全体表示

[ リスト ]

岩手中2男子自殺事件

こんにちは。

岩手県の中2男子が自殺した事件の報道をテレビで見ていて、

中学校の担任は何を見ていたんだろ??って不思議に思いました。

連絡ノートにもハッキリSOSとわかる本人の記述があるのにもかかわらず、

まるで見当違いのコメントを返していたのを見て、

40代の女性教諭は本当に生徒と向き合っていたんだろうか?

いじめの兆候はわからなかったのか??

絶対におかしい!!

もっとおかしいのはこの女性教師、生徒に人気があったということ。おかしすぎる!


電車に飛び込むのはかなり勇気が必要。

それだけ子供は追い込まれていたんだろう。

生徒と接する時間は学校よりも短い塾という空間でさえ、

子供たちのちょっとした変化に気づきます!

いや、気付かないとおかしい!

それはやはり一人ひとりしっかりと本気で向き合っていない証拠なんだと思います!

今現在うちの塾生と先日話していて、学校が嫌だと言っていました。塾のほうが楽しいと言っていました。

もう、学校に行かないでMissionにだけ行けばいいとさえ…



僕も当時中学校の沢山の教師による暴力指導が大嫌いでした…ホント嫌いだった

あの嫌な雰囲気が毎日嫌でしょうがなかった!

僕はあの中学校の教師たちのせいで大人が信じられなくなってしまったんです。

だから、塾の子供たちが中学の悪口を言っていてもすごく気持ちはわかるんです!

でも、高校生になったら180度逆の学校だったのでハッピーになれました(^^♪

それが埼玉県立所沢高校です。

あの忌まわしい中学校を卒業して初めて『あ、あの学校が本当におかしかったんだ!』とわかりました。

所沢高校はちょっとゆる過ぎな気がしないでもないけどね(笑)

でも、あの中学を卒業した後の僕にとっては全てにおいて楽勝な毎日でした。

なんか刑務所から出所した気分のような…もちろん、刑務所に入ったことないけど(笑)

部活もゆるくて楽しかったですね。勉強面はゆる過ぎでしたが(笑)



すみません、話がそれましたが、

今日、岩手県の中2の男の子が自殺した事件の報道を見て色々と考えていまいました。

中学時代は人生の中である意味一番大切な時期だと思います。

身体だけじゃなく、中身(精神)も成長する時期だし、いわゆる思春期を迎える時期でもあります。

変に子ども扱いするんじゃなく、変に厳しいんじゃなく

もっと、中学校の教師は子供たちの味方になってあげることはできないんだろうか?

僕はちょっとだけ後悔しています。僕自身が大嫌いな中学の教師になって、学校の現在のくだらない仕組みをぶっこわしてやればよかったな…と(当然、校長の言うことなんか聞かない教師だったでしょうね)

そして、決して甘やかすわけじゃなく、子供たちの味方になって話を聞いてあげる教師になって、同じような教師の仲間、若い教師を育てていけばきっと少しは変わったんじゃないか…と

今の僕にできることはMissionという塾で入間市とその近隣の子供たちの味方になってあげることだけですが…

僕のできることなんか小さい小さい…

でも、うちの塾に来てくれた生徒には『この塾に入って良かった!』と思われるように頑張ります!




※こちらをクリックしていただると幸いです。
↓↓↓
[https://juken.blogmura.com/juken_highschoolteach/ にほんブログ村 高校受験(指導・勉強法)

おかげさまで開校7周年!
紹介入塾90%以上
Mission進学教室
塾長 清野永哲

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事