日常

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

敷居は高いのか?

先日、とある会社の社長さんから相談を受けたのですが、相談来るまではやはり弁護士は敷居が高いと思ってましたというようなお話をされていきました。
怒られそうとか、お金を高額に請求されるとか、そんなイメージがあるんですかね。。。

弁護士費用特約

弁護士費用特約とは、
簡単に言えば、あらかじめ保険料を納めておくことで、いざ弁護士を必要とした場合に、弁護士にかかる弁護士費用を保険で賄えるという制度である。

よく登場するのは交通事故の場面。
交通事故被害に遭われた方が、自らが加害者あるいは加害者加入の保険会社と交渉することをせずに、
弁護士に任せることができる。そして、この場合の弁護士費用は保険で出されるから、原則として自己負担はない。
等級への影響もない。
(※「原則として自己負担なし」というのは、保険会社が定める弁護士費用を超えて弁護士費用を定めることができることがあるため。ただし、多くの弁護士は保険会社基準で受任する。)

例えば、後方から追突されて、自動車が破損した場合。
修理代金が10万円を切るようなこともある。
この場合に弁護士に依頼しようと思えば、赤字になる可能性が極めて高い。
弁護士を使えない場合には、加害者加入の保険会社と自ら交渉しなければならない。
加害者が任意保険に加入していない場合は、当該加害者本人との交渉が必要である。
これは一般の方には大きな負担となることが多い。

そんな時、弁護士費用特約に加入していたとすれば、弁護士費用を払うことなく、最初から最後まで弁護士に任せることができるわけである。金額が少額であろうと赤字になることはまずないといえる。

自動車保険などに付帯するタイプの保険の場合には、特約に加入しているかどうか、契約者の方でも把握されていないことも多いので、何かトラブルがあった際には、保険会社に問い合わせ、特約を使える場面かどうかを確認しておくべきです。


最後に若干の蛇足を。
保険会社から弁護士に着手金や報酬金などが支払われるタイミングは保険会社によってまちまち。

ある保険会社は、契約書を送って1週間程度で入金してくれるが、ある保険会社は数ヶ月入金がなかったりと。
支払われる金額には事件処理に必要な「実費」を含むため、実費マイナススタートになることもしばしば。

ということで、何とか改善をお願いしたいところである。


報道で、養育費や賠償金の不払いが横行する中で、裁判所を通じて債務者の口座情報を特定できる新制度の導入をするという法務省発表がありました。

養育費であれ、賠償金であれ、裁判や審判などで結論が出たにもかかわらず支払わない人に対しては、強制執行手続きにより金銭の回収を行うことになるわけですが、これが現実にはなかなか難しいという問題がありました。

というのも、たとえば、銀行にある預金を差し押さえる場合。
銀行名だけでは足りず、その支店名までを特定しなければ差し押さえることができないという現実がありました。
実は支店まで特定できることはそう多くなく、「●●銀行」にありそうなんだけどというところまでは分かっても支店までは特定できない、それゆえ強制執行をあきらめるということもありました(このような課題を乗り越えるべく色々な手段が試みられてきましたが、実現性のある手段の開発には至っていません。)。
あとは、お金に余裕があれば、住んでいる近くの支店を手当たりしだい執行をかけていくという手段もありましたが。


今回の新制度導入がうまく進めば、「●●銀行にある」というところまで分かれば、裁判所を通じて支店の特定ができるということなので、執行の実効性が大幅にアップします。

具体的な制度設計はこれからといったところですが、大枠の話で言えばかなりの朗報かと思います。

弁護士としても判決をもらったけれども実際には回収ができないという依頼者の方々を多く見てきました。
上記制度が軌道に乗っていけば、われわれとしても助かる限りです。


今朝。

「虫がいる!」と嫁にたたき起こされたけれども、

メガネが必要な私にはどこにどんな虫がいるのかもわからない。

慌てふためいたほうがいいような虫さんなのか、

落ち着いて対処可能な虫さんなのか・・・。

リビングに行きメガネを装着。

1センチほどの蛾のような虫さん。

私を叩き起こすようなその反応は間違ってやしないかいお嫁さん。



当番弁護士7件

5月3日。
埼玉弁護士会では祝日ではあるが当番弁護士制度は生きている。

私は当番の待機日ではなかったのだが、大量に入った当番弁護士の出動要請に悲鳴を上げた待機担当者より要請を受けて出動することとなった。

どうやら、合計で7件もの当番要請があったようである。

この7件という数字はなかなかお目にかかれない。というより、初めてお目にかかった。

正直、待機日に3件くれば、「多いな」という印象である。

それが合計7件。夕方4時までに消化することになっているが、さすがに一人では無理。ということで、白羽の矢がたったわけである。

ちなみに7件の内訳は、幸手警察署1件、大宮警察署3件、蕨警察署1件、浦和西警察署1件、新座警察署1件といった感じ。幸手警察署の遠さが際立ち、なかなかにハードな動きが求められる。

私は3件を引き取り接見まわり。接見で終わった方もいれば、そのあとの勾留請求(決定)を阻止する作業が必要となった方も。

というわけで、当番日から翌日にかけてバタバタしていたものがようやく少し落ち着いて現在に至る。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事