「らりるれろ」通信 Remark On The MGS

考察系です。ゲームとちょこっと映画です。よろしくお願いいたします<m(__)m>。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

◆獄門島。

 
じゃーん!
イメージ 1
 
イメージ 2
予告でここまで出していいんですか?www
 
 
 
獄門島(1977)。
監督 市川崑
出演 石坂浩二       金田一耕助
   司葉子          勝野
   大原麗子         早苗
   草笛光子         お小夜
   東野英治郎       鬼頭嘉右衛門
   内藤武敏         鬼頭与三松
   武田洋和         鬼頭千万太
   浅野ゆう子        鬼頭月代
   中村七枝子       鬼頭雪枝
   一ノ瀬康子        鬼頭花子
   佐分利信         了然和尚
   加藤武           等々力警部
   大滝秀治         分鬼頭儀兵衛
   上條恒彦         清水巡査
   松村達雄         漢方医幸庵
   稲葉義男         荒木村長
   辻萬長            阪東刑事
   小林昭二         竹蔵
   ピーター          鵜飼章三
   三木のり平        床屋の清十郎 
   坂口良子          お七
   池田秀一         了沢
   三谷昇           復員服の男
   荻野目慶子       少女時代の勝野
 
 
 
「俺が島に戻らなければ妹たちが殺される」。
鬼頭千万太(武田洋和)の復員船での臨終間際の言葉がすべての始まりだった。
金田一耕助(石坂浩二)は、その奇妙な言葉を聴いた雨宮に依頼されて、
千万太の故郷、瀬戸内海に浮かぶ獄門島を訪れる。
そして、その島では金田一が訪れたその夜から、
千万太の言葉通り、奇妙な連続殺人事件が起きるのだった。
 
 
 
 
 
 
かなり久しぶりに鑑賞。
原作準拠の観点から見ると、かなり改変がある作品。
一見、一番の改変は犯人が原作とは違う、と云う点ですが、
実はもっとも改変されているのは金田一耕助(石坂浩二)の立ち位置。
原作では、物語の基点となる、鬼頭千万太の遺言を、復員船内で直接聞いたのは金田一なのですが、
映画では、千万太の遺言を直接聞いたのは雨宮と云う金田一の友人になっています。
その雨宮の依頼で、金田一は獄門島に向かいます。
これは、犯人を変えたことによって、金田一を終始、第3者的な立場に置きたいためだろうと思います。
よって、金田一が早苗(大原麗子)に恋するエピソードはカット。
故に、原作とは立場が逆転した早苗の告白と云う局面においても金田一は冷静に対処する。
まぁ、ここまで違うけれど、原作準拠と云う観点で角川映画以降の作品を見れば、
後に作られる2作の「八つ墓村」(野村版は2ヶ月後に公開)よりは、かなりましとも云えますけどねw
 
 
 

 
横溝作品を映画化する際、どうしても、そのおどろおどろしさや、トリックの方を優先させる映像作品が多く、
この作品も、見立て殺人を強調しています。
それと、原作と犯人を変えてしまったおかげで、
この作品が本来持つ恐ろしさと云うか、そう云う部分が抜け落ちていて、そこはある意味残念な作品。
ただ、映像的には、見立て殺人も印象的に見せているし、
建物やロケーション、俳優にわたるまで、もはや今ではこの雰囲気を出すのは不可能では?
とも思わせられるところがあります。
それは、市川崑監督がセルフリメイクした2006年の「犬神家の一族」を見ても明らかでしょう。
作品の時代背景にあった重厚な演技が出来る俳優陣が少ないため、
どうしても、ある程度は薄っぺらい感じになってしまうんですよね。
それと、ちょっとネタバレになりますが、「獄門島」は、複数の人が最後に告白するため、
構成として、最後がちょっと冗長な感じになってます。
その割には群像劇としてはちょっと弱めだしね。
そこは残念ですね。
 
 
 
 

役者は、金田一耕助役、石坂浩二はファンにも定番的な金田一さんですね。
あんまり評判よくないですけど、
個人的には近年の金田一の中では豊川悦司も悪くはないと思いますけどね。
ヒロイン、鬼頭早苗役の大原麗子はきれいですが、このとき31で、案外年なんですね(^_^;。
印象的なのは、分鬼頭の巴役の、太地喜和子
こう云う女優さんももう出ないだろうねぇ。
お小夜役、草笛光子も印象的。しかし、どんだけ魔性の女なんだ、って感じですけどw
モチーフとして「京鹿子娘道成寺」があまりうまく生かせてない印象もありますね。
鬼頭嘉右衛門役の東野英治郎、巴の夫、儀兵衛役の大滝秀治も味がありましたね。
それと、等々力警部役の加藤武。なぜか、瀬戸内海が舞台なのに、
磯川警部じゃなくて等々力さんなんですが(笑)、
この時期では、まだそんなに「よし、わかった!」が定番になっていたとも思えないんですがw
この辺は「悪魔の手毬唄」(1977)とのバランス問題なのかも。
しかし、この時期はほんと人気があったんですね。
「悪魔の手毬唄」「獄門島」「八つ墓村」は同じ年の公開なんですね。
これを見ても、当時どれだけ横溝ブームだったかわかりますよね。
了然和尚の佐分利信は貫禄がありますが、勝野役の司葉子がいまいちかなぁ。
三木のり平小林昭二も味がありますね。
浅野ゆう子荻野目慶子池田秀一が出てるのはトリビアレベルで有名ですねw
しかし、今、こう云う時代の映画を撮るには、日本人の体型自体がもう無理でしょうね。
リメイクの「犬神家〜」の松嶋菜々子もそうですが、身長も高しい、高くなくても、
もう、バランス的に手足も長く、頭も小さいです。
こう云う体型になってしまうと、もはや、ロケーションにどんなにこだわっても、
雰囲気を出すこと自体が無理でしょうからね。
 
 
 

 
ところで、ある統計によると、金田一さんは殺人防御力がかなり低い探偵のようです。
これは、防御率を算出する計算方法の問題もあるようですが、
実際問題「三つ首塔」などでは犯人の自殺を含めて11人も死人を出しているので(^_^;
致し方なし、と云う部分もありますね。
それと、連続殺人事件の方が盛り上がる側面もありますよね(^_^;。
原作が長いので、なかなか原作どおりに映画にするのは難しいと思いますけど、
横溝物は、今映画にしてもウケそうですが、
前述の体型や演技形態の問題以外に、
脚本家や監督に適任者がいない、と云う現状が一番の問題かもしれませんね。
でも、「八つ墓村」の映画は野村版、市川版、両作品とも、
作品の出来・不出来は別にして、原作準拠率が低いので、もう1回映画化もありかな、と思う。
しかし、本当に「八つ墓村」はドラマ、映画版とも全体的に原作準拠率が低い。
まぁ、これには直接的な理由があることにはあるんですが、
うまく脚色すればその部分はどうにでもなると思うので、
ぜひがんばっていただきたい。
「三つ首塔」や未映画化の他の作品でも映画に向いているのもあるので、
現在の規制の問題で、無理な部分もあるとは思いますが、ぜひ、映画製作者にがんばっていただきたい。
って、実は一番の問題は、金田一耕助のキャスティングなのかもね。
 
 
 

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事