No movie, no life.

ブログ引っ越しました。https://tabi-no-sora.com/

全体表示

[ リスト ]

2009年アカデミー外国語映画賞ノミネート作品
 
アカデミー賞は『おくりびと』が取りましたが、ゴールデングローブ賞を受賞しています。
 
イメージ 1
 
                   VALS IM BASHIR/WALTZ WITH BASHIR    2008年イスラエル/仏/独/米 90分
 
あらすじ: 2006年冬、友人のボアズがアリに対して、毎夜みる悪夢に悩まされていると打ち明けた。ボアズは、それがレバノン侵攻の後遺症だという。しかし、アリの記憶からは、レバノンでの出来事が抜け落ちていた。記憶から失われた過去を取り戻すために、アリは世界中に散らばる戦友たちに会いにいく。
 
 
冒頭からとても印象的で
 
これから何が起こるんだろうかと引き込まれました。
 
元兵士であったアリ・フォルマン監督の自身の経験を基に製作した自伝的なドキュメンタリー・アニメーション
 
友人が話す内容を自分が全く覚えていないことに疑問を持った主人公が
 
記憶を取り戻すためにかつての戦友を尋ね歩くのですが、
 
戦友たちもまた同じように記憶が抜け落ちていて・・・・・
 
 
人物と背景のアニメーションが別なので、無表情でも存在感があります。
 
リアリティも十分で、アニメーションの手法だけでも一見の価値あり。
 
手法だけ頼にってるわけではなく、構成もしっかりしているので、
 
そっくりそのまま実写化してもきちんとした映画が出来そうですが、
 
内容が1982年にレバノンで起こったパレスチナ難民大虐殺という、
 
かなり生々しいものなので、アニメーションという手法で良かったのかも。
 
薄れてはいるものの、これが現実だということは、
 
最後にしっかりわからせてくれます。
 
戦争について直接的に描いてないところが、
 
ちょっと『ハート・ロッカー』を思い出しました。
 
 
この前年度ノミネートのイスラエル制作の映画
 
『ボーフォート -レバノンからの撤退- 』
 
と見比べてみるのも良い気がします。
 
 

閉じる コメント(18)

顔アイコン

ほんとこれ実写だったら重すぎて
見られなかったかもしれません。
ラストが効いてますよね!
そうそう。『ハート・ロッカ』との共通点があるかもしれません。
TBさせてくださいね。

2011/4/24(日) 午後 11:17 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

この映画、ワルツのように踊りながら銃を撃つ兵士が異常でした。これが戦争だということでしょう。

2011/4/24(日) 午後 11:26 mossan 返信する

顔アイコン

カルトゥーシュさん

このテーマだとビビって見れないところでしたが、アニメーションに引き込まれて見たってのもありました。
それまでちょっと非現実な感じだったのが、ラストで一気に引き戻されましたね。
TBありがとうございます♪

2011/4/24(日) 午後 11:29 木蓮 返信する

顔アイコン

もっさん

あのシーンも音楽といい、印象的でしたね。
人間ってとことん非道にもなれるところが恐ろしいです(-_-;)
TBありがとうございます♪

2011/4/24(日) 午後 11:31 木蓮 返信する

顔アイコン

こういう映画がアニメーションって、斬新ですよねぇ〜。
ラストシーンに戸惑いつつも、この重みから目を背けてはいけないのでしょうね。
TB、させてくださいませ。^^

2011/4/24(日) 午後 11:50 サムソン 返信する

顔アイコン

アニメーションの手法も凝っているんですが、そこまで凝らなくてもwて感じもしました。
が、日本のアニメとまた違った作り方でその辺も面白かったです。
ミステリータッチで話が進むので題材の割に見やすいですよね。
音楽の使い方もうまかったですね。
おっしゃるように、「ボーフォート -レバノンからの撤退-」や「レバノン」と比べてみたい作品ですよね。
TBさせてくださいね。

2011/4/25(月) 午前 1:48 [ miskatonic_mgs_b ] 返信する

顔アイコン

これがアカデミー賞にノミネートされた時期が悪かったですね〜。
イスラエルがハマスへの空爆で国際的な非難を受けてる時期だったし。
でも、悪夢のファンタジーって感覚のアニメは質が高かったですね。
その前に、内容もそうとうシビアだし。 ラストの実写が衝撃でしたね〜。

2011/4/25(月) 午後 7:10 Kaz.Log 返信する

アバター

そうですね。これはアニメだから観やすかったように思います。
確かに「ハート・ロッカー」に通ずるものもありますね。
ラストの実写は忘れられないです。
TBさせてくださいね♪

2011/4/25(月) 午後 10:40 choro 返信する

顔アイコン

サムソンさん

ドキュメンタリーってところが斬新でしたね。
最後にちゃんと現実であることを忘れさせないところが、真実の重さを感じましたね。
TBありがとうございます♪

2011/4/29(金) 午後 7:08 木蓮 返信する

顔アイコン

miskaさん

手が込んでるって感じでした。
CGじゃないほうがインパクトある気もします。
歴史もちゃんと理解しておかないとと思うのですが〜(・・A;)あせあせ
TBありがとうございます♪

2011/4/29(金) 午後 7:11 木蓮 返信する

顔アイコン

Kaz.さん

まさに悪夢のファンタジーでした!
ほんと賞を取るのも納得の作品でした。

2011/4/29(金) 午後 7:14 木蓮 返信する

顔アイコン

Choroさん

アニメでなかったらなかなか手を出せなかった気がします。
結局戦争ってどこで起こっても同じなんでしょうね。
TBありがとうございます♪

2011/4/29(金) 午後 7:15 木蓮 返信する

そうですね。残虐な部分はアニメだからみやすいというのもありまいsた。実写だったら描けないものもあったでしょうね。TBお返ししますね

2011/7/25(月) 午前 2:20 LAGUNA 返信する

顔アイコン

らぐなさん

まただから最後のシーンが効きましたよね(-_-;)
ここまで話題になったのもアニメだったからな気がします!
TBありがとうございます♪

2011/7/25(月) 午後 8:36 木蓮 返信する

独特の手法のアニメでしたが、その分見やすい部分も確かにあった気がするし、
記憶のあいまいな主人公の心情をファンタジー的に描いているのも面白かったですね。
『ボーフォート -レバノンからの撤退- 』はかなりリアルだったので好対照ですね。
ずっと前にTBいただいてたのに、お返しが遅れて申し訳ないです。
TBさせてくださいね。

2011/7/28(木) 午前 6:40 pu-ko 返信する

顔アイコン

pu-koさん

ドキュメンタリーなんだけど、アニメなので見やすかったですね。
『ボーフォート -レバノンからの撤退- 』はリアルなんですね。
いえいえ、TBありがとうございます♪

2011/7/29(金) 午前 8:12 木蓮 返信する

顔アイコン

ともすると美しさも感じさせるアニメーション映像で、残虐さはまるでないのに、戦争の狂気と凄惨さが伝わってくる作品でした。
観るべき映画…ですよね。
TBさせて下さいませ。

2012/3/29(木) 午前 9:51 M 返信する

顔アイコン

Mさん

そうそう海の中から街を見るシーンとか内容とは裏腹に綺麗でしたね。
攻撃しているほうも普通では居られない状況ですよね。
『ボーフォート〜』でもそうでしたけど、指令を出すところと現場との温度差みたいなものも感じました。
TBありがとうございます♪

2012/3/31(土) 午後 4:02 木蓮 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事