ここから本文です
No movie, no life.
ブログ引っ越しました。https://tabi-no-sora.com/

書庫全体表示

イメージ 1

みなさん絶賛のこの映画、やっと見ました!

  その名にちなんで  THE NAMESAKE  2006年アメリカ・インド制作 122分

あらすじ: 寛容な父アショケ(イルファン・カーン)と思いやりあふれる母アシマ(タブー)の息子として、アメリカで生まれ育ったインド人のゴーゴリ(カル・ペン)。2つの国の文化、2つの名前に翻弄(ほんろう)されながらも、ロックを聴きアメリカ人のガールフレンドもできた。ある日、その珍しい名前に込めた思いを父親に聞かされ、彼の中で何かが少しずつ変化していく。(シネマトゥデイ) 

みなさんのおっしゃるとおり、良い映画でした!

この邦題も映画の内容がわかりやすいですね。


列車の中で、旅を勧められた青年アショケはこう答えます。

「本を読むと居ながらにして旅をしてるようなものだ」と祖父に教えられましたと。

次のシーンでは一転して、アショケは2年間NYに住んでいて、花嫁を探すために帰国しています。

お見合いで結ばれたアショケとアシマ、婚礼後すぐアメリカへ。

アシマにとっては体験したことのない寒さに異文化、

それでも優しいアショケに助けられ、いつしか子供も2人でき、幸せに暮らしていました。

しかし、アメリカで生まれた2人の子供はまるっきりアメリカナイズされていて、

アメリカでもインド式の暮らしを続ける両親を愛してはいるものの、ちょっと疎ましくも思っています。

家族を大切にする文化と個人を尊重する文化。

異国で暮らすことで、より深い夫婦の絆を気づいてきた両親。

自分に流れている血と育った文化の中で翻弄される子供たち。

特に長男ゴーゴリは自分の変わった名前を嫌がり改名したいと言い出します。

この名前の由来を謎として引っぱる演出も効果的でした。


青年が夫となり父親になり、その子供が結婚するまでですから、いろんなエピソードがあります。

その時々の親の気持ちも子供の気持ちもよくわかります。

反発しても結局は血に逆らえなかったり、逆に裏切られたり。

それでも家族の絆は切れません。


また、自我の確立を描いた作品でもあります。

息子たちの自我だけではなく、母であるアシマもアメリカでの結婚生活で自分を見つめてきました。

「25年間インドを恋しいと思ってきたけれど、これからはアメリカが恋しくなるでしょう」

帰国を決めた時のアシマの言葉が物語っています。

帰ってから再び習い始めたインドの楽器とともに歌うエンディングがまた良いです。

インド独自の文化も興味深いです。

ゴーゴリの婚礼シーンにアショカたちの婚礼シーンを重ねる映像も、(゜ーÅ)ホロリときます。

号泣はしませんが、何度かやられましたo(TヘTo) クゥ

  • 顔アイコン

    いろいろなエピソードがまた、よかったですよね。 決して派手さはないんですが、見ごたえがある作品でした。
    インドの風習なども興味深く見れました。
    TB、お願いします。^^

    サムソン

    2009/1/3(土) 午後 11:46

  • 顔アイコン

    色んなメッセージが詰った作品でしたね。(・ω・)bグッ
    映像も綺麗だったし、キャストも泣かせますなぁ〜〜。
    TBさせてもらいますね!

    Kaz.Log

    2009/1/4(日) 午前 0:46

  • これは私も大好きでした。
    散りばめられたエピソードに、アイデンティティに揺れながらも家族、祖国との絆を深める様子がうまく描かれてました。
    TBさせてくださいね。

    pu-ko

    2009/1/4(日) 午前 1:29

  • これは地味に公開されていたのであまり取り上げられていないのかと
    思ってたんですが評判が良かったんですね。
    実は先に原作を読んでいたので、すごくフツーに映画化されてるなぁと
    割と淡々と観てしまいそう強烈に印象に残ってはいませんでした。
    小説もよろしかたらどうぞ。

    shiromi

    2009/1/4(日) 午前 2:34

  • 評判良いんですか〜
    チェックしておきます!

    ももてん

    2009/1/4(日) 午前 4:08

  • アバター

    アショケが素敵な夫であり父親でしたよね。
    ちょっと盛りだくさんな印象は受けてしまったのですが監督の思いの強さを感じました。
    TBさせてもらいますね。

    くみょん

    2009/1/4(日) 午前 9:16

  • 顔アイコン

    サムソンさん
    そうそう淡々としてるようですが、見ごたえありました。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/1/4(日) 午前 9:46

  • 顔アイコン

    Kaz.さん
    ほんとにいろんなことを考えさせられる映画でした。
    キャストも良かったです。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/1/4(日) 午前 9:51

  • 顔アイコン

    pu-koさん
    子供の時にインドに滞在するのを嫌がっていた子供たちも、大人になってからは自国の良いところも認められるようになっていましたね。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/1/4(日) 午前 10:00

  • 顔アイコン

    SHIROMIさん
    昨年のベストの中に入れられている方が多くて(^^ゞ
    見たら納得でした。
    原作も良さそうですね。

    木蓮

    2009/1/4(日) 午前 10:02

  • 顔アイコン

    ももてんさん
    昨年のベストに入れられてる方、特に男性の方に好評な気がします。
    ぜひ♪

    木蓮

    2009/1/4(日) 午前 10:03

  • 顔アイコン

    くみょんさん
    たしかにTVシリーズにしても良いような題材ですよね(^_^;)
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/1/4(日) 午前 10:04

  • 顔アイコン

    これ私も大好きで2007年のベストに入れました。
    ただ公開当時は誰も見てなくて、賛同してくれなくて寂しかったです。そうなんですよね。2つの祖国で揺れる・・というのでしょうか
    素敵でした。TBさせてくださいね。

    car*ou*he*ak

    2009/1/5(月) 午後 11:39

  • 顔アイコン

    カルトゥーシュさん
    ベストに入れられてた気がしたのですが、2007年のベストでしたか(^_^;)
    立場は違えど共感できる内容で、良かったです!
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/1/6(火) 午後 9:09

  • 顔アイコン

    そうそう、号泣はしないのですが私もなぜだか涙がツーと。。。
    2007年劇場で観た印象深い映画のひとつです。
    TBさせて下さいね〜。

    M

    2009/1/7(水) 午前 9:38

  • 顔アイコン

    Mさん
    結構後からもじわじわ来る映画でしたね。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/1/7(水) 午後 8:25

  • 顔アイコン

    これはほんと秀作やったと思いますね〜。2人が知り合い結婚し子供が出来。。観ながらずっと彼らに頑張れ〜〜って思いながら観てたんでアショケの急死には涙が止まらず映画館やのに嗚咽を漏らしそうになりましたよ。今後もずっと心に残っていく映画になるでしょうね。
    TBさせてくださいね〜

    SHIGE

    2009/1/11(日) 午前 10:47

  • 顔アイコン

    SHIGEさん
    病院からの電話のシーンは、嫌な感じが伝わってきて、アシマが悲しむシーンで(T∇T) でした。
    私もこの映画のことは、後々思い出すと思います。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/1/11(日) 午後 8:09

開くトラックバック(7)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事