No movie, no life.

ブログ引っ越しました。https://tabi-no-sora.com/

全体表示

[ リスト ]

「純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる・・・」
 
ああ、怖かったですね〜!
 
心理スリラーですけど、ゴシックホラーのような雰囲気も!
 
イメージ 1
 
                           BLACK SWAN                2010年 108分
 
あらすじ: ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウィノナ・ライダー)を降板させ、新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を行うことを決定する。そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされるが、気品あふれる白鳥は心配ないものの、狡猾(こうかつ)で官能的な黒鳥を演じることに不安があり……。
 
 
始まってすぐ、ニナが劇場へ歩いている後姿を追いかける映像がハンディカメラのような手ぶれで、
 
それだけで彼女の心中が穏やかでないことがわかるんですね。
 
胸のざわつき(手ぶれ映像苦手^_^;)と、全編通して彼女の不安が伝染したように落ち着かない気分でした!
 
 
清純で臆病でおとなしいニナ
 
「白鳥の湖」のプリマ役を掴んだものの、彼女と全く逆の奔放で妖艶な黒鳥を演じられなければらない。
 
元プリマや他のバレリーナからの嫉妬
 
黒鳥役にピッタリな性格のリリーに対する羨望
 
彼女の成長を恐れる過干渉な母親
 
そんな中、彼女のプレッシャーはピークに達し、精神が崩れていく。
 
 
ナタリー・ポートマンは、完璧主義なだけに脆いニナを熱演!その演技はさすが主演賞受賞
 
4歳からダンスのレッスンをしていたとはいえ、撮影前10か月のトレーニングでここまで踊れるとは!
 
ライバルのリリーにミラ・クニス
 
引退に追いやられるプリマ、べス役はエンドクレジットを見るまでウィノナ・ライダーと気付かず(>_<)
 
ヴァンサン・カッセルも年取っちゃったな〜(・_・;) いかにもな感じで良かったですが(^_^;)
 
母親役のバーバラ・ハーシーに至っては言わずもがな(-_-;)
 
監督は『レスラー』のダーレン・アロノフスキー
 
 
もっと華やかなイメージだったのですが、意外に地味な映像でした。
 
乾いた映像ですが、途中目を背けるシーンもいきなりあって!(゜ロ゜ノ)ノヒイィィ!
 
観てて気分がずっとザワザワっとしてました!(・_・;)
 
クライマックスのダンスシーンは圧巻、映画ならではの演出でしたね。

閉じる コメント(44)

人間の脆さとか弱さとかを見せつけられた気がしました。
ニナと周囲の人間の対比も素晴らしかったし、もちろんナタリーの演技はアカデミー受賞に頷けるくらいに素晴らしかったです。
TBさせてくださいね☆

2011/5/25(水) 午後 10:14 なぎ 返信する

顔アイコン

なぎさん

壊れていく過程も興味深かったですよね。
怖かったけど(^_^;)
演技はもう文句なかったです!
TBありがとうございます♪

2011/5/26(木) 午後 10:47 木蓮 返信する

顔アイコン

ニナのような脆い性格でプリマになれること自体が、バレエの世界にいた人には??なのだそうです。そういわれればそうかなとも思います。作品はホラーみたいなシーンがいくつかああって、そういうの大好きな私としてはエンタメとしても楽しめました^_^;
こちらからもTBお願いします。

2011/5/27(金) 午後 10:58 オネム 返信する

アバター

オネムさん

そうですよね、精神力が強くないと生き残れない世界な気がしますね。
コメ&TB、2回づついただいてありがとうございます!(^^ゞ

2011/5/28(土) 午前 10:34 木蓮 返信する

顔アイコン

ナタリー・ポートマンの魅力でみせた作品?といってもいいかなって思います。彼女はほんとうは笑顔が魅力の女優さんなんですが…。
「レスラー」は私の大好きな作品です。大きな期待を持ってごらん下さい。期待に背くことはないと思ってます…(^^♪。

2011/6/27(月) 午後 2:40 shin 返信する

顔アイコン

しんちゃん

ナタリーはず〜っと不安そうでしたよね。
笑顔を封印しての演技が章に結びついたんですね。
今度は彼女の笑顔を見に、『マイティ・ソー』に行きましょうか(^^ゞ
TBありがとうございます♪

2011/6/27(月) 午後 10:36 木蓮 返信する

顔アイコン

凄いの一言でした!
迫力も、演技も全てに圧倒されたという感じです。
これは今年通して記憶に残る作品になるな〜。
TBがなぜだかできないので、またトライします!

2011/7/31(日) 午前 10:59 かず 返信する

顔アイコン

かずさん

心理面でもバレー面でも大変な演技でしたね。
ナタリーの代表作になることは間違いないですね。
TB出来ない時ってありますよね(-_-;)

2011/7/31(日) 午後 8:14 木蓮 返信する

僕も手ぶれカメラの映像苦手でして序盤「カメラ揺らすなや〜」と
(笑)でも途中からそんな細かいことぶっ飛ぶ展開でしたね。
清純な女性は、どうやっても基本清純なんです。それを無理に破壊しようとする姿をナタリーほんと熱演でした。素晴らしい映画です
TB&ぽち

2011/9/10(土) 午後 8:19 pony 返信する

顔アイコン

ポニーさん

グイグイ引き込まれましたよね。
ナタリーがいきなり妖艶な役っていうのはやはり違う気がしますよね。
この映画はキャスティングも良かったと思います。
TB&ポチありがとうございます!

2011/9/10(土) 午後 10:39 木蓮 返信する

怖い気持ちと、ナタリー・ポートマンの色気に終始ドキドキでした(*_*)

って、同じくウィノナ・ライダーには気付かず(>_<)
も、もしかして、女優復帰作とか?(^_^;)

2011/9/30(金) 午後 8:30 [ HIRO ] 返信する

顔アイコン

HIRO先輩

こういうのも見るんですね。
ナタリーのファンだったとか?( 。・_・)ジッ
ウィノナはボチボチ出てるんですがは役が多いんですよね(^_^;)

2011/10/1(土) 午後 0:46 木蓮 返信する

顔アイコン

いや〜、ナタリーの繊細な演技、お見事でしたね。
ミラ・クニスとチョメチョメなことをしているときの、あの悶えた表情がまた・・ よかったですぅ〜。 んん。
TB、させてくださいね。^^

2011/10/29(土) 午後 11:48 サムソン 返信する

顔アイコン

サムソンさん

今まで子役のイメージから抜け切れてなかったのが、いろんな意味で大人の女優となりましたね。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
TBありがとうございます♪

2011/10/30(日) 午後 11:37 木蓮 返信する

ナタリー・ポートマンの演技は、凄み、熱意、鬼気迫るものがありましたね!
誰もが納得の、アカデミー賞受賞ではなかったでしょうか(^o^)丿
ダーレン・アロノフスキーの演出も、ホラー映画と見まがうばかりでしたが素晴らしかったです♪

2012/2/3(金) 午前 6:55 やっくん 返信する

顔アイコン

やっくん

ナタリーの受賞は納得の演技でしたね。
昨年のベストにこの映画を入れられてる方も多かったですね
TBありがとうございます♪

2012/2/4(土) 午前 8:27 木蓮 返信する

顔アイコン

あまり観ないタイプの作品ですが、あまりの評判っぷりに観ずにはおれませんでした。噂通りの怖さ!噂以上の演技!
クライマックスの舞台は劇場で観たかったな〜。

TBヨロシクです。

2012/2/8(水) 午後 7:13 どらごんづ★ 返信する

顔アイコン

どらごんづさん

劇場で見たら、すんごい怖かったですよ〜!
これは見とかないと!の1作でした!
TBありがとうございます♪

2012/2/8(水) 午後 8:01 木蓮 返信する

顔アイコン

冒頭の場面の作り方でニーナの不安定な感情をあらわしているとのご指摘には感服しました。言われてみればその通りで、あそこからもう映画の雰囲気に引き込まれましたね。
TBさせてください。

2012/5/12(土) 午後 10:10 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

あきりんさん

そんな気がしたってだけなんですが(^^ゞ
ホント冒頭からダーレン・アロノフスキーワールドに絡めとられてましたね(^_^;)
TBありがとうございます♪

2012/5/13(日) 午後 5:04 木蓮 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(17)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事