ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

03.21 横浜線強歩

 不穏なタイトルはさておき、横浜線を撮影しました。

イメージ 1
◆2101K H013
 まずは、大船から出区する01K(2)の片道運用、2101Kを撮影。
 入線前から発車直前まで、手前の8番線に大船駅止まりの湘南新宿ラインが居座るため、撮影時間はほんの僅かしかありません。

イメージ 2
 特に追いかける意味はないのですが、2101Kが発車した数分後に大船駅を出る東海道線に乗り込み、横浜駅でもう1発。
 どうやら乗車した東海道線の続行列車が茅ヶ崎駅で人身事故を起こしたようで、間一髪、運転見合わせを回避しました。
 ところで、休日の01Kは、不定期回送列車が設定されている運用であり、特に復路の列車番号は8000Kというキリ番で設定されています。ダイヤ改正で番号が変わる前に、1度は撮っておきたいのですが、運転日はもちろん不明ですし、昔のように運用統計をとっているわけでもないので、なかなか遭遇しません。
 時には人の手も借りながら、毎日26運用全てを確認して、ひとたびダイヤが乱れれば平復後の運用を調べるために外出していた当時は、今考えると相当ヒマだったんだなと思います。たまりにたまった数年分の膨大な運用・検査データから、運用の流れを確率的に計算して予測するために、確率統計の基礎を学んだり、いつもどこかズレている人間です。



イメージ 3
◆2219K H016
 その後は、そのまま横浜線を下り、小机駅で撮影。
 フルサイズ機は撮像素子が大きいので、比較的感度がよく、夜間撮影が捗ります。

イメージ 4
◆2249K H011
 ホワイトバランスを直して挑む2本目。
 時間が時間なので、八王子行ばかりやって来ます。

イメージ 5
◆2235K H022
 そして2235K。休日、小机で撮影できる最後の列車です。
 2235Kに続いて、小机駅中線停泊となる回2333Kが運転されます。もちろん回2333Kも撮影したのですが、大失敗したのでお蔵入りです。

イメージ 6
◆停泊 H019
 というわけで、パンタグラフを降ろした後の写真だけ掲載します。
 小机駅中線停泊は毎晩ありますが、ごくまれに、下り本線で留置を行うことがあります。おそらく夜間作業の関連と思うのですが、この場合、翌朝の東神奈川発下り初列車が、中線着発になります。私は205系時代に1度だけ経験しました。

イメージ 7
◆2440K H025
 そして本命、「お前何撮ってるの」案件です。
 列番が偶数なので上り列車。そうです。横浜線上り最終の町田行です。平日は2406K、休日は2440Kで運転されます。定期列車で始発駅発車時刻が24時を回る列車は以下の通りです。

・▼下り 24:15 東神奈川→橋本(下り最終)
・△上り 24:04 八王子→橋本
・△上り 24:14 八王子→町田(上り最終)

 また、上り列車の橋本行・町田行は、これら24時を回ってから走る2本を除いて設定されていません。
 そんなわけで、24**Kの上り橋本行・町田行は、そのために車を走らせてきた猛者、運転区間内に住む地元民、もしくは帰宅をあきらめた人間くらいしか撮影することができないのですが……

歩いて帰ればいいんじゃね?

(大口まで)30kmくらい歩けるっしょ
そんなに歩いたことないけど
 

 という完全な思い付きで、能天気に撮影しました。
 雨予報にもかかわらず、傘ももたずに30km歩こうと言うんですから、どれくらい思い付きだったか分かると思います。
 というわけで、上り最終電車を見送ったのち、ずぶ濡れになりながら横浜線沿線を5時間40分かけて31km歩いて帰りました。(※自宅に着くころにはとっくに朝を迎え、電車が動いてました……)
 野辺山高地演習のおかげもあってか、ゴールできたのはいいのですが、足が悲鳴を上げていますので、もうやらないと思います……

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事