純情おばさんはりきり日記

今を精一杯生きる!幸せは自分の心が決める!

全体表示

[ リスト ]

 私の所属する合唱団の指揮者が、4月に新しい楽譜を持って来てくださった。
そして持ち前の美声で、歌ってくださり、この歌ができた訳を教えてくださった。
イメージ 1
 
「群青(ぐんじょう)」は、福島県小高(おがか)中学校の生徒たちがみんなで作詞をし、同校の小田先生が作曲したものだそうである。
福島第一原子力発電所から半径20km圏内に位置する南相馬市小高(おだか)区は、原発事故のため全住民が今なお避難生活を余儀なくされている所である。
大震災のあった日106名いた当時の中学1年生は、2名が津波の犠牲となり、97名がその後の避難生活で全国に散ってしまい、平成24年4月に市内の別の中学校を間借りして学校を再開した時は7名になってしまったそうである。
ある日、誰がどこにいるのかを確かめながら仲間の顔写真を大きな日本地図に貼り付けていると、「遠いね」「でも、この地図の上の空はつながってるね」などのつぶやきが上がり、その日から、「群青」の詩の核となる歌詞作りを始めたとのことである。
離ればなれになってしまった仲間を思って、書き留めた言葉の数々を同校の小田美樹教諭が綴って一つの曲にした。
  今年3月に行われた復興支援コンサート「Harmony for JAPAN 2013」で同校合唱部によって演奏され、会場に大きな感動を呼び起こした。
       ( ユーチューブで聴けます。)
その「群青」が、その日コンサートに居合わせて曲に感銘をうけた作曲家・信長貴富氏の編曲を得て今、日本中に、感動と感銘を込めて歌い継がれようとしているのだそうである。
 
私もユーチューブで実際に中学生が力強いハーモニーで歌い上げる姿を見、素晴らしい合唱を聴き、深く心を揺さぶられた一人である。
 
「他の合唱団で紹介したら、歌いながら泣いちゃう人がいてねぇ・・・」との指揮者のお話である。
 
イメージ 2
 
 
 「群青」
 
ああ あの町で生まれて 君と出会い たくさんの思い抱いて
一緒に時間(とき)を過ごしたね
今 旅立つ日 見える景色は違っても
遠い場所で 君も同じ空 きっと見上げてるはず
 
「またね」と 手を振るけど 明日も会えるのかな
遠ざかる君の笑顔 今でも忘れない
 
あの日見た夕陽 あの日見た花火 いつでも君がいたね
あたりまえが 幸せと知った 自転車をこいで 君と知った海
鮮やかな記憶が 目を閉じれば 群青に染まる
 
あれから2年の日が 僕らの中を過ぎて 3月の風に吹かれて 君を今でも思う
 
響け この歌声
響け 遠くまでも
あの空の彼方へも 大切な すべてに届け
涙のあとにも 見上げた夜空に 希望が光ってるよ
僕らを待つ 群青の町で
 
きっと また会おう
あの町で会おう
僕らの約束は 消えはしない 群青の町で
 
また 会おう 群青の町で・・・
 
イメージ 3
 
 ちなみに群青色はこの町のカラーなのだそうである。
                         いつも見ていた海の色だろうか・・・
 

閉じる コメント(16)

顔アイコン

youtubeで聴きました。
詩の内容も、中学生らしいというか、
落ち着いた素敵な詩ですね。
曲がまた素晴らしい。
落ち着いているけれど、感情がぐっと秘められている、
さびの部分でぐっと盛り上がってきて、
聴いていて引き込まれていくような感じです。
歌いながら泣いてしまう気もち、分かります。
本当に素敵です。
いつか私たちの合唱団でも歌ってみたいです。

2014/4/18(金) 午後 7:26 ゆうこ6 返信する

顔アイコン

早速にゆうこさんに読んで頂いて嬉しいです。
というか、音楽の専門家だからこそ聴いてほしかったのですよ。
きっとゆうこ様も同じ立場なら小田先生のように作詞作曲なさったのではないですか! うちの常任指揮者は、信長貴富さんの大フアンで、今日本で最も活躍している作曲家だとも言っています。
私は作曲とかは分らないのですが、中学1年生の時は106名いて3年生になったら7名しかいなかったという現実には、すさまじいほどのショックを受けました。東北の被災地の先生方は当時も今も大変なんですね。お花見に浮かれていた自分が恥ずかしくなりました。

2014/4/18(金) 午後 9:02 純情 返信する

顔アイコン

ユーチューブで聴かせていただきました。ジーンときました。
純情さんはいろいろな方面でいろいろな事を体験しますね。素晴らしいことですね。私は安易な生活を選んでしているようです。余生が短いからと言い訳して自分の好きな事ばかり。自分には何ができるのかどんなことが世の為になるのか考えさせられました。 東北の被災者の大変さも忘れているようで恥ずかしいです。 あかり

2014/4/18(金) 午後 9:44 [ mpp*j71* ] 返信する

顔アイコン

群青の町、いいですね。

良い歌詞ですね。素晴らしい歌詞です。

素敵な中学生たちですね。

感動の歌詞です。

ナイス☆!!!

2014/4/19(土) 午前 3:15 みー 返信する

顔アイコン

こんばんわ、、

合唱曲、聴いてきましたよ。
だんだんと力強くなる曲想、中学生もこれだけ歌えるんだと感心しました。
日頃の会話などからみんなで詩が造られるなんて素晴らしいですね。

近い将来、唄のようにみんなで再会できれば良いですね☆

2014/4/19(土) 午後 7:38 せんり 返信する

顔アイコン

あかりさんって、何と素直で瑞々しい心をお持ちの方でしょう。
だって、すぐ自分を見直すことができる人だからです。
私を含め、多くの大人は人のことを批判するけれど、自分には甘いことが多い気が致します。
福島の方々の、今もなおの避難生活は本当にお気の毒です。特に子供たちや青少年の皆様には、強く生きて欲しいものです。
祈ることしかできません。

2014/4/20(日) 午前 10:58 純情 返信する

顔アイコン

みーさん、ステキな中学生がいたものですね!
そして又、何と素晴らしい能力をもった先生もいたものでしょう。

歌の力に乗せて、感動が全国に広がって行くといいな、と願っています。

2014/4/20(日) 午前 11:03 純情 返信する

顔アイコン

せんりさんは、絵がお得意ですが、合唱の方は興味がおありですか?

私の田舎の中学生時代は、男の子はろくに声も出さない音楽の授業でした。
あの福島の中学生の歌声を聴くとすごいなぁ〜と思ってしまいます。自分の思いや、願いを歌に託すということは、素直に人の心に響きます。きっと全国に散った仲間に思いは届きます。

2014/4/20(日) 午前 11:08 純情 返信する

顔アイコン

としみさん、音楽はいいですよねぇ〜

お互い、歌うことが大好きなので、歌の力を信じたいです。

きっとこの歌が奇跡を呼んで、早々にみんなで会える機会が訪れるような気がします。

2014/4/20(日) 午後 7:02 純情 返信する

顔アイコン

みんなが会える機会ができる、そうなることを祈っています。

2014/4/20(日) 午後 7:50 [ toshimi523 ] 返信する

顔アイコン

お早うございます。 今日も肌寒いあめです。
この歌詞を読んでいると、胸を詰まらせられますね。
群青とは、町のカラーなんですね。

2014/4/21(月) 午前 8:55 [ yumeno071 ] 返信する

顔アイコン

純情さん。

ユーチュウブで聞かせて頂きました。貴女のおっしゃる通りです。
戦時中の疎開の方が良かったかな。先生も友人も近くに居たし。

親子は離れましたが。生まれて死ぬまで大きな谷が有りますね。
きっと立派な大人に成りますよ。谷が深ければ深いほど。

2014/4/21(月) 午後 5:35 としのー2 返信する

顔アイコン

ゆめのさん、春は行ったり来たりのようですね。
きっと福島県の方は、桜が満開でしょうか・・・
人間界に異変があっても、桜が咲き、季節が巡ってくる事実、少し悲しくはありますが、この中学生たちには、良い人生を作って行って欲しいです。

2014/4/22(火) 午後 9:55 純情 返信する

顔アイコン

としの師匠さんは、いつも含蓄のあるお言葉をくださいますね。
戦時中には、疎開をなさったのですか?
その時の思い出も深いものがあるのだと想像できます・・・
この福島の中学生たちは、これほどの歌を作って素晴らしいです。
何の苦労もなく、ノホホンと過ごしている同年代の子たちと比べれば、苦労が多い分、立派な大人になれるのでしょう。

2014/4/22(火) 午後 10:02 純情 返信する

顔アイコン

純情さん
おはようございます。

なかなか訪問出来なくてすみませんでした。
福島でも何度も取り上げれていた小高中の合唱「群青」と歌ができた経緯は知っておりました。
今朝は改めて YouTubeで聴いて胸が熱いものがこみ上げてきました。

小高町には、主人の兄 2家族 親族縁者友人が未だ帰還できずに
全国へと散らばって避難生活をしています。
本当でしたら「群青」を共に歌えるはずの 兄の孫の中学生は 現在山梨県におります。

あの人が住まなくなった廃墟化した 故郷 小高町を皆さんに見て戴きたいと思います。
福島では 原発事故がニュースにならない日は無いのです。
「群青」の歌のようなドラマが毎日生まれているような福島です。

純情さん こうして記事にして戴きましたことがうれしいです。
皆さんに知って戴き、思いを共にし歌い続けて戴ければと思います。
ありがとうございました。

2014/4/25(金) 午前 7:18 風花 返信する

顔アイコン

風花さん、ごめんなさい。福島県の方ならみんな知っているであろう、小高中学校のこと、私は合唱団の指揮者が紹介してくれなかったら、分らずしまいで終わっていたかもしれません。
特に小高町には、ご主人のお兄様を初め、親戚縁者の方がいらしたのですね〜 本当に申し訳ない思いで一杯です。
福島県の皆様方にとっては、こういう話は、何千何百とあるのですね〜 無力な私ですが、いつもアンテナを高く立て、少しでも皆様方の苦労を心に分けて持ちたいと思います。
コメントを本当にありがとうございました。

2014/4/27(日) 午後 7:15 純情 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事