ここから本文です
No movie, no life.
ブログ引っ越しました。https://tabi-no-sora.com/

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


今度こそ4DXでと思っていたのですが、大作2本を1シアターで回すため時間帯が〜
( ̄▼ ̄|||)
ってことで待ちきれず、結局2Dで観ましたです!( ̄∀ ̄*)イヒッ

イメージ 1
MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION  2015年 131分

あらすじ:イーサン・ハントと彼のチーム“IMF”は、各国の元エリート・スパイたちによって結成され、国際的な陰謀をめぐらす謎の組織“シンジケート”を追っていた。しかしその矢先、IMFはCIA長官によって解散を命じられ、メンバーはバラバラに。その後、単身でシンジケートの実体解明を進めていたイーサンは囚われの身となってしまう。その窮地を救ったのは、なんと敵側のスパイと思われた謎の美女イルサだった。やがて秘かにベンジーらチームのメンバーを再集結したイーサンは、敵か味方か分からないイルサをも、その能力を買ってチームに加えると、シンジケートを壊滅すべく史上最大の不可能ミッションに挑むのだったが…。(allcinemaより)


4作目の『ゴースト・プロトコル』から早4年、シリーズ5作目。
このシリーズは毎回監督が変わりますね。今作は『ユージュアル・サスペクツ』で脚本賞受賞経験のあるクリストファー・マッカリー、今作でも脚本も担当しています。
今回は中国企業2社が出資しています。こういう時代になりましたね〜。

謎の組織”シンジケート”を追うイーサン・ハント。イーサンの強引なやり方がCIAから批判され、ブラントの釈明も聞き入れられずIMFはCIAに吸収されることに。同じ頃、イーサンはIMFからの指令のはずが”シンジケート”の罠であり囚われの身となるが、謎の女性イルサに助けられる。

イーサン・ハントにトム・クルーズ、53歳になってもちっとも変わらないですね。6分間水中で息を止めてたってどんだけ〜(>_<)バイクは巧いし、凄いです!
IMFのメンバーには、前作からのブラントにジェレミー・レナー、1作目からのルーサーにヴィング・レイムス、今回も大活躍のベンジーにサイモン・ペッグ、ヒロイン枠と噂です。( ̄m ̄〃)ぷぷっ! CIA長官にアレック・ボールドウィン
謎の女性イルサにレベッカ・ファーガソン、アクション初めてとは思えない格好良さ。”シンジケート”のソロモン・レーンにショーン・ハリス、個性的な顔立ち。

前作は派手な演出、凝ったガジェット、アクションたっぷりとエンタメ全開で面白かったのですが、今回はもちろんアクションの見せ場はたっぷりながら、シリアスなスパイの世界のストーリーとなっています。
特にイーサンの上手をいくイルサの存在、敵か味方か最後までわからないため、スリリングな展開。CIA長官のアレック・ボールドウィンも敵か味方かわからないのも良いアクセントになってました。
このシリーズがスパイものであるってことを改めて再認識した本作。今年はスパイ映画の当たり年、『キングスマン』『コードネーム U.N.C.L.E』そして007
他が全部イギリス映画っていうのも面白いですね。








全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事