「らりるれろ」通信 Remark On The MGS

考察系です。ゲームとちょこっと映画です。よろしくお願いいたします<m(__)m>。

全体表示

[ リスト ]

◆夏なので@2017🎵




暑いとまじめな映画よりホラーなどを見たくなります(笑)wwww
と云うことでホラー🎵





イメージ 1

イメージ 2





「死霊館 エンフィールド事件」(2016)。THE CONJURING 2
監督 ジェームズ・ワン
出演
ヴェラ・ファーミガ       ロレイン・ウォーレン
パトリック・ウィルソン     エド・ウォーレン
フランシス・オコナー     ペギー・ホジソン
マディソン・ウルフ       ジャネット・ホジソン
サイモン・マクバーニー    モーリス
フランカ・ポテンテ        アニタ
ローレン・エスポジート    マーガレット・ホジソン
パトリック・マコーリー     ジョニー・ホジソン
ベンジャミン・ヘイ       ビリー・ホジソン 
マリア・ドイル・ケネディ    
サイモン・デラニー 
ボブ・アドリアン         
スティーヴ・コールター  
スターリング・ジェリンズ
ジョセフ・ビシャラ 
シャノン・クック
声の出演: ロビン・アトキン・ダウンズ





前作の「死霊館」(2013)が面白かったので続編も鑑賞。
基本的に、主役の心霊研究家ウォーレン夫妻が実在の人物なので、
前作ともども実話ベース。
今作では心霊現象史上有名な、「エンフィールド事件」が題材。
1970年代の事件なので、結構いろいろレトロな雰囲気。
主演のロレイン(ヴェラ・ファーミガ)もクラシカルな感じが似合う人だし、
1970年代のオカルトブームなんかも意識されている作品かも。
内容は今時珍しい正統派オカルト。
エンフィールドの古い家に住むシングルマザーのペギー・ホジソン(フランシス・オコナー)と、
その4人の子供たちに降りかかる怪異。
次女のジャネット(マディソン・ウルフ)が老人の霊に憑りつかれる。
果たして、彼女は本当に霊に憑りつかれているのか?
懐疑的な調査スタッフもいる中で、家族は追い詰められていく。
脅し系と云うよりは本格オカルトなので、割とじわじわ来る感じ。
そこそこ脅しもありますが、行きすぎてないし、「ああ、そう来るんだ」って、
なかなか面白い展開を見せます。
ホジソン家は怪異があるからって、経済的な問題で引っ越せないし、
近所のお友達一家はいい人w
ホジソン家の人たちを面倒みよく支援する。
実際のエンフィールド事件は特に現象の原因とか結論の出ている事件ではないようですが、
この映画では独自解釈で原因を探り出します。
どこまで実際にウォーレン夫妻が体験したものかは不明ですが、
オカルトが好きならかなり楽しめる作品じゃないかと思いますw
ヴェラ・ファーミガと夫役のパトリック・ウィルソンもいい感じですw





イメージ 3


イメージ 4





「貞子vs伽椰子」(2016)。
監督    白石晃士
出演
山本美月   倉橋有里       玉城ティナ   高木鈴花
佐津川愛美   上野夏美       松島正芳   高木透
 堂免一るこ   法柳          菊地麻衣    珠緒
 おぞねせいこ   松井美津子    中野英樹    松井忠則
 清瀬やえこ    小林恵子       佐藤みゆき  橘茜
 三浦透子     森田想      中尾壮位    酒井天満    永嶋美佐子   松井晶
 七海エリー    貞子
 遠藤留奈     伽椰子
 芝本麟太郎    俊雄
 田中美里     高木史子
 甲本雅裕     森繁新一
 安藤政信     常盤経蔵




お笑いかと思いきや、結構アイデアは面白いですよ。
毒を持って毒を制す、と云う感じ。
貞子の呪いを伽椰子をぶつけることで相殺すると云う流れw
99分と時間もコンパクト。
前半は、なんか出演者の演技もかなり。。。。。で「大根すぎないか?w」って
感じなんですが、
中半、常盤経蔵(安藤政信)と盲目の少女・珠緒(菊地麻衣)の霊能者コンビが
現れてからは結構面白くなるw
この二人はキャラが結構立っているので、
二人を主役にしたTVシリーズなんかを作っても面白いと思うけどw
前半の説明とかコンパクトで、結構サクサク進むので見やすいです。
ただ、貞子の呪いで死ぬ人が、人前で死んじゃうのが、若干違和感だったかな。
解りやすいけどねw
それなりにおもしろいんですが、
問題はこれ決着ついてなくないか?って事かなw
割と評判がよかったようなので、次回作もあるかもねwww
役者は、主演の山本美月と玉城ティナは演技も……だしw
まぁ、誰でもいいよねwww的なキャススティングw
前述の安藤政信らが出てきて、映画が締まる感じw
結構アイデアの勝利な作品。
「貞子3D」シリーズなんかよりははるかに面白いですよw










閉じる コメント(6)

わ、オカルトとかホラーは最近観たことがないですが、
1970年代だったんですか?一時洋画でも来ていましたよね。
何作か見たような・・・
いやぁ、初心だったのか、本気でドキドキしながら観たような気がします。
「死霊館 エンフィールド事件」は配役いい人が結構でていますね!
WOWOWに回ってきたら観てみましょうか。
こういうのを見ると、確かに涼感を得られるかもしれませんね。

2017/7/22(土) 午後 9:55 オネム

顔アイコン

【Onemuさん】73年の「エクソシスト」あたりがかなりなオカルトブームだったと思います。
時代的に、モダンホラーの概念がまだ一般的ではなかったし、スプラッタもまだ出はじめだったので、過渡期的に面白いホラー系の映画が多いですね。
オカルト映画もこの時代は面白いのが多いです。
「死霊館」の2作は、正統派のオカルトなので、面白いですよ。
地味すぎず派手すぎず、と云った感じでしょうか。
今年は暑いので、特に見たくなりますねwww

2017/7/22(土) 午後 10:53 [ miskatonic_mgs_b ]

アバター

ホラーと聞くと、ついイロモノと思ってしまうのですが、
正統派オカルトの様ですね。
エクソシスト系なら大丈夫なのですが、
今公開中の「ライフ」とかは評判いいけど遠慮しています。(・・A;)あせあせ
「ライフ」はスルーするけど、「エイリアン」は観に行くというのは違う気もするけど、「エイリアン」は震えながらでも観ずにはいられないし。( ̄∀ ̄*)イヒッ
ってか、暑い夏に公開しろよ!って感じです。

2017/7/23(日) 午前 8:44 木蓮

アバター

ホラーとかオカルトは劇場ではまず観ないジャンルですが、死霊館って実話ベースなんですね。余計に怖そう(笑)。でもパトリック・ウィルソンはこの手の作品になぜか合いますよね。最近全然ミュージカルに出てくれないので寂しいですけど。(^^;
日本のホラーはもっと苦手でして(笑)貞子とか絶対に観れません。オカルトとかホラーは洋画以上に日本モノの方が怖く感じるのですが、なぜかなぁ。(笑)

2017/7/23(日) 午後 4:23 choro

顔アイコン

【もくれんさん】「死霊館」のシリーズはけっこう「エクソシスト」系ですよ。派手な脅しはほとんどないので、スプラッタとか苦手な人の方が面白く見られるのでは?都思いますw
「ライフ」はおもしろそうですけどね。「エイリアン」の方が歴史もありますしねw
9月もまだ暑いかも、ですよ( ;∀;)。
そう云えば、トムトムの「マミー」は行かないんですか?

2017/7/25(火) 午後 0:09 [ miskatonic_mgs_b ]

顔アイコン

【Choroさん】「死霊館」は2作とも、親子物の要素も強いので、怖さもありますが、映画としてよくまとまっている感じです。
パトリック・ウィルソンはクラシカルな雰囲気も似合うし、サラリーマンって感じではないのかもしれませんね。
そそ、せっかく歌えるのにもったいないですよね!
「リング」は東宝の作った1作目が一番怖いですね。
「貞子3D」以降はお笑いなので(笑)全然怖くないですよw
「呪怨」など、湿った感じと「怨念」的な怖さがあるのかもしれませんね、国産ホラーって。
「牡丹灯籠」とか古典系も結構怖いですよね。

2017/7/25(火) 午後 0:14 [ miskatonic_mgs_b ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事