ここから本文です

書庫全体表示

 みなさんこんにちは。このコーナーは久々更新ですね。
 今回は前回に引き続き、屋根上にある「ベンチレーター」を弄って行きたいと思います。

 前回のお話を軽く振り返ってみましょう。

 末期の横浜線205系には「脱落防止金具」未設置のベンチレーターは現存せず、留め具ごと塗装が行われているか否か、そもそもベンチレーターが未塗装か、で3種類の分類が可能です。研究所では、3種類に独自の名前を付けて整理しています。

 ・灰色銀縁…塗装済みベンチレーター 留め具あり・留め具塗装なし
 ・灰色灰縁…塗装済みベンチレーター 留め具あり・留め具塗装あり
 ・銀色銀縁…未塗装ステンレスベンチレーター 留め具あり・留め具塗装なし

 前回は「銀色銀縁」の未塗装ベンチレーターを塗装で再現しましたが、今回はひと手間増やして「灰色銀縁」の標準的なベンチレーターを再現します。
イメージ 1
 横浜線205系では、2号車のみ銀色・他号車は灰色銀縁というパターンがごく一般的です。
その後、検査時に留め具の上から灰色塗装を施した車両・編成もいくつか登場しました。

イメージ 2
 今回研究所が使用したのは、お馴染み「タミヤ」から発売されているカラースプレー「ダークゴーストグレイ(AS-25)」です。色味の好みは個人差があると思いますが、私はこれが今のところ一番気に入っています。若干青味がかった灰色が特徴的です。

イメージ 3
 マスキング風景です。基本的に1両にベンチレーターは6個ありますから、1個ずつ四隅を丁寧にマスキングした後、全体をマスキングします。研究所は途中で節約の為にセロハンテープを一部用いていますが、方法はどうあれ漏れが無いようにしましょう。

イメージ 4
 ベンチレーターは凹凸がありますので、塗り残しが無いよう注意しながら塗装を行います。
留め具が無いベンチレーターの場合はこれで完成になりますが、ここから銀色の留め具を巻いて行かなくてはなりません。

 ここで登場するのが、最初の写真に写っていた銀色のシールです。
 これは、模型メーカー「グリーンマックス」が発売している「コルゲート板(No.82)」と呼ばれるモデラー向けのアクセサリー商品で、凹凸のある銀色のシートが135x60mmのサイズで1袋に4枚入っています。
イメージ 5
 本来はこのような電車を作るときに使用するのですが…… この銀色のシールを細く切ることで、留め具のパーツを容易に貼り付けることができます。

イメージ 6
 幅約0.25mmに切断したシールを切り分け、丁寧に巻きつけていきます。このとき、留め具が中央に寄り過ぎると見栄えが悪くなってしまうので、微調整しながら貼って行きます。
 ピンセットで巻きつけた後は、はみ出した足をカッターで切り取れば完成になります。

イメージ 7
 未施工の車両と比べるとご覧のとおり。鉄道模型は上から見てしまいがちですので、この差は歴然です。(今回はモハでした…… ※前回の記事参照)

 前回は加工途中の写真を撮り忘れていたので紹介できませんでしたが、今回は加工に際してのお話もすることができました。まだ銀色ベンチレーターを再現していない方も、この記事と前回の記事を読んで、是非トライしてみては如何でしょうか。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事