ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

 浜急です。
 すっかり更新をおさぼりして、もうこのブログは放置になったのかと思われた皆さま。

忘れたころに復活します ごめんなさい

 さて、今回の記事は「横浜線開業110周年」に関連する内容なのですが、ある事情から記事を分けさせていただきました。その事情はのちほど説明するとして、まずは記念ヘッドマークを取り付けて運用中のH001編成の写真です。

イメージ 1

 順光のカットが欲しいんですが、撮れるときに限って曇ってしまいます。どうやらヘッドマークが取り外される前に、もう何回か横浜に戻ってこないとダメみたいです。あ、そうそうここでは言っていませんでしたね。今は仙台に勤めているんです。ブログの更新頻度が急に落ちたのは、横浜線を追えていないためです。でも横浜線の本は出すんですよね……()

イメージ 2

 せっかくなので快速磯子行まで粘ってみました。
 流石に露出が厳しいですが、なんとかなりましたね。表示も決まってくれたので個人的には満足です。撮ろうと思ってもなかなかうまく行かない、貴重な快速磯子行の走行写真……。

 では、あまり先延ばしにするのもよくないので、
 記事を分けることになった「ある事情」について書きましょう。

 まずは、こちらの写真をご覧ください。

イメージ 3

 こちらは、町田駅で撮影したH014編成の写真です。右側が東神奈川方で、「クハE232-6014」の車両番号が見て取れるかと思います。
 勘のいい方はもうお気づきでしょうか。では、次の画像をご覧ください。

イメージ 4

 同じ写真に加工を施したものです。
 実は、写真左側の2号車に「線路モニタリング装置」がついています。こちらは、以前の記事で紹介しているのですが、横浜線ではH015編成に取り付けられていたはずのものです。
 そしてもうひとつ。写真が悪く読み取りづらいのですが、この2号車の車両番号に注目してください。「サハE233-6215」と書いてあるのがお分かりでしょうか。

 つまり、このH014編成は
[H014編成]
                1号車:クハE232-6014
                2号車:サハE233-6215(元H015編成)
                3号車:モハE232-6014
                4号車:モハE233-6014
                5号車:サハE233-6014
                6号車:モハE232-6414
                7号車:モハE233-6414
                8号車:クハE233-6014
 の混成になっています。

 H014編成は9月中旬に行われた月検査を所定の組成で受けていることから、この状態はそれ以降に鎌倉車両センターを出入りした20日(または21日)から続いていると考えられます。一方、H015編成は7月30日の検査を最後に8月7日から運用を離脱していて、その直後には編成をばらされていたことから、8月中旬から9月20日に至るまでの間に、H014編成以外の編成へサハE233-6215が挿入されていた可能性も否定はできません。
 これまでにE233系で車両単位の組み替え(混成という意味での組み替え)が行われた例は、他線区を含めて聞いたことが無いので初めてではないかと思います。サハE233-6215は組み替え後も引き続き検測を行っていることから、「モニタリング関係で生じたトラブル」というよりは「H015編成自体に異常がある、または意図的に検測装置搭載車両を他編成に振り替えた」と考える方が自然です。しかし、詳しい経緯は今のところ分かっていません。
 恥ずかしながら、最近は横浜線を撮影できる機会が減ってしまったので写真による遡り調査がほとんど出来ず、噂に聞くまで気付きもしませんでした。ここへきて予想外の展開に、またしても執筆のネタが増えて震える浜急でした。

……ちなみにサハE233-6214とサハE233-6215ですが、クーラーも何も同じなので「機器が載せ替わったのではなく、車両が挿し替わった」という証明をするのが非常に難しいです。動画以外で何かいい方法があったら教えてください。

開くトラックバック(0)


+☆+・。+☆+・。+☆+・。+☆+・。
 
祝  横浜線開業110周年
 
゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚

 みなさまお久しぶりです。浜急です。
 2018年9月23日、横浜線は開業110周年を迎えました。2008年の開業100周年をつい昨日のことのように感じるのですが、あれから10年が経ったんですね。私も横浜線も、ここ10年で本当にいろいろな事がありました。
 10年間を振り返ると、記事が1本では到底足らなくなってしまうので、今回は先日行われたイベント「横浜線開業110周年 Anniversary Party」の模様を簡単に紹介します。

イメージ 1

 朝10時過ぎ。
 東神奈川駅では各駅の駅長さんらが集い、記念ヘッドマーク付き車両の出発式が執り行われました。ヘッドマークは8月からH001編成に取り付けられており、この日は31Kで橋本を出区した後、会場である東神奈川駅まで通常通り営業運転し、折り返しの待ち時間で式典を彩るという次第。途中、台本が早く読み終わってしまい、「ヘッドマーク付き車両が到着します」と言ったところで一本前の車両が入線してしまうという場面もありましたが、咄嗟のクイズで上手く繋ぎ、会場は終始温かい空気に包まれていました。

イメージ 2

 その後、東神奈川駅長の合図でH001編成は時刻通り発車。
 続いて本日のメインイベント会場になっている、小机駅へ移動します。

イメージ 3
 小机駅では、開業110周年を記念した各種グッズやお弁当の販売、E233系車両を使用した展示会を開催。
 さらに、駅のすぐ脇にある地区センターとも連動し、地区センター内体育館でも様々な体験型イベントが行われました。
 物販列はコミケで言うところの「大手シャッター」並に伸びており、11時の販売開始から夕方まで人が途切れる気配はありませんでした。


イメージ 4

 展示車両として選ばれたのは、橋本で運用予備になっていた横浜線のH011編成。実は当日の朝に回9860Kとして小机駅へ送りこまれていました。
 H011編成は元々「小机駅」の駅スタンプロゴステッカーをつけていたことから、4年前の「ハマ線レールフェスタ」においても展示車両に選ばれた経歴を持ちます。そんな当編成が今回も展示車両に選ばれた理由は、「110」周年の数字を逆読みすると「011」になるから……という説が有力ですが、真相は不明です。

イメージ 5
 
そんなH011編成を使った車内展示の内容は、お仕事紹介や過去の横浜線新聞を掲示したパネル、参加すると景品がもらえる横浜線クイズ、過去のヘッドマークなどを集めた部品展示が主となっていました。
 展示内容としては通常のレールフェスタと大きく変わらないのですが、記念日効果でこれまた長蛇の列となり、最終的には1000名弱の方が乗車されたのではないかと推測します。


 また、車両前面には205系時代の編成札を模したプレートが掲げられるという粋(?)な演出もありました。普段のレールフェスタではあまり弄らない、LED行先表示も頻繁に変わっていたようです。(写真の[快速小机]表示のほか、横浜線各駅停車小机/横浜線快速小机/横浜線快速橋本/団体/快速中山/横浜線各駅停車/横須賀/快速鎌倉など)

イメージ 6

 祭りの締めは返却回送……というわけで、回9561Kで橋本駅4番線に到着する展示車両の返却です。片付けられた展示品は相模原運輸区へ回収するらしく、駅到着後は運び出しが行われていました。
 
 ――さて、あっという間でしたが、こんな感じで開業110周年のメインイベントは幕を閉じました。引き続きスタンプラリーなどの企画は開催中であるほか、H001編成のヘッドマークも10月下旬頃まで取り付けられるということで、しばらくは盛り上がりが続きそうです。来年は111周年というゾロ目キリ番になりますが、110周年とは違う新しい企画が何かあるんでしょうか。楽しみですね。

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事