ここから本文です
No movie, no life.
ブログ引っ越しました。https://tabi-no-sora.com/

書庫全体表示


年明けて、早や半月経過。
007もスター・ウォーズももう1回行く予定が、何かと映画も観そびれていて、
この映画が新年第1作目劇場鑑賞となりました。

イメージ 1
BRIDGE OF SPIES  2015年 142分

あらすじ
:米ソ冷戦下の1957年、ニューヨーク。ルドルフ・アベルという男がスパイ容疑で逮捕される。国選弁護人として彼の弁護を引き受けたのは、保険を専門に扱う弁護士ジェームズ・ドノヴァン。ソ連のスパイを弁護したことでアメリカ国民の非難を一身に浴びるドノヴァンだったが、弁護士としての職責をまっとうし、死刑を回避することに成功する。5年後、アメリカの偵察機がソ連領空で撃墜され、アメリカ人パイロットのパワーズがスパイとして拘束されてしまう。アメリカ政府はパワーズを救い出すためにアベルとの交換を計画、その大事な交渉役として白羽の矢を立てたのは、軍人でも政治家でもない一民間人のドノヴァンだった。交渉場所は、まさに壁が築かれようとしていた敵地の東ベルリン。身の安全は誰にも保証してもらえない極秘任務に戸惑いつつも、腹をくくって危険な交渉へと臨むドノヴァンだったが…。(allcinemaより)



最近硬い映画はちょっと億劫になっていたのですが、
マーク・ライランスのあまりの評価の高さに観てみたくなりました。

実話ベースのお話。
冷戦下で民間人の弁護士が、スパイ交換の交渉役という一歩間違えれば自らの命はおろか、世界平和さえ崩壊させかねない極秘任務を託され、弁護士としての矜持と信念を支えに、絶体絶命の難局に立ち向かっていく姿をスリリングに描く。

保険担当の敏腕弁護士ドノヴァンにトム・ハンクス、大げさすぎない安定した演技。
ソ連のスパイ、アベルにマーク・ライランス、表情もセリフも多くはないのに、冷静さの中に見せるユーモアが良い味を出しています。
他にアラン・アルダ、エイミー・ライアン、セバスチャン・コッホなど。
脚本はコーエン兄弟、監督はスティーヴン・スピルバーグ
第88回アカデミー賞作品賞・脚本賞含め5部門ノミネート、
マーク・ライランスは助演男優賞にノミネートされています。

2時間半近い尺が、全く気になりませんでしたね。
もっと重い社会ドラマかと思っていたら、サスペンス度が高いのでハラハラしているうちに終わっちゃいました。ところどころユーモラスなシーンも。
トム・ハンクスは良い意味でシリアスになりすぎないキャラだし、マーク・ライランスが"Would it help?"(それが役に立つか?)という度につい吹き出していました。
まさにベルリンの壁を作り始めた頃の時代背景も興味深く、アメリカ、ソ連、東ドイツ、それぞれの思惑や主張、駆け引き、政府のいい加減さ・身勝手さ、ドノヴァンとアベルの友情など、歴史の一面を見る面白さとエンタメ性がちょうどいいバランスで、監督・脚本・役者がぴったりマッチした作品だったと思います。
硬そうと思っている方、それほどでもないので、ぜひ!








  • 歴史の1ページを切り取った作品ですけれど、
    地味ながら適度にエンタメしているので、
    観やすいですよね。
    でも、一人のスパイと二人のアメリカ人交換を成し遂げた、交渉術の部分は、政治的な意味合いでもっと深い力関係を含有していて、勉強していくと面白いみたいです。
    TBこちらからもお願いします。

    オネム

    2016/1/16(土) 午後 11:01

  • 凄くテンポが良くて、完成度が高い作品でした.トム・ハンクスの名演もあるのですが、やはりマーク・ライランスの枯れた?演技にはまいっちゃいましたね."Would it help?"にはほんと笑っちゃいました.トラバ返しさせて下さいね.

    チャコティ副長

    2016/1/16(土) 午後 11:53

  • 顔アイコン

    > オネムさん

    予告でとても重い映画かと思っていたので、良い意味で裏切られて良かったです。
    そうですね、その辺の歴史を詳しく知ると面白そうですよね。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2016/1/17(日) 午前 8:19

  • 顔アイコン

    > チャコティ副長さん

    トム・ハンクスと張り合わないタイプの演技が、却ってジワジワきましたよね。
    本当に完成度の高い作品でした。
    TB&ナイスありがとうございます♪

    木蓮

    2016/1/17(日) 午前 8:22

  • 顔アイコン

    木蓮さん

    "Would it help?"には私も笑っちゃいました。あの冷静さ、あの客観性。何かあるとすぐパニックを起こしてあわあわになる私も少しは見習いたいものです(絶対に無理だけど)。

    [ hed***** ]

    2016/1/17(日) 午前 10:28

  • 顔アイコン

    > hed*****さん

    コメントありがとうございます♪
    あの達観しか感じ、私も見習いたいです。
    でも私も絶対無理ですけど( ̄∀ ̄*)イヒッ

    木蓮

    2016/1/17(日) 午後 2:38

  • 顔アイコン

    こちら、アカデミー賞でも候補になりましたね。
    やはりスピルバーグ作品は、見ごたえがありますです。
    TBさせてくださいませ。

    サムソン

    2016/1/17(日) 午後 4:26

  • 顔アイコン

    > サムソンさん

    なりましたね〜。
    やはり観ておいて良かったです。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2016/1/17(日) 午後 7:19

  • アバター

    うふふ、感想似てますね〜頷きながら読ませていただきました。(^^)
    面白かったですね。さすがスピルバーグとトム・ハンクスでした。
    マーク・ライランスのオスカーノミネートは納得ですね。寡黙ながら秘めたる信念がよく伝わってきて存在感たっぷりでした。
    TBさせてくださいね。

    choro

    2016/1/17(日) 午後 7:47

  • 顔アイコン

    > choroさん

    このメンバーだと間違いないっていうことはわかっているんですけど、やはり流石でしたね。
    骨太い話をソフトに伝えてくれた感じでしょうか。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2016/1/17(日) 午後 7:57

  • 顔アイコン

    私も前作の監督作品の「リンカーン」が重くて地味だったので、心配をしていましたが、マーク・ライランスの演技と、納得のトム・ハンクスでした。
    あの頃のベルリンの壁の再現が、リアルでした。
    TBお願いします。

    atts1964

    2016/1/19(火) 午前 8:42

  • 顔アイコン

    > atts1964さん

    なかなか興味深い映画でしたね。
    演技も良くて、アカデミー賞ノミネートも納得ですね。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2016/1/19(火) 午後 11:08

  • 顔アイコン

    前半で国家の非情さをこれでもかと見せておいて、後半はドキドキハラハラのサスペンスにして、ラストで、あの人は偉いねえでまとめる構成が見事でした。こういう作りにすれば、自国を悪役にもできるんだなあって感心しちゃいました。TBさせてください。

    [ einhorn2233 ]

    2016/1/23(土) 午後 4:58

  • 顔アイコン

    > einhorn2233さん

    確かにお国のやり方は酷かったですね〜。
    よく引き受けたなと思いましたもの。
    ラストは、それぞれ帰国してもいろいろ待っているんだろうなと思わせながらも、丸く収まって良かったです。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2016/1/23(土) 午後 10:56

  • 顔アイコン

    木蓮さん

    ラストは悲しく終わったのかと思ったら
    テロップでアベルの未来がまだあったとわかりほっとしました。終わりの所までずっとアップダウンが続いて「やられた!」感が心地よかったですね。

    それにしても、予告編やプロモイメージが暗すぎてソンしてますよね?なぜあんなに深刻そうに重そうに見せるのかな〜もう少しでスルーしそうでしたよ!!!

    しましまでした

    [ みら ]

    2016/1/25(月) 午後 10:42

  • 顔アイコン

    > しましまさん

    そうそう、あのテロップ見てホッとしましたね。
    最後の最後までひっくり返されそうで、緊張感が続きましたね。

    ね〜、あの予告は暗い重いって連想しちゃいますよね。
    あれはアカんです(>_<)

    木蓮

    2016/1/26(火) 午後 8:31

  • 顔アイコン

    思った以上にスリリングでした。
    当時の米ソの関係の中であぁいう価値観を持った弁護士がいること自体が素晴らしいことですね。
    TBお願いします。

    かず

    2016/4/12(火) 午前 8:06

  • 顔アイコン

    > かずさん

    実話ものではあるけれど、展開がわからず、かなりスリリングでしたね。
    国が結構無責任でした。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2016/4/12(火) 午後 8:07

開くトラックバック(10)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事