全体表示

[ リスト ]

亡者の家

経済学の勉強をしたいと思って、経済学の本を読み進めていたけど、やっぱり無理と思い、普通の読書を再開する。

福澤徹三さん『亡者の家』読了。
筆者の作品は初めて。

読みやすいことは間違いないですね。帯には、定番の「一気読み必至」みたいに書いてあって、内容的にもそうかもしれないけど、読みやすさが一気読み必至の要因なのでは。

物語もシンプルでありながら、なかなか面白いですね。
ただ、物語をもう少し膨らませそうなところとかはあるような・・・。例の女の人のこととか。

そして、最後は正直いまいち。
結論としてはそれでいいにしても、そうなった理由に対する伏線みたいなものがまったくなかったような(読み落とし??)
そういう意味では、少し残念だったかなー。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事