玩具劇場ガンバランス

初心者からコアな方まで無差別歓迎!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全447ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

 今回は珍しく、かどうか判りませんが、地味っぽいメカを組んでみました。
 衛星探査用の移動式ラボです。

イメージ 2

 低重力下でのみ、低空飛行で移動出来る設定。

イメージ 3

 ベースにしたのは、シティの火山調査シリーズのトレーラー。色が黄緑だったり、火山のマークが付いてるのはそのせいです。

イメージ 4

 後部には調査用のミニビークルを備え付けております。

イメージ 5

 機体のサイドパネル全体が開いて、中が見られます。このギミックは元からそのまま流用。
イメージ 6

 小型ビークルは勿論フィグが乗れます。

イメージ 7

 バック下部には、小型のコンテナ×2もあります。

イメージ 8

 中にはアイスとアイスが入っております。

開く コメント(10)

イメージ 1

ハエちゃん「こんばんわ!ちょうちょうお久しぶり!!令和最初の『ハエちゃんとカビちゃんの無用のレビュー』、四十九回めだよー!!」

カビちゃん「今更な上に耳タコなフレーズ・・・『令和最初で最後』のほうが良いんじゃない」

ハ「確かに今後の予定は無いけど、そういうこと言わんといてっ!」

イメージ 2

ハ「はいっ、今回紹介するのは、このでっけぇはこ!」

カ「玩具としては手の平サイズ」

ハ「ビーストサーガの隠れた名作玩具、ジップロットシリーズのジップダイバーだよ!」

カ「超絶今更な玩具なんだけど、実はこれだけ紹介してなかったらしい。シリーズのほかのアイテムは下のリンク参照」


イメージ 3

ハ「付属のミニフィギュアが、シリーズ初の敵キャラなんだよね」

カ「このシリーズ、パッケージの遊び方例ではこいつらがやられまくってたのに、実際には発売されず、ずっと遊び方どおりの遊びが出来なかった」

ハ「やっぱりわるものあってのいいものだよね!」

イメージ 4

カ「しかし、このジップダイバーがシリーズラストだったので、戦力差はこんなん」

ハ「勝てる気がしない!」

イメージ 5

カ「続いて本体のギミック。その赤いスイッチを押して」

ハ「いえっさー!ぽちっとな」

イメージ 6

ハ「ほわーー!?」

カ「ボタンを押すと、まず四方のパーツがゼンマイでゆっくり展開。その後前面カバーがスプリングで開く」

イメージ 7

ハ「ゼンマイのジーって音がメカ好きマインドを刺激するよね」

カ「ただ、流石にネタ切れか、今までのジップロットに比べると変形が地味」

ハ「でも全部の変形パターンを変えてるって凄いよ」

カ「まあバ○ダイあたりだったら全部同じフォーマットになってたかも」

イメージ 8

ハ「コックピットにはミニフィギュアを乗せられるよ」

カ「閉じると見えなくなるのは残念」

イメージ 9

ハ「アームを開いてミニフィギュアを捕獲したり、」

イメージ 10

カ「船体裏の格納庫に、捕獲したフィギュアを監禁するギミックも搭載」

イメージ 11

ハ「他のフィギュアと絡ませてもゆかいだよ!レゴフィグにも意外としっくり」

カ「出自的に、小サイズのトランスフォーマー玩具と一緒に遊ぶのも吉」

イメージ 12

ハ「ほえ?そう言えばこのリペアベースも紹介してないよ?」

カ「それは既に紹介してるコマンドベースと大して変わらないから別にいい」

ハ「実際には発売されなかったみたいけど、当時は大型基地の発売予定もあったみたいだね」

カ「このジップロットシリーズ、トランスフォーマーのステルスフォースのギミックを受け継ぎながら、価格の割高感、変形以外のプレイバリューの無さ、変化の乏しさなどの弱点をクリアした傑作玩具だったんだけど、売れたとは全くもって言い難かった。当時はもう、メディアミックス展開の成否が玩具の売り上げの殆どを占めるようになってた。微妙きわまるメディア展開だったビーストサーガの、それもメインフィギュアとスケールが合わないサブのラインでは、売れるわけもなし」

ハ「はうー。合掌」

開く コメント(8)

イメージ 1

 今回はちょっとデカめのロボを作ってみました。パーツ取りで大破した、ジェイル・ハウス・ブロックをベースに、ドロボウたちが作ったポンコツロボという設定。実際はジェイル・ハウス・ブロックのパーツを使ってるのは半分くらいです。

イメージ 2

 名前は水陸両用風ですが、実際にイメージしたのはボスボロット。今回は最初の
コンセプトのまま完成した感じ。

イメージ 3

 胴体部はジェイル・ハウス・ブロックの牢屋部分を使っているので中は空洞。

イメージ 4

 よこ。エントツを付けて、ウォーカーマシン的ポンコツ感も付け足しました。

イメージ 5

 後ろ側には、金庫と煙いので外に作られた調理場がくっついてます。

イメージ 6

 金庫は開閉できるほか、取り外しも可。中には勿論札束が入ってます。

イメージ 7

 コックピットは頭部にあります。やっぱ本当はハンドルで運転させたかったんですが、頭部カバーが干渉するので無理でした。

イメージ 8

 胴体上面を開いて、牢屋内を見れます。

イメージ 9

 頭部が無可動なので、ポーズ付けは苦手です。まともに動くのは肩くらいですね。手の平からは、コショウや納豆を噴き出して警官を攻撃する設定。

イメージ 10

 手足はイマイチですが、指は動きます。ウチのロボでは初の五本指。あまり意味がないですが、目玉も動きます。

イメージ 11

 股と足首にも関節有るのですが、クセの強いエクソ関節なのと重量がかなりあるのとで、ポーズ付けにはあまり貢献してません。ほぼハの字で立たせるための関節です。

イメージ 12

 とはいえ、横には結構開くので、バランスとれば片足立ちくらいは出来ます。

開く コメント(10)

イメージ 1

 思うままに作り過ぎて、普通のフィグに合わないゲテモノビークルが出来た時は、バットマンのヴィランが便利ですね。
 というわけで、今回は怪しいモンスターマシンを作ってみました。モチーフにしたのはカメレオンなんですが、横幅があるせいで、そんな感じじゃなくなってしまいました。

イメージ 2

 判り辛いですが、両目の間にコックピットがあります。

イメージ 3

 背中の部分にもう一人乗っています。

イメージ 4

 うしろ。

イメージ 5

 後部フィグ乗せ場所のアップ。フロントの席よりは広そうですが、座席はなく立ち乗りです。

イメージ 6

 ギミックとして、口の部分にスプリングシューター仕込んであります。頭頂部の、黄緑の角が発射スイッチになっています。

イメージ 7

 尻尾クレーンは可動したり挟んだり出来ます。

イメージ 8

 今回は変型ギミックに挑戦してみました。
 まず目玉と背中のカバーを開き、背中からタイヤを出します。

イメージ 9

 胴体の左右ブロックを丸ごと180度回転させます。ここはエクソ関節使ってるので、カチカチとかっちり変形出来ます。

イメージ 10

 細部をちょこちょこ変形させて、謎ビークルが完成。印象は結構変わったんじゃないでしょうか。

イメージ 11

 しかし、変形モノはやはりしんどいですね。クリアランスを確保したり両形態の見栄えを考えたりで、ずいぶん完成に時間かかりました。

イメージ 12

 基本コンセプトは謎重機ですけど、火器も結構付いてます。

イメージ 13

 コックピットを圧迫していたタイヤがいなくなるので、こっちのほうが運転手は快適そう。

イメージ 14

 こちらのモードでは、スプリングシューターに加えて、左右砲塔からフリックミサイルも発射出来ます。後ろのバーで押し出す仕組み。

開く コメント(4)

イメージ 1

 今回のモデルは、ニンジャゴームービーの「ジェイのライトニングジェット」のパーツを多用しています。大体2/3くらいかな。「ジェイのライトニングジェット」って、同じパーツが大量に入ってるのが特色なんですが、役に立つものもある反面、こんなにいっぱいどないせぇ、というパーツも結構あるせいか、かなりお安くゲット(笑)。
 その辺のパーツをメインに何か組めないかと色々考えた末、UFOチックな謎マシンが出来上がりました。

イメージ 2

 なんかZAT基地みたい。
 こういう、四方八方に広がる形は、それこそ同じブロックが四の倍数必要になるので、こういう機会がないとなかなか組めません。

イメージ 3

 上から。作る前にイメージしたのはダンバインのオーラボムだったんですが、どっちかというとガンダムF91のラフレシア風に。アイアンマンでも乗せれば良かったかも(笑)。

イメージ 4

 デカいですが一人乗り。本当は四人くらい乗せたかったんですが、思いのほかスペースに余裕がありませんでした。乗れる人数が減った分、コックピットは豪華仕様。イスは回転します。

イメージ 5

 砲塔を展開して攻撃モードに。ボールジョイントで自由に可動します。

イメージ 6

 更に長いパーツを畳んで着陸モードに。しかし、この脚に使ってるパーツ、あまりにデカ過ぎてなかなか使い道が無いですね。

イメージ 7

 着陸モード上から。

イメージ 8

 着陸モードで砲塔を展開すると、怪しげな侵略マシン風になります。

開く コメント(8)

全447ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事