過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

現在の穀物相場は?

我々は穀物の未来の値段を予想するつもりだった。しかし現在はあまり穀物の材料などは無視の状況が続いている、今、夜間取引で工業品は値を下げ、穀物は上げている、為替は大きくドル安、一昔前なら。明日の穀物の終値なら換算値にある度近い値に収まったのであろうが、今の夜間の値段を見ても明日の寄り付きのイメージが湧かない。

開く コメント(0)

24日(引け)

コーンは前日比170円安〜20円高

一般大豆大引けは、前日比80〜210円安、Non大豆大引けは、前日比230円安〜300円高

Non−GMO大豆当限は明日納会を迎えるが、渡し方の動向が不透明で、やや高納会との声もあるが、一般的には平穏納会との声も多い。その他限月はマチマチ。
今後の展開は作付進捗率がポイント、しかしNY金と原油の動きのほうが材料視されるだろう

開く コメント(0)

24日(前場)

コーンは小幅安。期先5月限は前週末比70円安の2万0430円。

大豆は一般が期先310円安、NON大豆期先が300円安。

為替が大きくドル安に動いている為もっと穀物も値を崩してもいい展開だったが、買い方が辛抱している模様。 石油が週末海外で値をあげていることもあり、商品全体のトレンドは上向きであろうという思惑がうかがえるが、OPECが、今朝600万バレルの増産体制の見解を示しており、この発表をうけて工業品は寄り付きの高値から値を消し始めている。 夜間取引で原油が下げを大きく見せ始めれば、穀物も追随するだろう。

OPECの記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060424-00000039-kyodo-bus_all

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事