ここから本文です
No movie, no life.
ブログ引っ越しました。https://tabi-no-sora.com/

書庫全体表示


1週間前にシネマイクスピアリで観た
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
テーマ曲と共に頭の中で反芻していました。

イメージ 1
THE IMITATION GAME 2014年英/米 115分

あらすじ:1939年。ドイツ軍と戦う連合軍にとって、敵の暗号機“エニグマ”の解読は勝利のために欠かせない最重要課題だった。しかしエニグマは、天文学的な組み合わせパターンを有しており、解読は事実上不可能といわれる史上最強の暗号機だった。そんな中、イギリスではMI6のもとにチェスのチャンピオンをはじめ様々な分野の精鋭が集められ、解読チームが組織される。その中に天才数学者アラン・チューリングの姿もあった。しかし彼は、共同作業に加わろうとせず、勝手に奇妙なマシンを作り始めてしまう。次第に孤立を深めていくチューリングだったが、クロスワードパズルの天才ジョーンがチームに加わると、彼女がチューリングの良き理解者となり、周囲との溝を埋めていく。やがて解読チームはまとまりを見せ始め、エニグマ解読まであと一歩のところまで迫っていくチューリングだったが…。(allcinemaより)


イギリスの数学者であり、第二次大戦時にドイツ軍の暗号機“エニグマ”の解読に成功し、コンピュータの前身となるチューリングマシンを発明したアラン・チューリングの伝記的映画であり、彼の偉業だけでなく心の葛藤も描いています。

まあ正直なところ、ベネディクト・カンバーバッチがアラン・チューリングを演じると聞いても、名前を聞いたことがある程度の知識しか無く(・・A;)あせあせ
エニグマを解読した人と聞いても、まったくピンときませんでした( ̄∀ ̄*)イヒッ
そんな私でもこの映画を観ると、チューリングが達成した偉業がどれほどであったのかが分かり、また彼の孤独や苦しみが伝わってきました。

そのアラン・チューリングを演じたベネディクト・カンバーバッチ、ホーキング、ゴッホ、ホームズなど変わり者の天才を数々演じているので、また同じ様な役かと思われる方も居るでしょうが、一つとして同じ様に感じる役は無く、今回のチューリングはとても繊細で、無垢とも言えるくらい純粋にひたすらマシンに情熱を注いでいる姿、もうこの人のファンであることが誇らしい天晴な演技でした。
チューリングの2番目の理解者であるジョーン・クラークにキーラ・ナイトレイ、女性に厳しい時代に、自分らしい生き方を求める賢くて強い女性役はピッタリ。
エニグマ解読メンバーのヒュー・アレグザンダーに『シングルマン』のマシュー・グード、ジョン・ケアンクロスに「ダウントン・アビー」シリーズのアラン・リーチ、ピーター・ヒルトンにマシュー・ビアード、MI6のミンギスにマーク・ストロング、デニストン中佐にチャールズ・ダンス、ノック刑事に007シリーズでタナー役のローリー・キニアなど。
脚本はアカデミー脚本賞受賞の素晴らしいスピーチが記憶に新しいグレアム・ムーア
監督はノルウェーのモルテン・ティルドゥム

とても余韻が残る良い映画ですよ!
チューリングのドラマを通して、暗号が解読出来るのかというドキドキもあり、解読したところで終わってしまうのではなく、その先にまた驚きのドラマが有り、まさに歴史の一面がわかる面白さは、流石の脚本の上手さですね。
と共に、最近まで認められることのなかったチューリングの内面を深く描いています。演じるベネディクト・カンバーバッチの繊細な演技。もちろん他のキャストも素晴らしく、パームスプリングス国際映画祭では、ベストアンサンブル演技賞を受賞。
チューリングはアスペルガー症候群だったのではと言われていて、冒頭では鼻持ちならないくらい傲慢。文章で書くとまるでシャーロックなのですが、まったく違うんですよ。次第に傲慢さは純粋さの裏返しでなのが分かってきます。チューリングの孤独の深さ。刑事との会話では、自分の生涯を悟っているかの様な、人生を諦めている様な静けさ。地位も名誉もお金も求めず、ひたすら初恋の人の名前を付けたマシンとの時間に費やしているのが切なく、彼の天才的な才能を結果的につぶしてしまった当時の悪法に悲しくなります。
ラストの焚き火を皆で囲むシーンがとても美しく、また一層切なくなりました。

とても良い映画だと思うので、ぜひぜひぜひ劇場へ!
私も5月にまた観るぞ〜!






  • 顔アイコン

    絶賛ですねw
    今週には行けそうです。楽しみ♪
    チューリングは生きていたらコンピューター史も変わったと思いますね。
    少し早すぎたのと、本人の資質が時代と会わなかったのが悲劇ですね。
    あと、戦後の冷戦構造もね、悲劇的な一因かと思います。
    ともかく見てきたらまたおじゃましますね♪

    [ miskatonic_mgs_b ]

    2015/3/22(日) 午後 6:09

    返信する
  • 顔アイコン

    > einhorn2233さん

    学問に対する自信しか、彼に持てるものはなかったのかもしれませんね。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2015/3/22(日) 午後 7:34

    返信する
  • 顔アイコン

    > miskatonic_mgs_bさん

    贔屓目が入ってますけど、贔屓抜きでも良い映画だと思いますよ(*´∀`)
    miskaさんの感想楽しみにしてま〜す!

    木蓮

    2015/3/22(日) 午後 7:42

    返信する
  • 顔アイコン

    悲劇の作品ですが、カンバーバッジの演技と、アランの生涯に圧倒されましたね。
    主演男優賞は逃しましたが、素晴らしい演技でした。
    アラン・チューリングの人生、大功績の人物だったことを教えられました。
    TBお願いします。

    atts1964

    2015/3/22(日) 午後 9:58

    返信する
  • 顔アイコン

    > atts1964さん

    悲しくて切ない話でしたが、歴史の一面が垣間見れる面白さが有りましたね。
    演技お褒めいただきありがとうございます(*´∀`)
    TB&ナイスもありがとうございます♪

    木蓮

    2015/3/22(日) 午後 10:26

    返信する
  • 顔アイコン

    気合が入ってますね! さすがさすが!
    また観たら、ゆっくりと・・・と思いつつ、こちらに来るかどうか〜?? うーむ、可能性が低いなぁ(´ヘ`;)

    keroyon

    2015/3/25(水) 午前 2:06

    返信する
  • 顔アイコン

    > keroyonちゃん

    映画館で演技観るのって久しぶりだからね。
    スマウグさんも良かったけど、やはり生身が良いっす♪
    5月に帰省しようよ!( 。・_・)ジッ

    木蓮

    2015/3/25(水) 午後 10:54

    返信する
  • 顔アイコン

    シャーロックとは同じには見えませんよね。
    カンバーバッチさんはスクリーン映えする役者だと思いました。
    なんか全体的に惜しい、とちょっと思ってしまう映画でした。
    つまらなくはないし、演技陣もいいんですが、若干、焦点が甘いような気がしたので。
    ラストは余韻がありますね。
    ジョーンに救いを求められるような人なら、あんなに苦しまなかったのに、と思います。
    TBさせてくださいね。

    [ miskatonic_mgs_b ]

    2015/3/26(木) 午後 10:24

    返信する
  • 顔アイコン

    > miskatonic_mgs_bさん

    久しぶりにスクリーンで観ると、やはり良いです♪
    ベネディクトの演技については概ね高評価ですが、映画については厳しい意見もありますね。
    エニグマ解読後が急に失速する気はしました。
    そうですね〜、ジョーンでは救いにならなかったんですよね(´Д⊂ヽ
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2015/3/26(木) 午後 11:07

    返信する
  • 顔アイコン

    ***さん

    見ました!ありがとうございます♪
    ローリー・キニアを使ったのは、重要なポジションにするつもりだったのでしょうね。
    最初の笑顔が〜(´Д⊂ヽ
    あの焚き火のシーンも違う意味になってますね。

    木蓮

    2015/3/27(金) 午後 11:15

    返信する
  • アバター

    これはせつないけれどいい映画でしたね〜
    私もチューリングのことは知りませんでしたが、IT関係の方などはよく知っている人だったようです。(^^;
    天才肌の人は幸福に疎いというのはやはり本当なのかも。一筋過ぎるんですね。
    遅くなりすみません。TBさせてくださいね。

    choro

    2015/4/1(水) 午後 8:29

    返信する
  • 顔アイコン

    > choroさん

    この切なさに、心鷲掴みでした( ̄∀ ̄*)イヒッ
    周囲の無理解から悲劇の人生を辿った人がここにも居ましたね。
    遅れたけれど、汚名をすすげて良かったですね。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2015/4/1(水) 午後 10:18

    返信する
  • カンバーバッチさん目当てで、チューリングのことは全然知らずに観に行きましたが、そんな私でも引き込まれる作品でした。
    数日、カンバーバッチさんのチューリングが脳裏によみがえってくるくらい、印象的な演技でした(^^)
    TBさせて下さいね☆

    なぎ

    2015/4/21(火) 午後 9:05

    返信する
  • 顔アイコン

    > なぎさん

    お褒めいただきありがとうございます♪
    そうですね、前情報なくても十分付いていけましたね。
    分かりやすく作ってあったと思います。
    もっとたくさんの人に観てもらいたいです!
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2015/4/21(火) 午後 9:28

    返信する
  • 顔アイコン

    やっと観たよ〜!
    悲しくて、切なくて〜。
    カンバーバッチ、ピタリとはまってましたね!
    (少年時代の場面もウルウルでしたが)

    あの時代の様々なことがわかって・・・悲しいけど、チューリングのことを知ることができて良かった。
    映画としても、かなり細やかな作りをしてたよね。

    トラバさせてね。

    keroyon

    2015/5/29(金) 午前 3:20

    返信する
  • 顔アイコン

    > keroyonちゃん

    そうでしょ!そうでしょ〜!
    少年時代の彼も上手かったよね。
    エンタメとしても面白いけれど、繊細な役作りでグッとドラマとして深まったと思う( ̄∀ ̄*)イヒッ
    あ〜、早くディスク出ないかな〜!
    TB&ナイスありがとう♪

    木蓮

    2015/5/31(日) 午前 9:12

    返信する
  • 顔アイコン

    こういう話があったなんて知りませんでした。
    当時のイギリスは厳しかったから彼が受けた不遇な扱いもすごく納得ですが憤りを感じます。
    最近になって彼の功績がようやく認められたのがよかったです。
    TBお願いします!

    かず

    2015/7/1(水) 午前 8:18

    返信する
  • 顔アイコン

    > かずさん

    ご覧になられたんですね〜。ありがとうございます!
    こういう話は時々聞きますが、彼が戦時下で行った功績を考えると、あまりにも酷い!
    今になってでも認められて良かったです。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2015/7/1(水) 午後 9:27

    返信する
  • 難解な数式が出るのかと思ってました(笑)
    いやいやアラン・チューリングの心の葛藤と、隠ぺいされた結果、そして現在にまで及ぼす多大な偉業!
    カンバーバッチの見事な演技がハマった名作でしたね。
    で、今度はマーベルヒーローって。
    いろいろ活躍しすぎじゃないですか?カンバーバッチさん!

    TBお返しヨロシクです。

    どらごんづ★

    2016/5/3(火) 午後 4:24

    返信する
  • 顔アイコン

    > どらごんづ★さん

    ほんとほんと、どんな小難しい話かと思えば、感情を揺さぶる映画でした。
    いえいえ、エディ・レッドメインに負けていられませんから、どんどん出演してもらわないと!( ̄▽ ̄)
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2016/5/4(水) 午後 10:31

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(14)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事