全体表示

[ リスト ]

住宅紛争審査会

昨日は、住宅紛争審査会運営委員会に参加。
今年から参加する委員会なので少しドキドキしながら参加しました。

住宅紛争審査会というのは、全国に52ある各単位弁護士会に設置されていて、弁護士と建築士が紛争処理委員としてのチームを組み、主に調停手続きによる住宅紛争の解決を図ろうという制度です。

調停というのはいわば話し合いです。

申し立てられた側はびっくりすることと思いますが、調停の申立てというのは、話し合いをしましょうよという申立人の意思表示です。

離婚事件などの場合には調停前置主義といって、離婚裁判をやるなら先に調停をやってねという制度設計になっていて、申し立てられた調停のなかには、「話し合いをしましょうよ。」というスタンスではなく、やらなければ離婚裁判を起こせないからやっているというスタンスのものもあります。

住宅紛争審査会での解決は、本来、裁判で決着することもできる案件を、あえて調停で申し立てるわけですから、話し合いによる解決の余地が十分に見込まれるということになります。

なるべく解決を早めよう(審理期間を短くしよう)という努力もされていますので、住宅に関する紛争がある場合には、是非とも利用をご検討いただければと思います。

最後になりますが、利用できる事件類型に限定がありますので、事前に各弁護士会で確認いただければと思います。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事