズの資質とは全く違う方向性です。
ギャレス監督は、特に戦闘シーンにおいて、現実を映画に落とし込むことが大変うまい監督だからです。
そのせいか?
まず、定番の


A long time ago,in a galaxy
far,far away....


いつもの例のビジュアルとして出てこない。
私は「あれ?」と思いました。
何か違うな。と思わされる感じです。
正直、前半がたるい、と云う感想もわかります。
しかし、この映画で、こう云う話によくありがちな、定番的なエピソードをテンポよく並べたところで、
おとぎ話になるだけで、後半、本作のようなカタルシスは得られないでしょう。
この映画を見ると、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015)のJ・J・エイブラムスが、
いかに秀才肌の監督かわかりますね。
秀才肌が悪いわけではないのですが、エイブラムスは、ソツなく、スタジオの要望通りの
映画を、それなりに面白く作れる才覚があります。
それで職人肌っぽくないところがエイブラムスの特徴だと思うのですが、
それで、どうなるかと云うと、個性はあまりなくなります。
しかし、個性が強ければいいと云うものでもありません(笑)。
なぜならば、今やスター・ウォーズはディズニーブランドの全年齢映画の宿命を背負っているからです。
本作が、全年齢でなければ、私の趣味的にはもっと面白い作品になったかもしれませんが(笑)、
しかし、ディズニーの宿命を背負った映画で、それは許されないでしょう。
今年になってかなり撮り直したと云うのはそう云うことでしょう。
つまり、ファイナルカット権をギャレスは持ってなかったと云うことですね。
しかし、ギャレスのセンスがなければ、この映画は成立しなかったと思うし、
撮り直しを援けたトニー・ギルロイが全編を担当していたら、
もっとおとぎ話的な映画になっていたと思います。
そう云う意味では、ある意味奇跡的な映画ですね。
できれば、ギャレスの思う通りの「ローグ・ワン」をディレクターズ・カットで発売してほしいですw





と、前置きが長くなりましたが、
本作は、絶望と希望の物語です。
でも、もうひとつ、主要キャラクターが自分を取り戻す物語でもあります。
主役のジン(フェリシティ・ジョーンズ)とキャシアン(ディエゴ・ルナ)は、
その生い立ちから、幼いころから戦士として戦うことを要求されてきました。
けれど、ジンは育ての親へのこだわり、実の親への思慕、そこから抜け出せないでいました。
一方、キャシアンも、自分で望んだ戦いとは云え、長ずるに従って、
己の手を、ダーティーワークで汚すことに、わだかまりを感じています。
スター・ウォーズは基本的に親と子の物語りです。
ジンにとってはわかりやすく、育ての親と実の親、
キャシアンにとって、同盟軍の命令は親と同等です。
彼らは、自分の意志と関係なく、どこか漠然と自分の人生を生きてない人たちです。
それがもっと顕著なのは、元帝国のパイロット・ボーディー(リズ・アーメット)でしょう。
彼は物理的に自分の意志を奪われています。
しかし、最後に、彼は本来の目的を取り戻します。
この作品が、最後感動的なのは、
ローグ・ワンの最初で最後のミッションが、


自分の意志で戦わなければ勝てない。そこにこそ希望がある。


と云う思想に貫かれているからです。

戦わない者には絶望しかない。

ローグ・ワンの面々が、初めて自分の意志で挑んだ戦いが、
それが、あのような、誰も生還できない結末を迎えても、
彼らは自分を取り戻した。
それは自分の意志で戦ったからであり、誰もが後悔などしなかったでしょう。
なぜなら、それこそが絶望の果ての希望を象徴しているからです。
そして、物語は
「STAR WARS EPISODE IV A NEW HOPE」に引き継がれる。
何てうまく繋いだんだ!
最後泣く人がいるのもわかります。
圧倒的なデス・スターの破壊力、ダース・ベイダーのダークサイド、
希望だけの物語はただのおとぎ話にしかすぎません。
そして、絶望を表現する力があってこそ、希望が際立つ。
そう云う意味で、ギャレス・エドワーズは監督として適任であったと思います。
彼の戦闘シーンは、どこか、現実の戦闘を彷彿とさせられます。
ジェダでの市街戦は、どこか中東で今起こっている事態を思い起こさせるし、
惑星スカリフでの戦いは、12月と云うこともあって、「おいおいパール・ハーバーかよ!」
って思ったりもしましたが、アメリカ人の感覚からすると、あれはベトナム戦争でしょうね。
実際、ギャレスははじめは「地獄の黙示録」(1979)みたいな映画を撮りたかったらしいし。
ギャレスの持つ、リアリズムと荒廃感はうまく映画に作用しています。
映像もうまいんだよね、前半、割と近視眼的なアングルが多いのですが、
後半は一転して、ロングで見せるショットを多用、
映像としても緩急が効いています。
脚本も、べらべらべらべらしゃべらないところもいい。
俳優に力があるから、そんな喋りも必要ないしね。
ただ、前半は、ちょっとあちこち行きすぎと云うか(笑)世界観を出したいと云うのもあるんだろうけど、
若干、散漫な部分もありましたね。
前半は、私もちょいたるいなーーと思っていたせいか?
とにかく、前半はモフ・ターキン(ピーター・カッシング)が気になってしょうがなかったw
ちなみに、ピーター・カッシングは既に故人。
なのに出番もセリフもは多いわびっくり!wwww
「あれ?ピーター・カッシングって生きてたっけ?????」と思ったほどwwww
「いや死んでるよね、特殊メイクには見えないけど、これCG???」?????
「なんか身体は若いんだよな、顔だけCGなのか????」
と思って帰って調べたら、やはり顔だけCGみたいです。
演技そのものはガイ・ヘンリーと云う役者がやっていて、顔だけCGで作り直しているみたいです。
しかし、いくらCGで何でもできるとは云え、
秒間レート24を10分くらいは出てるよね?ターキン総統、
これをCGに描くのはすごい大変だったと思うよ。1分で144コマだからね。
最後のあの方は、ちょっとだからね。いや、ILMの技術おそるべし!
許可は取ってあると思うけど、存命中の俳優にこれを使う場合は、
肖像権の問題が発生するため、故人の役者の方に多く使用される技術かな。





キャラ的にはみんないいよね。
特に特筆すべきエピソードがないからジン役のフェリシティ・ジョーンズは
レイ役のデイジー・リドリーとの差別化が大変だったと思うけど、うまかったですね。
キャシアン役のディエゴ・ルナもさらっとした演技で現代的。
この役もどんなにでも暑苦しくできるだろうけど(笑)さらりとしているので個人的には好み。
割と設定的には、定番的なキャラが多いが、多いのに、定番的なエピソードがないので、
解りにくいと思う人が多いのも解るんだけどね。
でも、そんなことやったら、作品が古臭くなるだけだと思うがw
ジンの父親役のマッツ・ミケルセンもいい抑えだし、
やはりキャラ的には盲目のチアルート・イムウェを演じたドニー・イェンがかっこよかった。
ギャレスは映画を作る前に「座頭市」黒澤の映画をかなり見たみたいで、
このキャラはいかにも座頭市的、相棒のベイズ・マルバス役チアン・ウェンとのコンビは黒澤的ですね。
R2D2C3POの逆オマージュになってる感じ。
そうそう、本作のドロイド・K-2SO(アラン・テュディック)もよかったですね。
重めな話の中で、浮かない程度にユーモアがあって、ドロイドの場合、
自分の意志なのか、プログラムなのか、判然としないところが、実は話に厚みを与えていると思う。
しかし、今思い返しても、ダース・モールって何だったのか?(笑)。
チアルートの方がぜんぜんかっこいいよ!(笑)。
ソウ・ゲレラのフォレスト・ウィテカーは、なんとなくこの世界とミスマッチ感があるんですけど、
却ってそれがよかったかも。
ソウ・ゲレラってチェ・ゲバラのパロですか?って突っ込みたくはなるw
ボーディー・ルックのりズ・アーメッドはうまかったですね。
すぐ死ぬ役なのかと思ったけどw案外重要なキャラでしたw
オーソン・クレニック役ベン・メンデルソーンもこう云うベタな悪役の方が今だと難しいので、
うまい人なんだと思う。
結構出番多いよねwこの人w
他は、シリーズに出てきている細かいキャラが出ていたり、
後半は特に、エピソード4、5.6に対するオマージュが満載。
映像がすごいから、デス・スターがいかに怖い兵器か今の方が解りやすいね。
音楽も使い方がうまかった。
有名な曲を多用しないで、一転突破的な使用法はセンスを感じさせる。
盛りあがるからって、いっぱい使えばいいってもんでもないしね。
突っ込みどころとしては、そのレバーべたすぎないか????www
ってのと、ギャレス・エドワーズは結構ゲーマーなんだなってところかなw
デス・スターの設計図がある装置が、某ゲームのグラフィックにクリソツなんですけどwww



つまらないって人の意見も解るんですけど、
個人的には面白かったですよ♪




閉じる コメント(7)

アバター

この記事読んで、J.J.の映画が私にはもひとつなわけがわかった気がします。
でもスタートレックイントゥダークネスは好きだ!←しつこい!
ギャレス監督ってそうなんですね。
私もディレクターズカット版見てみたいです!
でも地獄の黙示録はキツイ。もすこしお手柔らかに。(^_^;)

ダース・モール!( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
K−2SOも再プログラミングってところで今回のメンバーにぴったりでしたね。結構好きなキャラです!
確かに前半はターキン提督が気になって気になって、しかもあれだけ出番あって違和感ないのが凄いですよね〜。
4のときにデススターが呆気なさすぎるのが実は気になっていたので、今作でスッキリしました。
TBさせてくださいね。

2016/12/23(金) 午後 10:25 木蓮 返信する

顔アイコン

【もくれんさん】エイブラムスは大人な人なんだな、って気がしますw
自分の個性をことさら前には出さない。
でも、個性がないわけではないからヒットも出るんですよね。
「ローグ・ワン」は撮り直しも多いので、使わなかったカットも多いみたいですね。
まーディズニーからNG出たっての真相じゃないかと思いますが(笑)
それだけに、ぜひディレクターズカットを!って思いますw

ダース・モールってなんか見かけ倒しすぎませんでした?www
K−2SOはいいですよね。そしておいしいところも持っていくし!
だんだん愛着わいてきますよね。
ターキン総統は違和感なさ過ぎて、「まじこれCGか????」ってずっと思いながら見ましたwww
死んでるよね?でも、リー様の年考えると、とか話に関係ないデータを総動員してしまいましたwww
4の時には、デス・スターの弱点は穴すぎる設定と言われていたようですが、それに説得力を持たせた感じなんでしょうね。
TBありがとうございました♪

2016/12/23(金) 午後 10:41 [ miskatonic_mgs_b ] 返信する

顔アイコン

旦那が観るというのでお預け食らってます。
先にこの記事読ませてもらってよかった。
ギャレス監督の持ち味を感じながら観てみたいと思います。
ピーター・カッシングはお顔だけCGなのね。
お顔を出せない役者さんが気の毒だけどw 楽しみです。

2016/12/24(土) 午前 0:32 pu-ko 返信する

顔アイコン

【pu-koさん】公開にタイムラグがない映画ですし、男性がすきそうですよね。SWって。
ピーター・カッシングの役を演じている俳優は、貌の骨格も似てるんですよ。そう云う人を選んでいるんだと思いますが、声はどうしているか解らないんですよね。演じている俳優の元の声が解らないので。
声まで合成で作っているとしたら、かなりすごいですけどね。
こっちでは、賛否は両論なんですけど、前半たるいのは割と共通した意見ですwww
旦那様と楽しんできてくださいね♪

2016/12/24(土) 午前 2:49 [ miskatonic_mgs_b ] 返信する

アバター

ピーター・カッシング、顔だけCGだったんですね。いや〜なんと似ている俳優なのだろうと思って観てました(笑)。
この作品はスピンオフという位置づけでいいんですよね。EP3と4の間の話だけど、本編の流れとは別ものだと思います。だからこそ、この映画での主人公たちはあのような結末で仕方ないのかなと。。

私もほとんど前知識なしで観ましたが、それなりに楽しめました。
たしかに前半、ちょっと長く感じたかも。
でも、後半で盛り返したので満足度は上がりましたが(笑)。

よくも悪くもディズニー映画になった感じがするのは誰もが思うところでしょうか。ディズニーだからこそできることも多いけれど、最初のSWシリーズの雰囲気とは変わってしまうのは仕方ないながらちょっと残念な面も感じます。

遅くなりましたがTBさせてくださいね。

2017/1/28(土) 午後 8:27 choro 返信する

顔アイコン

【Choroさん】最後のレイア姫も同じような感じみたいですよ。
一応役者に演じさせて、後で顔だけCGで差し替える、という手法。
CGはある意味万能なので、映画に対する貢献度は今後も計り知れないですね。
スピンオフとしては、最期をああしたことで、潔く、スパッと終わっていい作品ですよね。
ただ、この映画のキャラで何か作品を作ってほしい、って要望も多いみたいなので、今後何かできるかもしれませんがw
次回のスピンオフはハン・ソロの若いころの話だそうで、これもまた面白そうですよね。

後半うまく盛り上がったので、作品の全体的な印象はよくなりますよね。
アクションは面白かったです♪
ディズニーになったことで、親子で映画館に来ている観客もアメリカでも多いみたいで、もともとSWはスぺオペで、小難しい感じではないエンタメなので、方向性としては悪くないと思います。
ダークな方向は、スピンオフでやろうと思えばできるんでしょうけどw
テーマも親子物の要素も強いし、ある意味向いていると思います。
ディズニーの方向性も。
今年も新作が公開されるので、また楽しみですよね。
TBありがとう

2017/1/30(月) 午後 3:29 [ miskatonic_mgs_b ] 返信する

顔アイコン

単体の作品として素晴らしい内容でした。
みんなの奮闘が切なくもあって泣けました。
この作品の後にエピソード4見たくなりますよね!
TBお願いします。

2017/3/23(木) 午後 1:55 かず 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事