ここから本文です

書庫+横浜線撮影録

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

 浜急です。
 すっかり更新をおさぼりして、もうこのブログは放置になったのかと思われた皆さま。

忘れたころに復活します ごめんなさい

 さて、今回の記事は「横浜線開業110周年」に関連する内容なのですが、ある事情から記事を分けさせていただきました。その事情はのちほど説明するとして、まずは記念ヘッドマークを取り付けて運用中のH001編成の写真です。

イメージ 1

 順光のカットが欲しいんですが、撮れるときに限って曇ってしまいます。どうやらヘッドマークが取り外される前に、もう何回か横浜に戻ってこないとダメみたいです。あ、そうそうここでは言っていませんでしたね。今は仙台に勤めているんです。ブログの更新頻度が急に落ちたのは、横浜線を追えていないためです。でも横浜線の本は出すんですよね……()

イメージ 2

 せっかくなので快速磯子行まで粘ってみました。
 流石に露出が厳しいですが、なんとかなりましたね。表示も決まってくれたので個人的には満足です。撮ろうと思ってもなかなかうまく行かない、貴重な快速磯子行の走行写真……。

 では、あまり先延ばしにするのもよくないので、
 記事を分けることになった「ある事情」について書きましょう。

 まずは、こちらの写真をご覧ください。

イメージ 3

 こちらは、町田駅で撮影したH014編成の写真です。右側が東神奈川方で、「クハE232-6014」の車両番号が見て取れるかと思います。
 勘のいい方はもうお気づきでしょうか。では、次の画像をご覧ください。

イメージ 4

 同じ写真に加工を施したものです。
 実は、写真左側の2号車に「線路モニタリング装置」がついています。こちらは、以前の記事で紹介しているのですが、横浜線ではH015編成に取り付けられていたはずのものです。
 そしてもうひとつ。写真が悪く読み取りづらいのですが、この2号車の車両番号に注目してください。「サハE233-6215」と書いてあるのがお分かりでしょうか。

 つまり、このH014編成は
[H014編成]
                1号車:クハE232-6014
                2号車:サハE233-6215(元H015編成)
                3号車:モハE232-6014
                4号車:モハE233-6014
                5号車:サハE233-6014
                6号車:モハE232-6414
                7号車:モハE233-6414
                8号車:クハE233-6014
 の混成になっています。

 H014編成は9月中旬に行われた月検査を所定の組成で受けていることから、この状態はそれ以降に鎌倉車両センターを出入りした20日(または21日)から続いていると考えられます。一方、H015編成は7月30日の検査を最後に8月7日から運用を離脱していて、その直後には編成をばらされていたことから、8月中旬から9月20日に至るまでの間に、H014編成以外の編成へサハE233-6215が挿入されていた可能性も否定はできません。
 これまでにE233系で車両単位の組み替え(混成という意味での組み替え)が行われた例は、他線区を含めて聞いたことが無いので初めてではないかと思います。サハE233-6215は組み替え後も引き続き検測を行っていることから、「モニタリング関係で生じたトラブル」というよりは「H015編成自体に異常がある、または意図的に検測装置搭載車両を他編成に振り替えた」と考える方が自然です。しかし、詳しい経緯は今のところ分かっていません。
 恥ずかしながら、最近は横浜線を撮影できる機会が減ってしまったので写真による遡り調査がほとんど出来ず、噂に聞くまで気付きもしませんでした。ここへきて予想外の展開に、またしても執筆のネタが増えて震える浜急でした。

……ちなみにサハE233-6214とサハE233-6215ですが、クーラーも何も同じなので「機器が載せ替わったのではなく、車両が挿し替わった」という証明をするのが非常に難しいです。動画以外で何かいい方法があったら教えてください。

+☆+・。+☆+・。+☆+・。+☆+・。
 
祝  横浜線開業110周年
 
゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚

 みなさまお久しぶりです。浜急です。
 2018年9月23日、横浜線は開業110周年を迎えました。2008年の開業100周年をつい昨日のことのように感じるのですが、あれから10年が経ったんですね。私も横浜線も、ここ10年で本当にいろいろな事がありました。
 10年間を振り返ると、記事が1本では到底足らなくなってしまうので、今回は先日行われたイベント「横浜線開業110周年 Anniversary Party」の模様を簡単に紹介します。

イメージ 1

 朝10時過ぎ。
 東神奈川駅では各駅の駅長さんらが集い、記念ヘッドマーク付き車両の出発式が執り行われました。ヘッドマークは8月からH001編成に取り付けられており、この日は31Kで橋本を出区した後、会場である東神奈川駅まで通常通り営業運転し、折り返しの待ち時間で式典を彩るという次第。途中、台本が早く読み終わってしまい、「ヘッドマーク付き車両が到着します」と言ったところで一本前の車両が入線してしまうという場面もありましたが、咄嗟のクイズで上手く繋ぎ、会場は終始温かい空気に包まれていました。

イメージ 2

 その後、東神奈川駅長の合図でH001編成は時刻通り発車。
 続いて本日のメインイベント会場になっている、小机駅へ移動します。

イメージ 3
 小机駅では、開業110周年を記念した各種グッズやお弁当の販売、E233系車両を使用した展示会を開催。
 さらに、駅のすぐ脇にある地区センターとも連動し、地区センター内体育館でも様々な体験型イベントが行われました。
 物販列はコミケで言うところの「大手シャッター」並に伸びており、11時の販売開始から夕方まで人が途切れる気配はありませんでした。


イメージ 4

 展示車両として選ばれたのは、橋本で運用予備になっていた横浜線のH011編成。実は当日の朝に回9860Kとして小机駅へ送りこまれていました。
 H011編成は元々「小机駅」の駅スタンプロゴステッカーをつけていたことから、4年前の「ハマ線レールフェスタ」においても展示車両に選ばれた経歴を持ちます。そんな当編成が今回も展示車両に選ばれた理由は、「110」周年の数字を逆読みすると「011」になるから……という説が有力ですが、真相は不明です。

イメージ 5
 
そんなH011編成を使った車内展示の内容は、お仕事紹介や過去の横浜線新聞を掲示したパネル、参加すると景品がもらえる横浜線クイズ、過去のヘッドマークなどを集めた部品展示が主となっていました。
 展示内容としては通常のレールフェスタと大きく変わらないのですが、記念日効果でこれまた長蛇の列となり、最終的には1000名弱の方が乗車されたのではないかと推測します。


 また、車両前面には205系時代の編成札を模したプレートが掲げられるという粋(?)な演出もありました。普段のレールフェスタではあまり弄らない、LED行先表示も頻繁に変わっていたようです。(写真の[快速小机]表示のほか、横浜線各駅停車小机/横浜線快速小机/横浜線快速橋本/団体/快速中山/横浜線各駅停車/横須賀/快速鎌倉など)

イメージ 6

 祭りの締めは返却回送……というわけで、回9561Kで橋本駅4番線に到着する展示車両の返却です。片付けられた展示品は相模原運輸区へ回収するらしく、駅到着後は運び出しが行われていました。
 
 ――さて、あっという間でしたが、こんな感じで開業110周年のメインイベントは幕を閉じました。引き続きスタンプラリーなどの企画は開催中であるほか、H001編成のヘッドマークも10月下旬頃まで取り付けられるということで、しばらくは盛り上がりが続きそうです。来年は111周年というゾロ目キリ番になりますが、110周年とは違う新しい企画が何かあるんでしょうか。楽しみですね。
 「線路設備モニタリング装置」の取り付けにあたり、福島県郡山市にある郡山総合車両センターへ入場していた横浜線H015編成が、必要な改修を終えて出場し、2月16日より運用に復帰しています。

イメージ 1
1月12日、郡山総合車両センターへ配給回送されるH015編成

 今回、装置を取り付ける編成にH015編成が選ばれた理由については、末期に製造されたグループとあって総走行距離が他編成に比べて短く、指定保全検査も直近に受けていたためと推測されます。H028編成も同様に末期の製造ですが、同編成をはじめとするJ-TREC横浜事業所製造分の最終グループは2号車に塗油装置を設置しており、載せ替えが必要になることから避けられたのではないかと考えます。

イメージ 2
線路設備モニタリング装置を取り付け、所属区に返却される同編成

 郡山総合車両センターへの入場から1ヶ月余りが経った2月15日、H015編成は再び東北本線へ姿を見せました。写真ではちょうど架線柱がかかっていますが、2号車のサハE233-6215に灰色の機器が設置されているのがわかります。

イメージ 3
 「線路設備モニタリング装置」は、線路の歪みを測定する「軌道変位測定装置」と、線路を繋ぎとめる締結装置などを観測する「軌道材料モニタリング装置」の2つから成る設備です。
 左写真の中央に見える大型の装置が「軌道材料モニタリング装置」その右脇にある装置が軌道変位測定装置」となっています。いずれも左右の軌道状態を監視するために、装置は枕木方向に渡っています。

イメージ 4
新たな装置を抱えて営業運転に就く同編成

 大型の「軌道材料モニタリング装置」は、装置に搭載されている濃淡画像取得用/標高情報取得用の2種類のカメラで左右の線路をそれぞれ撮影し、車上でリアルタイムに画像処理を行うことで、レール締結装置および継目板ボルトの脱落有無を検出します。車両床下という暗い部分の撮影を行うため、装置には白色のLED照明のほか、赤色レーザープロジェクターが内包されており、測定中はそれらが線路を照らしているのを目で確認することができます。
 一方、小ぶりな「軌道変位測定装置」は、開発の途中では「車体装架型慣性正矢軌道検測装置」とも呼ばれ、内部にレーザー変位計を有する光学式の測定機器となっています。自身に搭載されているジャイロスコープと加速度計によって基準となる絶対位置を算出し、それを左右の線路に照射するレーザー光から光学的に測定した線路の相対位置と比較して、軌道変位を求めるという手法です。

イメージ 5
 これまで、軌道変位の測定方法については、機械式をはじめとして様々な形が検討されてきました。それらは作業員の手作業、もしくは専用の検測列車(写真右)によるもので、測定は定期的に実施するほかありませんでしたが、このたび「営業列車に搭載する」という目標が結実したことによって、より連続的なデータの集積、効率的なメンテナンスが可能になります。
 そうした背景から、現在「線路設備モニタリング装置」は各路線への普及が進んでいます

 そんなわけで、当面の間、横浜線ではH015編成が軌道保守の片棒を担ぐことになりました。残念ながら今のところ測定中の様子は確認できていないのですが、引き続き見守っていきたいと思います。

文 献

・株式会社 日本線路技術−線路設備モニタリングセンター
・矢澤英治, 松田博之, 森高寛功: 営業列車で線路を検査する, RRR, Vol.66, No.11, pp18-21, (2009).
・寺島令, 松田博之, 瀧川光伸, 小関昌信: 線路設備モニタリング装置の開発〜営業車搭載用試作品の開発および試験車
 による走行試験〜, JR EAST Technical Review, No.39, pp11-14, (2012).
・古川敦: 軌道の検査・監視技術に関する最近の動向, 鉄道総研報告, Vol.28, No.6, pp1-4, (2014).
・葛西亮平, 西藤安隆, 小松佳弘, 小木曽清高, 矢作秀之, 小西俊之: 線路設備モニタリング装置の概況と今後の方向性, 
 JR EAST Technical Review, No.55, pp21-24, (2016).

03.08 中山臨回電

 3月7日から8日にかけて、所定中山駅中線停泊の31Kが橋本駅に疎開しました。
 現在、平日の中山駅中線停泊は、東神奈川駅22時22分発(ねこ時間←その補足いる?)の町田行である2231Kが町田駅に到着後、中山駅へ回送電車として送られる形となっています。
 しかし、既に当ブログでも既に何度か取り上げているように、夜間停泊運用は構内都合によって留置場所が変わることがあり、今回も何らかの事情によって橋本に疎開されたと推測されます。

イメージ 1
町田駅に停車する回9331K列車@H016編成

 中山駅停泊の送り込みは、来たる3月17日のダイヤ改正以降、平日・土休日とも橋本からになるため、今後の疎開措置については橋本〜中山間の送り込み回送を運休させる形になると思われます(=現行の土休日ダイヤと同じ)。
 したがって、このような町田発の下り回送列車は、町田下中停泊列車の疎開を除いて見られなくなります。

イメージ 2
最終1本前の2325K各駅停車橋本行@H012編成

 中山駅中線の停泊列車は比較的早い時間に到着するため、通常は早朝深夜の下り電車を対岸から撮影することはできません。しかし、今回のように疎開が行われると、中線に車両が居ない状態となるため、終電間際や初電付近の電車でも撮影することができます。
 折角なので始発駅発車時刻が24時以降となる最終の橋本行を見たいところですが、中山駅では上りの最終電車の方が下りの最終電車に比べて発車時間が早いため、「上り最終電車の発車後は上りホームを閉鎖する」とのことで撤収しました。

イメージ 3
東神奈川からやってきた初電車447K@H005編成

 そんなわけで下り終電は撮れませんが、初電であれば何の問題もなく撮影できます。今回は冬季ということもあって、初電後も何本かバルブすることができました。

イメージ 4
疎開した編成は回9532Kとして橋本から返却される

 そして最後に、橋本からの返却回送です。ホーム端の定番構図で収めようと思っていたのですが、想像以上に露出が無い……。今にも雪が降るんじゃないかという3月らしからぬ天気で、厚い雲に太陽が遮られて全然明るくなりません。そんなわけで入線前に急遽場所を移動したわけですが、移動した先に同業さんが居ました。忙しなくてゴメンナサイ。
 ちなみに、今回同行する予定だった(というか正確には私がついていくと言う方が正しい?)知人の方は、疲れからか不幸にも黒塗り、じゃなくて寝過ごしてしまったみたいです。疲れがたまっているみたいなのでお大事にしてください。

★以下、オマケ。
 一昨日6日に撮影した写真も貼っておきます。決して別記事起こすのが面倒とか、そういうことではないんです。決して。

イメージ 5
S字区間を往く大船行列車800K

 先日は久々にこんなところまで足をのばしていました。構図は好きなのですが、僅かな切り位置で印象が全く異なるため、「S字」は難しいです。ちなみにインドネシアの方はS字構図のことを「snake angle」と言っていました。なるほど。鉄道ファン和英辞典に載せたい。

イメージ 6
改正で廃止される朝の大船発直通列車

 ほかにも大船行運用を同じ地点で撮りましたが、本命は逆側の下り列車。朝の大船折返し運用です。大船駅10番線発着の横浜線が無くなるということで、10番線に到着するシーンはこれまで割と撮ってあったのですが、走行のシーンがなかったということで念のため。
 もちろん夕方の始発はあるので、日の長い夏場なら1715Kや1701K(いずれも改正後の列番)の八王子行を同じように撮ることはできると思うのですが、せっかくカーブの撮影地で行先LEDも難なく写せますので、列番3桁の朝運用ということを強調してみました。そしてこのポイントなら、パッと見で磯子以南と分かってもらえるでしょう、多分。

 ちなみに、2月末の話に遡りますが当然こちらも記録しました。

イメージ 7
同じく改正で廃止となる休日夕方の大船発快速八王子行

 それにしても、LEDのダイナミック点灯速度が遅い1/125編成でありながら、特に工夫なく安心してLEDを止められるカーブの撮影地はいいですね。他にも記録しておきたい場所は残っていますが、泣いても笑っても残りの運転回数は2回です。

 結局、「中山臨回電」というタイトルにそぐわない(?)横浜線撮影近況報告になってしましましたが、今回はこんなところで。引き続き、新刊に掲載する写真を十分用意するため、各地走り回ります。

02.02 雪空

この記事は2018年2月2日に撮影した内容です。
 
 雪のニュースから1週間あまり、関東平野部にはまたしても強い寒気が流れ込みました。テレビで「平成26年豪雪」の単語が何度も取り上げられるのを見て、「そういえば、あの年も雪が繰り返し降ったんだっけ」と耽ります。
 しかし、翌朝になってみると東部横浜の天気は雪交じりの雨。先週雪が降った日は用事で十分に撮影ができなかったので、今回こそはと早起きしたものの、期待外れの様相です。

イメージ 1

 あまりの寒さに家へ引き返そうかと思いましたが、「八王子では雪が降っている」との情報を入手し、人影まばらな始発列車に乗り込みました。

 列車に揺られること40分、相模原駅を発車したところで目を覚ますと、辺り一面が真っ白になっていました。「相原国境」こと七国峠を越えてからが本番と思っていましたが、十分すぎる積雪量です。

イメージ 2
イメージ 3

イメージ 4

 七国の峠は白銀に染まり、景色はまるで上越。雪は粉雪と牡丹雪を交互に繰り返して気温の不安定さを物語っていましたが、明るくなってもなお降り続きました。
 4年前、雪煙を上げて最期の力走を見せる205系を前にシャッターを切った撮影地へ向かうため、「国境」を越えて八王子に入ります。

イメージ 5

 みなみ野大橋から見るニュータウンは一面の銀世界でした。橋の形も相まって、アニメやゲームの舞台に迷い込んだような錯覚すら覚えます。駅では朝のラッシュが始まっていて、傘を片手に電車に乗り込むサラリーマンや学生の姿がありました。

イメージ 6

 みなみ野大橋から少し片倉側に進み、下り電車を撮影。望遠系の撮影地では、粒の大きい雪が一気に降ると、行先すら判読が怪しくなります。

イメージ 7

 こちらは朝夕限定の相模線からの乗り入れ車両。最近は前照灯のLED化が進められているようですが、運よく未更新タイプを撮影できました。そういえば、JRの発表によると横浜線は全駅にホームドアを設置する方針で動いているようですが、相模線直通電車もいずれは無くなる運命なのでしょうか……?

イメージ 8 イメージ 9

 もう少し片倉側に移動し、違うアングルも撮影しました。撮影地としては横浜線の中でも有名なポイントのひとつで、ほぼ同じ場所から上下線を撮ることができます。下り電車に関しては、もう少し車両を引き付けて撮影した方が魅力的な写真になるのかもしれません。

イメージ 10

 そして目的の撮影地点に到着。電柱の位置関係が非常に悩ましい場所ですが、構図はお気に入りのポイント。雪景色では小物や背景がある程度溶け込んでくれるので、ゴチャゴチャ感がなくなります。205系を撮影した時はこんなきれいに雪粒を捉えることはできなかったと思うのですが、今回はかなり綺麗に写りました。粒の大きさと風、シャッター速度の兼ね合いでしょうか。

イメージ 11

 雪粒を綺麗にとらえたのは先ほどの写真ともう一枚ぐらいで、他は普通でした。こちらは同じ撮影地での写真ですが、表示が「各駅停車東神奈川」となっていたので掲載しました。

 未明から降り始めた雪は午前9時過ぎに雨交じりに変わり、10時には完全にやみました。最後に少し雨が混じったこともあって、バラストに積もった雪はみるみる解けていきました。

イメージ 12 イメージ 13

 今年の積雪はおそらくこれが最後かと思われますが、一番行きたかった片倉のポイントも押さえられましたし、どうにかノルマは達成しました。一方、雪の相原七国峠で横浜線を撮ってみたい、というよからぬ願望も新たに生まれてしまい、終わりが見えません。
 最後に、もうおなじみかもしれませんが、片倉のポイントで撮影した205系の写真を掲載しておきます。
イメージ 14

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事