ここから本文です
No movie, no life.
ブログ引っ越しました。https://tabi-no-sora.com/

書庫全体表示

イメージ 1

今年のオスカーで最多の賞を獲得した本作。

やっとこれだけはこちらでも公開してくれました。

  スラムドッグ$ミリオネア SLUMDOG MILLIONAIRE  2008年米/英制作 120分

あらすじ: テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。
ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。警察の尋問によって、
真実が明らかになっていく。(シネマトゥデイ) 

スラムで育ち教育も受けていないスラムドッグと呼ばれる生い立ちのジャマール。

学者でもなかなか辿り着けない最終問題まで、なぜ彼が進むことが出来たのか?

その問い(A〜Dの4択です)から始まります。

いかさまと疑われて警察へ連行され、イルファン・カーン演じる警部に取り調べられます。

「その名にちなんで」の優しいお父さんは、この映画では拷問に電気を使ったりと容赦ないです。

そこでジャマールは自分が答えを知っていた理由と共に生い立ちを語り始めます。


前半は彼の生い立ちの壮絶さに、眉間に皺を寄せた状態で固まってました。

兄のサリムとのスラムの貧しい生活、宗教暴動で母を亡くし、拾われた相手は子供を使って商売をする奴ら。

なんとかそこから逃げ出した後らは、いろんなことをしながら生きていくわけですが、

ジャマールは残してきた初恋の女性ラティカを思い続けます。

ミステリーから始まり、社会派ドラマ、ラブストーリーへと駆け抜ける物語。


低予算と評判の本作ですけど、そんなこととても気にならない、

むしろ豪華なエンターテイメントと思える満足度でした。

イルファン・カーン以外の俳優さんも知らないのが逆に、リアルです。

最後の問題があの問題という、

ストーリーはちょっと出来すぎとも思えたりもするのですけど、

最後までハラハラさせられます。

インドの現代が感じられるパワーとダニー・ボイル監督のスピード感が上手くマッチしていました。

劇中の音楽も良いし、エンディングのダンスでそれまでの緊張がほどけるのがまた良かったです。

  • 顔アイコン

    サリームも最後の最後にジャマールとラティカのために行動してくれましたね。
    ジャマールの過去が明らかになっていくのを描写で見ていくのがかなり辛かったです。
    ラストはハッピーエンドだったので気持ちよく帰ることはできました。
    EDのダンスシーンがインド映画だなって感じちゃいましたwww

    ken

    2009/4/26(日) 午後 9:56

  • 顔アイコン

    kenさん
    最後に兄弟愛がなくなってなくてホッとしましたけど、サリームは可哀相でしたね。
    兄弟でも生き方が違ってしまうのが、切なかったですね。

    木蓮

    2009/4/28(火) 午前 9:10

  • 顔アイコン

    「スラムドック…」じゃなくて「ジャマールのミリオネア」みたいな題名だったら楽しめたと思うんですが、スラムの描写にちょっとひっかかっちゃたんで、乗れずじまいでした。
    ラストのインド映画お決まりのシーンはよかったんですが…^^♪。

    shin

    2009/4/28(火) 午後 6:12

  • 顔アイコン

    よくできた映画でしたネ(*^_^*)
    パワーをもらえる映画でした。
    こんな映画を見ると、日本は平和ボケして、生きるたくましさが
    なくなってしまったな、と思いますネ。

    ルーシー

    2009/4/30(木) 午前 2:44

  • 本当にいい作品ですよね・・
    私はジャマールよりおにいちゃんの人生に思うことが大きかったです。結局彼は弟を守るっていう使命を背負っていたようにもおもうんですよね・ただまっすぐにいきる弟と違って・・

    [ mom**umi ]

    2009/5/2(土) 午後 6:39

  • 顔アイコン

    しんちゃん
    リズムとエネルギーを感じるスラムのシーンでしたが、現実はもっと厳しいんでしょうね。
    やっぱりエンタメと思ってないといけないんでしょうね。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/5/4(月) 午前 10:43

  • 顔アイコン

    ルーシーさん
    自分も当てはまりますけど、生きるパワーみたいなの忘れてますよね。
    そういうところにも惹かれる映画でした。

    木蓮

    2009/5/4(月) 午前 10:47

  • 顔アイコン

    でぶっちさん
    非常にはなりきれず、肝心なところでは助けてくれるお兄ちゃんでしたね。
    2人の行き方の対比が深みになってました。

    木蓮

    2009/5/4(月) 午前 10:51

  • 顔アイコン

    エネルギッシュで、パワー溢れる一作でしたねぇ。
    ラストのダンスもよかったですよね。 好きな一作になりました。
    TB、お願いします。^^

    サムソン

    2009/5/6(水) 午前 1:05

  • 顔アイコン

    サムソンさん
    人間力ですかね、逆境でもあきらめない一途さ。
    不幸な生い立ちでもグレない素直さ。
    魅力的な映画でした。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/5/6(水) 午後 3:37

  • 遅ればせながら、ようやく観てきました。
    疾走感とか生命力とかを感じながらも、ジャマールの兄サリームに惹かれたので、切ないお話となりました。
    TBさせてくださいね。

    なぎ

    2009/5/6(水) 午後 8:49

  • 顔アイコン

    なぎさん
    サリームが居たからこそのジャマールでした。
    彼は切なかったですね〜。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/5/7(木) 午前 8:52

  • TBありがとうございました。
    あ〜、そうか!イルファン・カーンってどこかで観たはずなんだけど
    勘違いだったかな〜、とずっと頭を悩ませていたので
    「その名にちなんで」のお父さんとわかってスッキリしました〜。
    パンフには他の映画の題名しかのっていなかったので。
    実際にはサリームのような生き方がたくさんあるのではないかと思いました。
    最後のダンスでいきなりインド映画っぽくなって面白かったですね。

    shiromi

    2009/5/25(月) 午前 3:18

  • 顔アイコン

    SHIROMIさん
    あの役しか見てなかったので、今回はガラッと印象が違っていて驚きましたよ(^_^;)
    そうでしょうね。ジャマールのように生きることは難しいんでしょうね。映画の後も子役たちのゴタゴタしたニュース聞きますよね(>_<)
    最後のダンス、良かったです♪
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/5/25(月) 午前 10:31

  • 顔アイコン

    面白い構成でしたね。
    こういう感覚の映画って馴染みがないので新鮮でした!
    TBさせてください!

    かず

    2009/6/22(月) 午前 7:19

  • 顔アイコン

    かずさん
    この構成はちょっと珍しいですよね。
    でも活気があってエネルギーを感じました。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2009/6/22(月) 午前 8:47

  • じ、実はあまり期待していなかったんですけど、めちゃめちゃ見応えありました(汗)
    敢えてクイズ番組を絡ませなくても、彼らの生い立ちを辿るだけの映画でも充分すぎる位、よく出来てたなぁ〜と思いました。
    大人になったラティカがすごくキレイで、恋してしまいそうでした(汗)
    やっぱりインドの映画のラストは、みんなで踊るんですね(笑)

    [ HIRO ]

    2010/1/18(月) 午後 4:29

  • 顔アイコン

    HIRO先輩

    めちゃめちゃ元気出たことないですか〜?
    エネルギッシュでパワーがあって、ほろっともさせられて。
    まさにエンターテイメントな映画でした。

    一緒にインド行きますか?( ´^ー^`)ニヤァリ

    木蓮

    2010/1/18(月) 午後 9:32

  • 最後のダンスでねぇ〜!?なんか全てハッピー・エンドになっちゃたような…
    “Jai Ho!Jai Ho!”で、みんなハッピーだぜぃ♪

    やっくん

    2010/7/26(月) 午後 10:50

  • 顔アイコン

    やっくん

    公開後もなにかと話題が多かった映画ですが、ユニークなストーリー展開とインドの実情が興味深かったですね〜。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2010/10/3(日) 午後 8:34

開くトラックバック(20)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事