ここから本文です
人生谷あり底あり
動力車乗務員生活33年を振り返って

謹賀新年

イメージ 1

アップ頻度少ないですが、今年もお付き合いのほど宜しくお願い致します

この記事に

開くトラックバック(0)

初めての北海道その2

また一か月空きましたね…

さて、中学一年生の坊主君はホテルなんてもってのほか、リーズナブルな宿泊地を探しました
札幌に今は無きユースホステル協会会員以外でも一般人が泊まれる「宮が丘ユースホステル」というのが有り、早速2連泊で計画しました。
12/24終業式終わって年内帰着する為に往路車中2泊、札幌2泊、帰路3泊で大晦日は自宅で、と。
今考えれば勿体ない北海道滞在でした。
ネットなんて無い時代、長距離電話賃高いので往復はがきで申し込みをし、返事が来て予約確定…
みたいな感じだったかな。

昭和50年12月27日から二連泊の予定でお世話になりました
その夜…食事済ませて大浴場に入って湯船に浸かっていた時、テレビでしか聞いた事ないような「標準語」でお兄さんが声を掛けてきました
「一人で来たのか?、何しに来たのか?」の様なことを聞かれて「特急列車を撮りに来ました」と答えたところ…
「何言ってんだよ、SL撮らなくちゃダメだろう!」とこれまた標準語で言われ誘われ…翌日一緒に行き(連れて行ってもらい)ました。
今だったら未成年者誘拐とも連れ去りとも言われかねませんが、大らかな時代でした
その時の往復乗車券のかえり切符を保管していました
イメージ 1
札幌に着いた26日、札幌〜追分の帰り切符27日、帰る日も追分に行ったみたいです

電車で岩見沢まで行き室蘭本線に乗り換え追分を目指していました
その途中に見慣れない客車に見慣れないラインが

保健車 スヤ32 1とスヤ52 4 セキ(石炭車)も見えます
何処の駅でしょうか?
イメージ 2

追分駅に到着し先ずは線路際から撮影 DD51 1158(岩二)新車ですね。
イメージ 3

既に火を落とした蒸機たちが
イメージ 4

それでは、機関区見学です!事務室で名簿に名前を書い…たかな?

おぉ〜今見ても美しい門デフ(北海道仕様に切り欠いてますが)
元空気ダメには「K.K」と…小倉工場ですね
九州は熊本から北の大地に渡った79602号機です
イメージ 8


安平鉄道資料館に保存されている安全の鐘と件のお兄さん
イメージ 5

その翌年に火災で焼失した扇形庫と保存予定だった蒸機たち
イメージ 6

つい3日前に蒸気機関車牽引の最後の国鉄貨物列車を牽引したD51241号機
D511086号機と共に4ヶ月後の火災で焼け解体されました
イメージ 7
両機ともまだ走る気満々でした

そのお兄さんに撮ってもらった写真がこれ
流石に、ナンバープレートを光らせピントバッチリです
まさか、そのお兄さんと40年以上お付き合いするとは夢にも思いませんでした
イメージ 9
                                                                                                       つづく

この記事に

開くトラックバック(0)

初めての北海道

小学生の時から時刻表を見るのが好きで空想上全国の旅をしていました
母親と鉄道での旅行や時々ひとりで高森線や山陰にも行っていました
小学生なので子供料金でしたので急行「火の山」や「ゆのか」のグリーン車にも乗ったりして…今じゃ自由席メインですがね( ;∀;)

中学生になり時刻表で北海道に行く行程を作ってみました
大人料金で安く行くには…はい周遊券ですね!それも学割で
やはり九州人としては雪に憧れますので冬休みに行く事にしました
イメージ 2
イメージ 1
20日間有効とは…素晴らしい〜

中学2年の二学期の終業式を終え19:23博多発の急行「阿蘇」で大阪へ
この数年後、この時国鉄線上最期のD51241号機牽引の貨物列車が夕張駅を後にしていたと知りました。

大阪に7:07到着し華やかな特急列車を撮影して10:20発特急「白鳥」で青森を目指しました。
何と13:30分の旅でした…リクライニングも無い辛い旅だったと記憶しています
写真も特急券も残していませんでした
青森に23:50に着いて青函連絡船11便で午前4:00初めて北海道に渡りました
カーブした函館駅のホームには山線経由の特急「北海」と海線経由の特急「おおぞら」が並んでいました

札幌着が早い「おおぞら」を選んでいました…北海にしとけば良かった〜
イメージ 3
ピンが甘いですがご容赦ください、何せマニュアル一眼レフ持った12歳ですから

特急「おおぞら1号」で札幌8:50着
札幌駅でDD13?15?に牽かれ付属編成3両切り離し
イメージ 4

身軽になって釧路を目指します
イメージ 5

函館からの特急「北斗」
イメージ 6

ホーム折返しの485系1500番代の旭川行特急「いしかり」
イメージ 8

函館駅で見かけた特急「北海」が暫くして到着
イメージ 7

キハ22型3連  良い絵だこと〜
イメージ 9

この後、札幌宮ヶ丘ユースホステルの大浴場で運命的な出会いが有り、私の人生を決定づけました

この記事に

開くトラックバック(0)

わぉ!
夏の合間…全く投稿してませんでしたね〜
暑中見舞いも残暑見舞いもせず秋の気配が(^^♪

さて、国鉄就職した翌年
車を買ったこの頃から懐浪漫人さんと山口線に出掛けていました
イメージ 1

1982年(昭和57年)ゴールデンウイークの谷間の5月1日
朝から雨模様でした…
一発目は今でも定番の宮野〜仁保間の「大山路踏切」です
この頃は重連運転でも撮影者は少なく…車で踏切近くまで行き駐車していました
イメージ 2

長門峡駅発車
イメージ 3

昨日も行ってきました…徳佐
イメージ 4

返しは…
通称「篠直」こと篠目〜仁保間の直線
イメージ 5

山口線にD51や旧型のような新型客車も導入され暫くやまぐち詣ですっかなぁ〜
イメージ 6
あれから35年後の山口の夏…       2017-07-24 徳佐〜船平山間

この記事に

開くトラックバック(0)

昭和54年(1979年)8月1日「SLやまぐち号」が運転開始しました

思えば…昭和50年12月14日にC57135牽引の旅客列車、同じく24日にD51241牽引の石炭貨物列車で国鉄線上から蒸気機関車は現役引退しました                           
翌年にはC571牽引の「京阪100年号」の人身事故で本線運転はもはや無理かと思いましたが…                  
復活しました!                       
あの時からこの夏で38年を迎えようとしています        
D51200も新山口に到着しました                

イメージ 1
博多駅で一か月前の10時打ちで四人分ゲットし初列車に乗車しました
懐浪漫人さん、狂電関人さん、N氏(現、中学校の先生)とボックス席に乗り込みました

イメージ 2
地福駅での撮影タイム

イメージ 3
津和野駅到着後、益田方に引き上げは今も変わらぬ作業です
地福駅でカラーフイルムを使い切り…Try-Xとなりました〜

イメージ 4
オリジナルの12系もさる事ながらワムやらトキやら…貨車も懐かしい

イメージ 5
津和野〜船平山間 
当時高校生の私や狂電関人さん、大学生の懐浪漫人さんは免許すら持たず夏の炎天下…大汗かきながら津和野駅から歩いて一発勝負で撮影しました
今では自動車で追っかけ片道3回・往復6回撮影、楽になりました


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事