全体表示

[ リスト ]

入間市および周辺の皆様、こんにちは!

さて、本日は11月に行われた北辰テストの結果が返却される日です。

県立入試を考えると丸3か月は以上はあるのですが、
最終的な志望校を中学校の担任に提出しなければならないのが12月初旬あたりだと思いますので、
12月の北辰の結果を待ってから最終的な志望校を決定するのは困難かもしれません。

ただし、僕的には最終的な第一志望校は12月の北辰を待ってからか、もしくは1月の北辰、さらには2月に県立予想模試の得点状況をみてからでも遅くはないと思っています。

ここで言っている『最終的な第一志望校』とは、これまでずっと目標としてきた高校ではなく、
これまでの北辰テストの成績や内申、塾で実施する県立予想模試、塾で各教科でおこなう県立予想問題(テスト形式)、さらにはおそらく年明けに発表される進路希望調査(県立倍率第2弾。第1弾はすでに発表済)など全てのDATAを総合的に分析して決定する志望校のことです。

県立受験するなら合格しなければ意味がありません!
この辺は他の塾の先生と違うかもしれません。

他の塾では合格ギリギリのラインで万が一不合格でも、「チャレンジしたことで何よりも代えがたい経験をした」と言っている人いますけど、それはこちらの勝手な想像でしょう。
不合格したら何も残りませんよ、やっぱり。
ちなみに僕は高校受験に大失敗して所沢高校に進学し、大学受験ではリベンジしましたが、それはそれは物凄い強い気持ちを持って高校に行きましたからね。もう絶対に高校では誰にも負けない!みたいな…(笑)

いまどきの中学生にそれだけの強い気持ちはあるでしょうか??

僕は絶対と言ってもいいくらい、「ない」と思います!!

それは時代の流れですよ。

僕らが大学受験の時はいくらレベルの低い所沢高校(当時偏差値65)の生徒でもマジで本気で勉強していましたよ。

おおげさだけど、人生を賭けて本気で勉強していたはず。

だって、高2から河合塾に3年間通いましたが、予備校でも周りが本気だから、自分だけ手を抜くと河合塾の全国模試で偏差値70いかないし。
これは以前にも何度か話したことありますが、大学受験の全国トップレベルで戦ったことのない人には絶対にわからないことですが…
それだけ、僕らの頃はみんな本気だったわけです。



話逸れましたが、
いまの子供たちは大学受験という人生の一大勝負に勝負しない!

それだけ人生を賭けて勉強しない!
(Missionで大学受験の指導をやったことありますので言えることです。ただし、一部の超進学校はもちろんこんなわけありませんのでご了承ください。)

だから、高校受験で実際に不合格を突きつけられた時、リベンジする気持ちではなく、心が折れてしまう。。。
やはり、心が弱いんだと思います、いまの子供たちは…

だから、塾の先生(僕とか)にちょっと厳しいこと言われただけで、やる気を失くしたり、塾を辞めて逃げてしまったりするんでしょう。
親も厳しい指導されると自分の子供がかわいいから「あんな厳しい塾やめちゃいなさい」という始末。
(実際に最近こういった理由で辞めた生徒はいませんが…)

ちなみに僕も子供がいて、父親として甘やかしていませんし、これからもなるべく厳しく接していこうと思ってます。
甘やかして育ててもいいことはないですし、日本の社会は想像以上に冷たく、厳しいことを体験してきているからです。


話は戻りますが、
こういったことを考慮して僕はMission進学教室という小規模な塾を経営していますので、

高校受験で絶対に合格させる!!(チャレンジはさせない!)

これが僕にとっての最大のMissionだと肝に銘じています!

今年の第7期生もなかなか勉強しないので、志望校下げてもらうしかないかもしれません。。。



※こちらをクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓
https://juken.blogmura.com/juken_highschoolteach/ にほんブログ村 高校受験(指導・勉強法)



おかげさまでそろそろ7周年!
Mission進学教室
塾長 清野永哲

閉じる コメント(6)

おはようございます。

心が弱い…心が折れて…同感です!そこから立ち上がることができない子たちをこの1、2年、たくさん見てきました。

さらに、厳しいから辞めちゃいなさい的な発想で何人去ったことでしょうか。

このまま大きくなってどうなるか、、、先は見えていますが。

残念ですが、認識を改めるべきところは改めて今後、向き合っていかねばなりません。

2014/11/14(金) 午前 5:20 [ のびのび教育テラコヤ ] 返信する

顔アイコン

てらこやさん、おはようございます。

いつから中学生は心が弱くなってしまったのでしょうか??

僕が20年前、○○館という塾にいた時はけっこうガッツのある生徒も沢山いたのですけど、いつの間にか、入間にはか弱い心の少年・少女ばかりになってしまいました。
しかたないので、20年前とは対応を変えざるを得なくなり、今に至ります。

ですが、学力がこんなに低い地域でも希望を持って頑張りたいので、どうしようもなくできない子はやはり徹底的にやるしかないとつくづく思っています。

やるべきことをしっかりやってもらってダメなら強制個別フォローという形だけはこれからも徹底していきます。

2014/11/14(金) 午前 6:18 [ Mission ] 返信する

再びおはようございます。

私も15年前、ここ春日部で勉強が嫌いだったり、苦手な子たちをたくさん見て、とことん向き合い、そこから真剣にこの業界でやっていくと決めました。

この子どもたちの変わり様はどうにもできませんが、それに対応するように、改めて整備していき、次年度からはしっかりやっていくつもりです。

崩壊したのを立て直すのも経験、頑張ります!

いろいろとご助言、ありがとうございます。

2014/11/14(金) 午前 6:34 [ のびのび教育テラコヤ ] 返信する

顔アイコン

今、確固たる意志をもって進学を決める生徒は確かにいないですね。
親が決めるレールを歩く生徒もいるし、こちらも
か弱い生徒多いです@@

2014/11/14(金) 午前 11:16 [ 春先生 ] 返信する

顔アイコン

てらこやさん、こんばんは。

やはり、てらこやさんも同じような経歴なんですね。
僕も早慶選抜クラスとかもやりましたが、どちらかと言うと成績不振の生徒を相手にする方が合っていると思い始めてMissionを始めた経緯があります。

春日部の子供たちの急変ぶりには戸惑うかもしれませんが、大丈夫です。
絶対に入間ほどではないと確信していますので…

てらこやさんも、○○祈願を経て、これからご家庭も忙しくなると思いますが、
落ち着いたらぜひ、情報交換したいと思いますので、よろしくお願いします。

2014/11/15(土) 午前 0:42 [ Mission ] 返信する

顔アイコン

春先生、こんばんは。

確固たる意志というのが正直感じられないですね!
やはり、春先生の地域もか弱いですか!
勉強以外のそういった講座をやると効果があるかもしれませんね!
何をやるかは難しい所ですが…

2014/11/15(土) 午前 0:45 [ Mission ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事