ここから本文です
No movie, no life.
ブログ引っ越しました。https://tabi-no-sora.com/

書庫全体表示

イメージ 1

 チェ 28歳の革命 CHE: PART ONE/THE ARGENTINE  2008年 米/仏/西制作 132分

あらすじ: 1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感したチェ・ゲバラは、すぐにゲリラ戦の指揮を執るようになる。(シネマトゥデイ) 

エルネスト・チェ・ゲバラについては、『モーターサイクル・ダイヤリーズ』を見たものの、

まだよくわかっていませんでした。

フィデロ・カストロのことでさえ、キューバ革命の人くらいで、その革命についてもわかっていませんでした。

本作は、その革命が描かれています。

映画は、有名な(と言っても知りませんでしたが)国連でのチェ・ゲバラの演説と、

インタヴュアーの質問にチェが答えるシーンと、

実際の革命シーンとが絡みながら進行します。

革命のシーンは淡々としています。

少人数で地道にコツコツと人を集め、育て、訓練しながらの実戦です。

その中でチェの人柄が描かれ、持病の喘息に悩まされながらも常に前線で戦い、

教育に力を入れ、正義を信じ、人々に愛された彼。

革命軍を前にして、自分は農民と農業を尊敬している。彼らを敬うように言うチェ。

インタヴュアーに革命とは?と訊かれ、愛だと答えるところからも、チェが人々に愛された理由が伺えます。

この映画だけで、キューバ革命がわかるわけでも、チェがわかるわけでもないと思います。

チェを演じたベネチオ・デルトロが来日インタヴューで、

この映画を見て、チェ・ゲバラについてもっと知りたいと思ってくれれば成功と言っていましたが、

彼について、歴史について、もっと知らなければ!

と思わせる映画でした。


映画を見る前に予習をするとより分かりやすいと思います。

Cartoucheさんの記事 も参考にさせていただきました。

  • 顔アイコン

    ドキュメンタリー風の作品で、政府側の守備隊の大佐をああいう人物として描くのは、かなり問題ありです。けっこう面白く観てたんですが、一方通行はどうも好みじゃあないみたいです。単身相手の部隊に乗り込み、キューバ人同士殺しあうのはもうたくさんだって、あのシーンは映画らしかったと思いますが…(^^♪。

    shin

    2009/1/14(水) 午前 8:00

    返信する
  • 顔アイコン

    くるみさん
    ゲバラがちょっとだけわかった気もしますが、ちょっとだけですね(^_^;)
    後編も楽しみです。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/1/14(水) 午後 8:10

    返信する
  • 顔アイコン

    Kimさん
    レヴュー流石でした!
    国連総会も興味深かったけど、その状況自体が呑み込めてない私です(^_^;)
    もっと勉強しないとです!
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/1/14(水) 午後 8:15

    返信する
  • 顔アイコン

    しんちゃん
    あのシーンはジ〜ンときました(^^ゞ
    最後の戦い以外は、全てこちらのみの映像でしたものね。
    最後は一方的になっちゃいましたね。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/1/14(水) 午後 8:18

    返信する
  • 顔アイコン

    ゲバラは革命闘争に行き詰まり、後半の作品では多くの人を殺すシーンが出てくるかと思われますが、彼の信念が今もなお若者に共感を得てる部分が興味深いところですね。(・ω・)bグッ 次回作も楽しみです。 TBおかえししますね〜。

    Kaz.Log

    2009/1/15(木) 午後 10:12

    返信する
  • アバター

    本当にそうですね。今までほとんど知らなかったことを映画によって興味を抱き知る事は意義があると思います。
    ここまでカリスマ的な人気を今でも持っているチェと言う人がどういう人なのか、後編を観て答えは出るでしょうか。楽しみです。
    こちらからもTBさせてくださいね♪

    choro

    2009/1/16(金) 午後 8:46

    返信する
  • 顔アイコン

    Kaz.さん
    そうなんですか?
    ますます後半が楽しみです。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/1/17(土) 午前 9:02

    返信する
  • 顔アイコン

    Choroさん
    日本にも来られた方なのにほとんど知りませんでしたね(^_^;)
    後半も楽しみですね。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/1/17(土) 午前 9:04

    返信する
  • アバター

    キューバ革命まではゲバラの「人民のために革命を!」という信条が上手くいかされていたのですが、後半はそれが空回りして苦悩するゲバラが見れるのではと期待しております。
    本作だけでは映画としての評価ができないですね。
    TBお返しさせてもらいますね。

    くみょん

    2009/1/17(土) 午前 11:30

    返信する
  • 顔アイコン

    予備知識が必要と聞いてたんですが僕は「モーターサイクル〜」も観れずウキペディを読んだのみで行ったんですよね^^。
    でも確かに観終わって彼をもっと知りたいと思いましたよね。
    今まで彼について詳しく知らなかったんでこの作品を通じて知れた事が嬉しいです。「39歳〜」もすごく楽しみです♪
    TBさせて下さいね〜

    SHIGE

    2009/1/17(土) 午後 1:22

    返信する
  • 顔アイコン

    くみょんさん
    そうですね。達成感のある前篇でしたが、後半はそうはいかないみたいですね。
    めっちゃ後半への期待が膨らんできました。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/1/17(土) 午後 8:13

    返信する
  • 顔アイコン

    SHIGEさん
    私ももっと詳しく知りたくなりました。
    今度DVD探してみようと思います。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/1/17(土) 午後 8:15

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。
    ほんとうに予習をして観れば良かったと思いました。
    二部作を観る前に、ゲバラの日記を読んで、写真展を観に行こうと思っています。TBさせていただきます。

    ちまこぅmama☆

    2009/1/18(日) 午後 7:25

    返信する
  • アバター

    yukoさん
    はじめまして!
    本も迷うくらいいろいろでてますよね(^_^;)
    写真展やってるんですか?
    タイムリーでいいかも♪
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/1/18(日) 午後 7:58

    返信する
  • コメント、TBありがとうございました。
    皮肉でもなんでもなく、よくできたドキュメンタリー番組のような作品でした。
    過度な演出などなく、かえってそれが作り手のゲバラへの思いを感じさせて。
    TBは「39歳」のほうにさせていただきますね。

    shiromi

    2009/2/13(金) 午前 2:07

    返信する
  • 顔アイコン

    SHIROMIさん
    ほんとにそうでした。
    ドキュメンタリーだと飽きたりもするのですが、そんなこともなく、
    良い感じで演説とインタヴューも入ってました。

    木蓮

    2009/2/13(金) 午前 8:29

    返信する
  • チェ・ゲバラという人物・・・
    正直、全く知りませんでした(>_<)
    学生の頃に世界史で学んだキューバ革命も、カストロしか出てこなかった様な記憶があります。

    ベネチオ・デルトロにまんまとしてやられたのか、チェ・ゲバラの生涯を知りたくて、色々とググってるところです(笑)

    僕的には一番最後の「車を返してこい」というシーンがすごく印象的でした。愛を感じましたね(^_^)

    あれっ?
    「チェ39歳別れの手紙」がありません(>_<)

    [ HIRO ]

    2009/6/23(火) 午後 7:22

    返信する
  • 顔アイコン

    HIRO先輩
    私もTシャツの顔くらいしか知りませんでした(^_^;)
    ドキュメンタリーのDVDも借りてみようと思いつつまだです(・・A;)あせあせ
    レンタルのドキュメンタリーのとこ探してみてください!

    あ!インデックス漏れてました(>_<)
    追加しました!ヾ(;´▽`Aアセアセ

    木蓮

    2009/6/23(火) 午後 7:39

    返信する
  • ソダバーグのドキュメンタリータッチの淡々とした演出と、デル・トロの熱演!
    生涯を革命にかけた男、ゲバラの人生を堪能できる作品でしたね♪

    やっくん

    2010/10/2(土) 午後 10:42

    返信する
  • 顔アイコン

    やっくん
    こちらは上り調子の時なので、ドキドキしながらも盛り上がりました!
    2部作にしたのも結果良かった気がします!
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2010/10/2(土) 午後 10:45

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(15)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事