ここから本文です
No movie, no life.
訪問者数21万からは長かったですが、22万超えました!いつもありがとうございます♪

書庫全体表示


理解できるのだろうかという不安がありつつも観ました。

イメージ 1
SILENCE  2017年 162分

あらすじ:
17世紀、江戸初期。日本で布教活動を行っていた高名なポルトガル人宣教師フェレイラが、キリシタン弾圧を進める幕府の拷問に屈して棄教したとの知らせがローマに届く。さっそく弟子のロドリゴとガルペが真相を確かめるべく日本へと向かい、マカオで出会った日本人キチジローの手引きで長崎の隠れキリシタンの村に潜入する。そして村人たちに匿われ、信仰を通じて彼らと心を通わせていく。やがてロドリゴたちの存在は、狡猾にして冷酷な手段を駆使して隠れキリシタンをあぶり出しては、彼らに“転び(棄教)”を迫る長崎奉行・井上筑後守の知るところとなり…。(allcinemaより)



遠藤周作の小説「沈黙」を、マーティン・スコセッシ監督が構想28年の時を経て映画化。同じ原作で1971年に篠田正浩監督で作られた映画『沈黙 SILENCE』があるようですが未見、(キチジロー役がマコ岩松なのがなるほどと)小説も未読での鑑賞。

非情なキリシタン弾圧が行われている江戸初期の長崎を舞台に、自らの信仰心を極限まで試される若いポルトガル人宣教師の壮絶な葛藤の行方。

キャストはポルトガル人宣教師ロドリゴにアンドリュー・ガーフィールド、同じく宣教師ガルぺにアダム・ドライヴァー、彼らの師であるフェレイラにリーアム・ニーソン、隠れキリシタンのモキチに塚本晋也、キチジローに窪塚洋介、通辞に浅野忠信、長崎奉行にイッセー尾形、他に加瀬亮、中村嘉葎雄、キアラン・ハインズなど。

正直映画の内容をきちんと理解できているのかは怪しいんですけど。(・・A;)あせあせ 小説を読めばもう少し分かるのかしら。
キリシタン弾圧の過酷さ、殉教者を作るよりも自分が信じているものの裏切りが一番効果的という論理で追い詰められるロドリゴ。
自分の信じるものが本当に信じるに足るものなのか、命をかける価値があるのか、なぜ神は蛮行を許し沈黙しているのか、というロドリゴの葛藤は観ているこちらにも考えを迫ります。
日本の”沼地”のような性質にはキリスト教は根付かないというくだりで、現在の日本と何も変わらないと、キリスト教以外の神を認めないことは傲慢ではないのかという問いに頷き、決して他人では信じるものは変えられないというラストに、精神は弾圧できないのだと感じたり。
キチジローの存在はロドリゴにとってはなんだったのか、そこがキモな気がするのですが、理解しきれていないですね。(>_<)

主演のアンドリュー・ガーフィールドの熱演も素晴らしいけれど、日本人俳優たちの演技も素晴らしくて、一途に神を信じる塚本晋也のモキチやイッセー尾形の奉行の曲者っぷりが印象的で、自然に演技させてくれている演出が嬉しいですね。

短くはないけれど、それほど長さも感じず。
タイトル通り全般的に静かな映画で、虫の音や波の音がBGMのシーンも。
台湾で撮影された自然の美しさも内容のハードさを和らげてくれているような気がしました。(日本で撮影したかったけれど、受入窓口が機能してなかったという噂)
ビビっていたほど重苦しくもなかったですよ。






この記事に

  • 顔アイコン

    マーティン・スコセッシ監督が、日本をよく描いていた作品に感じましたし、しっかり主要俳優を日本人にして、いいキャストだったと思います。
    原作未読で、私も見に行きましたが、十分伝わってきたお話でした。
    記事にしたらTBお願いします。

    atts1964

    2017/1/22(日) 午後 6:07

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。

    スコセッシ監督の前作が『ウルフ・オブ・ウォールストリート』だったことを思うと、かなり違う題材の作品を手掛けたと感じます。

    スコセッシ監督がどのように日本という国、その過去を描いたのか?とても気になります。
    先日、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を観てきたばかりなので、小松菜奈さんの演技が楽しみです。

    kurohyo:r

    2017/1/22(日) 午後 9:00

    返信する
  • 原作は未読で、内容もほぼ知らないんですが、スコセッシの映画ということで、いずれ見ようと思っています。
    調べると、まあ安定の長尺映画のようですので、ちょっとそれが億劫なんですけどね笑。
    でも、スコセッシの映画がリアルタイムで観れるなら、それは見るしかないと…。
    しかも、日本人俳優も出てますし、それも気になりますからね。

    WANTED222

    2017/1/22(日) 午後 9:03

    返信する
  • 顔アイコン

    > atts1964さん

    キャスト良かったですよね。
    日本の過去がちょっと恥ずかしくもありましたが(~_~;)
    ナイスありがとうございます。記事待ってます。

    木蓮

    2017/1/22(日) 午後 9:23

    返信する
  • 顔アイコン

    > kurohyo:rさん

    前作ウルフ〜だったんですね。もう随分前な気がしますね。(^_^;)
    ぼく明日、面白かったですか?
    こちらもぜひ!
    ナイスありがとうございます♪

    木蓮

    2017/1/22(日) 午後 9:27

    返信する
  • 顔アイコン

    > WANTED222さん

    スコセッシ監督映画ということで観に行きますよね。
    同じテーマを日本の監督が撮ってもあまりそそられない気がします。
    やはり彼がどんなに撮っているのかに興味がありますよね。
    感想期待してます。

    木蓮

    2017/1/22(日) 午後 10:31

    返信する
  • 顔アイコン

    かなり昔に読んだのですが、その時の衝撃は忘れられません。
    小説の中で「主は沈黙していたのではない。一緒に苦しんでいたのだ。」というくだりあり、神は語り掛けてくれるのではなく共に苦しんでくれているのだ、と。
    自然の中に神を見出して沢山の神さまを信じ、仏様も拝む日本人に一神教は理解が難しいですね。ユダヤ教もキリスト教もイスラム教も元は同じ。う〜ん、難しいです。
    でも、観てよかったと思える映画でした。
    TBさせて下さいね。

    アンダンテ

    2017/1/22(日) 午後 10:59

    返信する
  • 顔アイコン

    観れるかどうか分からないけど、観たらまた来ます。
    あー、映画の感想をアップしていないのがいろいろあって・・・昨年の分も(笑)

    keroyon

    2017/1/23(月) 午前 3:25

    返信する
  • 顔アイコン

    > アンダンテさん

    八百万の神がいる日本で一神教は難しいですね。
    沼地加減は現代でも変わってないですし。
    その中でも信じている人はいるわけですから、土壌の問題だけではないんですよね。
    私も観てよかったです。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2017/1/23(月) 午前 8:53

    返信する
  • 顔アイコン

    > keroyonちゃん

    来週からストレンジ祭りになりそうなので、さっさと行きました!( ̄∀ ̄*)イヒッ
    なかなか考えさせられるよ。
    日本のキャストも見どころたっぷり。

    木蓮

    2017/1/23(月) 午前 8:54

    返信する
  • アバター

    スコセッシの思い入れが伝わる力作でしたね。
    原作も当然ですが、福音書を知っているか否かで捉え方が違ってくるかもしれません。

    しかし、日本の体質というのは今も昔も変わらないというのは民族性?島国なので仕方ないと言えばそうですが、良くも悪くも頑なな性質なのでしょう。守りの体質も含めて。

    しかし、いい映画でした。今年最初の映画として満足のいく作品でした。
    TBさせてくださいね。

    choro

    2017/1/28(土) 午後 9:00

    返信する
  • 顔アイコン

    > choroさん

    今ちょうどそちらへ伺ってきました。
    ここまで自然に誤解なく日本を描いた作品なのが、まず凄いですね。
    日本の頑なさは、変わらないのか、江戸時代並みにまた戻っているのか。( ̄-  ̄ ) うーん
    アカデミー賞の主要部門にノミネートがないのが残念なくらい良い映画だと思います。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2017/1/28(土) 午後 9:06

    返信する
  • 日本で撮影する受け入れ窓口が無かった・・・残念至極!です。
    しかし、スタッフや出演者は日本人に任されて良かったです。
    スコセッシ監督は、きちんと江戸時代の日本を撮りたかったのでしょう。
    他の欧米映画で見るヘンテコな日本じゃなくて安堵しました。
    物語のテーマは重いですが、映画化されて嬉しく思っています。
    TBさせてください♪

    風森湛

    2017/1/30(月) 午後 3:02

    返信する
  • 顔アイコン

    > 風森湛さん

    ほんとですよね。この映画を日本で撮らなくてどうする、くらいの気持ちで対応して欲しかったです。
    日本の描写が違和感ないし、こんなに日本の俳優の良いところを引き出してくれて、それだけでも嬉しいです。
    TB&ナイスありがとうございます♪

    木蓮

    2017/1/30(月) 午後 11:06

    返信する
  • スコセッシ監督の解釈と演出の素晴らしさに感銘を受けました。
    俳優も魅力的な演技をしていて、満足度の高い作品です。
    寺に嫁いでいるのに、信仰心の薄い自分が恥ずかしいなあと思いましたが、どんな宗教でも、こんな私みたいな奴でも許してくれるんでしょうね。
    沈黙の意味合いも深遠でした。
    TBお願いします。

    オネム

    2017/2/5(日) 午後 5:07

    返信する
  • 顔アイコン

    > オネムさん

    日本を自然にかつ特別に描いてくれたスコセッシ監督はさすがでした。こんな風に描いてくれただけでも十分な価値があるように思いました。
    TBありがとうございます♪

    木蓮

    2017/2/5(日) 午後 8:20

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    遅ればせながら本日鑑賞してきました。

    自分も鑑賞前は信仰や宗教に疎く理解できるか不安が大きかったです。
    そちらに関しては鑑賞後も明快な答えは得られていないかもしれませんが、人間の信念や心の弱さ、命の重さなど考えさせられるものが多く心に残る作品だと思いました。

    私もTBさせてください。
    いつも、ありがとうございます。

    kurohyo:r

    2017/2/15(水) 午後 9:58

    返信する
  • 顔アイコン

    > kurohyo:rさん

    観終わった後も、思い出すたびに考えてしまいますね。
    心に残る作品だと思います。
    TBありがとうございます♪
    こちらこそいつもありがとうございます。

    木蓮

    2017/2/15(水) 午後 10:30

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(10)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事