ここから本文です

書庫+横浜線撮影録

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

 「線路設備モニタリング装置」の取り付けにあたり、福島県郡山市にある郡山総合車両センターへ入場していた横浜線H015編成が、必要な改修を終えて出場し、2月16日より運用に復帰しています。

イメージ 1
1月12日、郡山総合車両センターへ配給回送されるH015編成

 今回、装置を取り付ける編成にH015編成が選ばれた理由については、末期に製造されたグループとあって総走行距離が他編成に比べて短く、指定保全検査も直近に受けていたためと推測されます。H028編成も同様に末期の製造ですが、同編成をはじめとするJ-TREC横浜事業所製造分の最終グループは2号車に塗油装置を設置しており、載せ替えが必要になることから避けられたのではないかと考えます。

イメージ 2
線路設備モニタリング装置を取り付け、所属区に返却される同編成

 郡山総合車両センターへの入場から1ヶ月余りが経った2月15日、H015編成は再び東北本線へ姿を見せました。写真ではちょうど架線柱がかかっていますが、2号車のサハE233-6215に灰色の機器が設置されているのがわかります。

イメージ 3
 「線路設備モニタリング装置」は、線路の歪みを測定する「軌道変位測定装置」と、線路を繋ぎとめる締結装置などを観測する「軌道材料モニタリング装置」の2つから成る設備です。
 左写真の中央に見える大型の装置が「軌道材料モニタリング装置」その右脇にある装置が軌道変位測定装置」となっています。いずれも左右の軌道状態を監視するために、装置は枕木方向に渡っています。

イメージ 4
新たな装置を抱えて営業運転に就く同編成

 大型の「軌道材料モニタリング装置」は、装置に搭載されている濃淡画像取得用/標高情報取得用の2種類のカメラで左右の線路をそれぞれ撮影し、車上でリアルタイムに画像処理を行うことで、レール締結装置および継目板ボルトの脱落有無を検出します。車両床下という暗い部分の撮影を行うため、装置には白色のLED照明のほか、赤色レーザープロジェクターが内包されており、測定中はそれらが線路を照らしているのを目で確認することができます。
 一方、小ぶりな「軌道変位測定装置」は、開発の途中では「車体装架型慣性正矢軌道検測装置」とも呼ばれ、内部にレーザー変位計を有する光学式の測定機器となっています。自身に搭載されているジャイロスコープと加速度計によって基準となる絶対位置を算出し、それを左右の線路に照射するレーザー光から光学的に測定した線路の相対位置と比較して、軌道変位を求めるという手法です。

イメージ 5
 これまで、軌道変位の測定方法については、機械式をはじめとして様々な形が検討されてきました。それらは作業員の手作業、もしくは専用の検測列車(写真右)によるもので、測定は定期的に実施するほかありませんでしたが、このたび「営業列車に搭載する」という目標が結実したことによって、より連続的なデータの集積、効率的なメンテナンスが可能になります。
 そうした背景から、現在「線路設備モニタリング装置」は各路線への普及が進んでいます

 そんなわけで、当面の間、横浜線ではH015編成が軌道保守の片棒を担ぐことになりました。残念ながら今のところ測定中の様子は確認できていないのですが、引き続き見守っていきたいと思います。

文 献

・株式会社 日本線路技術−線路設備モニタリングセンター
・矢澤英治, 松田博之, 森高寛功: 営業列車で線路を検査する, RRR, Vol.66, No.11, pp18-21, (2009).
・寺島令, 松田博之, 瀧川光伸, 小関昌信: 線路設備モニタリング装置の開発〜営業車搭載用試作品の開発および試験車
 による走行試験〜, JR EAST Technical Review, No.39, pp11-14, (2012).
・古川敦: 軌道の検査・監視技術に関する最近の動向, 鉄道総研報告, Vol.28, No.6, pp1-4, (2014).
・葛西亮平, 西藤安隆, 小松佳弘, 小木曽清高, 矢作秀之, 小西俊之: 線路設備モニタリング装置の概況と今後の方向性, 
 JR EAST Technical Review, No.55, pp21-24, (2016).

この記事に

開くトラックバック(0)

03.08 中山臨回電

 3月7日から8日にかけて、所定中山駅中線停泊の31Kが橋本駅に疎開しました。
 現在、平日の中山駅中線停泊は、東神奈川駅22時22分発(ねこ時間←その補足いる?)の町田行である2231Kが町田駅に到着後、中山駅へ回送電車として送られる形となっています。
 しかし、既に当ブログでも既に何度か取り上げているように、夜間停泊運用は構内都合によって留置場所が変わることがあり、今回も何らかの事情によって橋本に疎開されたと推測されます。

イメージ 1
町田駅に停車する回9331K列車@H016編成

 中山駅停泊の送り込みは、来たる3月17日のダイヤ改正以降、平日・土休日とも橋本からになるため、今後の疎開措置については橋本〜中山間の送り込み回送を運休させる形になると思われます(=現行の土休日ダイヤと同じ)。
 したがって、このような町田発の下り回送列車は、町田下中停泊列車の疎開を除いて見られなくなります。

イメージ 2
最終1本前の2325K各駅停車橋本行@H012編成

 中山駅中線の停泊列車は比較的早い時間に到着するため、通常は早朝深夜の下り電車を対岸から撮影することはできません。しかし、今回のように疎開が行われると、中線に車両が居ない状態となるため、終電間際や初電付近の電車でも撮影することができます。
 折角なので始発駅発車時刻が24時以降となる最終の橋本行を見たいところですが、中山駅では上りの最終電車の方が下りの最終電車に比べて発車時間が早いため、「上り最終電車の発車後は上りホームを閉鎖する」とのことで撤収しました。

イメージ 3
東神奈川からやってきた初電車447K@H005編成

 そんなわけで下り終電は撮れませんが、初電であれば何の問題もなく撮影できます。今回は冬季ということもあって、初電後も何本かバルブすることができました。

イメージ 4
疎開した編成は回9532Kとして橋本から返却される

 そして最後に、橋本からの返却回送です。ホーム端の定番構図で収めようと思っていたのですが、想像以上に露出が無い……。今にも雪が降るんじゃないかという3月らしからぬ天気で、厚い雲に太陽が遮られて全然明るくなりません。そんなわけで入線前に急遽場所を移動したわけですが、移動した先に同業さんが居ました。忙しなくてゴメンナサイ。
 ちなみに、今回同行する予定だった(というか正確には私がついていくと言う方が正しい?)知人の方は、疲れからか不幸にも黒塗り、じゃなくて寝過ごしてしまったみたいです。疲れがたまっているみたいなのでお大事にしてください。

★以下、オマケ。
 一昨日6日に撮影した写真も貼っておきます。決して別記事起こすのが面倒とか、そういうことではないんです。決して。

イメージ 5
S字区間を往く大船行列車800K

 先日は久々にこんなところまで足をのばしていました。構図は好きなのですが、僅かな切り位置で印象が全く異なるため、「S字」は難しいです。ちなみにインドネシアの方はS字構図のことを「snake angle」と言っていました。なるほど。鉄道ファン和英辞典に載せたい。

イメージ 6
改正で廃止される朝の大船発直通列車

 ほかにも大船行運用を同じ地点で撮りましたが、本命は逆側の下り列車。朝の大船折返し運用です。大船駅10番線発着の横浜線が無くなるということで、10番線に到着するシーンはこれまで割と撮ってあったのですが、走行のシーンがなかったということで念のため。
 もちろん夕方の始発はあるので、日の長い夏場なら1715Kや1701K(いずれも改正後の列番)の八王子行を同じように撮ることはできると思うのですが、せっかくカーブの撮影地で行先LEDも難なく写せますので、列番3桁の朝運用ということを強調してみました。そしてこのポイントなら、パッと見で磯子以南と分かってもらえるでしょう、多分。

 ちなみに、2月末の話に遡りますが当然こちらも記録しました。

イメージ 7
同じく改正で廃止となる休日夕方の大船発快速八王子行

 それにしても、LEDのダイナミック点灯速度が遅い1/125編成でありながら、特に工夫なく安心してLEDを止められるカーブの撮影地はいいですね。他にも記録しておきたい場所は残っていますが、泣いても笑っても残りの運転回数は2回です。

 結局、「中山臨回電」というタイトルにそぐわない(?)横浜線撮影近況報告になってしましましたが、今回はこんなところで。引き続き、新刊に掲載する写真を十分用意するため、各地走り回ります。

この記事に

開くトラックバック(0)

02.02 雪空

この記事は2018年2月2日に撮影した内容です。
 
 雪のニュースから1週間あまり、関東平野部にはまたしても強い寒気が流れ込みました。テレビで「平成26年豪雪」の単語が何度も取り上げられるのを見て、「そういえば、あの年も雪が繰り返し降ったんだっけ」と耽ります。
 しかし、翌朝になってみると東部横浜の天気は雪交じりの雨。先週雪が降った日は用事で十分に撮影ができなかったので、今回こそはと早起きしたものの、期待外れの様相です。

イメージ 1

 あまりの寒さに家へ引き返そうかと思いましたが、「八王子では雪が降っている」との情報を入手し、人影まばらな始発列車に乗り込みました。

 列車に揺られること40分、相模原駅を発車したところで目を覚ますと、辺り一面が真っ白になっていました。「相原国境」こと七国峠を越えてからが本番と思っていましたが、十分すぎる積雪量です。

イメージ 2
イメージ 3

イメージ 4

 七国の峠は白銀に染まり、景色はまるで上越。雪は粉雪と牡丹雪を交互に繰り返して気温の不安定さを物語っていましたが、明るくなってもなお降り続きました。
 4年前、雪煙を上げて最期の力走を見せる205系を前にシャッターを切った撮影地へ向かうため、「国境」を越えて八王子に入ります。

イメージ 5

 みなみ野大橋から見るニュータウンは一面の銀世界でした。橋の形も相まって、アニメやゲームの舞台に迷い込んだような錯覚すら覚えます。駅では朝のラッシュが始まっていて、傘を片手に電車に乗り込むサラリーマンや学生の姿がありました。

イメージ 6

 みなみ野大橋から少し片倉側に進み、下り電車を撮影。望遠系の撮影地では、粒の大きい雪が一気に降ると、行先すら判読が怪しくなります。

イメージ 7

 こちらは朝夕限定の相模線からの乗り入れ車両。最近は前照灯のLED化が進められているようですが、運よく未更新タイプを撮影できました。そういえば、JRの発表によると横浜線は全駅にホームドアを設置する方針で動いているようですが、相模線直通電車もいずれは無くなる運命なのでしょうか……?

イメージ 8 イメージ 9

 もう少し片倉側に移動し、違うアングルも撮影しました。撮影地としては横浜線の中でも有名なポイントのひとつで、ほぼ同じ場所から上下線を撮ることができます。下り電車に関しては、もう少し車両を引き付けて撮影した方が魅力的な写真になるのかもしれません。

イメージ 10

 そして目的の撮影地点に到着。電柱の位置関係が非常に悩ましい場所ですが、構図はお気に入りのポイント。雪景色では小物や背景がある程度溶け込んでくれるので、ゴチャゴチャ感がなくなります。205系を撮影した時はこんなきれいに雪粒を捉えることはできなかったと思うのですが、今回はかなり綺麗に写りました。粒の大きさと風、シャッター速度の兼ね合いでしょうか。

イメージ 11

 雪粒を綺麗にとらえたのは先ほどの写真ともう一枚ぐらいで、他は普通でした。こちらは同じ撮影地での写真ですが、表示が「各駅停車東神奈川」となっていたので掲載しました。

 未明から降り始めた雪は午前9時過ぎに雨交じりに変わり、10時には完全にやみました。最後に少し雨が混じったこともあって、バラストに積もった雪はみるみる解けていきました。

イメージ 12 イメージ 13

 今年の積雪はおそらくこれが最後かと思われますが、一番行きたかった片倉のポイントも押さえられましたし、どうにかノルマは達成しました。一方、雪の相原七国峠で横浜線を撮ってみたい、というよからぬ願望も新たに生まれてしまい、終わりが見えません。
 最後に、もうおなじみかもしれませんが、片倉のポイントで撮影した205系の写真を掲載しておきます。
イメージ 14

この記事に

開くトラックバック(0)

 こんばんは。

 「最近、横浜線撮ってますか?」と聞かれて思い出したのですが、つい先月まで研究に追われていたこともあってか、「横浜線撮影録」の記事を全然更新していませんでした。
 そんなわけで、最近……でもないかもしれませんが、まとめて更新します。2月以降については記事が長くなるので、頃合いをみて別途掲載させていただきます。

  12月15日 大船臨回電「回9916K」運転
 
イメージ 1
中山駅に停車する回9916K列車
 
 鎌倉車両センター入出区運用の17K運用が都合により橋本留置となり、臨時回送列車が運転されました。通常は不定期回送列車8916Kでの運転ですが、9916Kとして運転されました。
 17日に控えた春のダイヤ改正後は、平日・土休日とも大船出入区運用に大きな動きが発生しますので、不定期回送列車のダイヤもどのようになるのか注目です。


  12月17日 菊名駅橋上駅舎化
 
イメージ 2
新たにオープンした橋上駅舎の入口に立つ駅関係者ら
 
 菊名駅のバリアフリー化工事がひとつ大きな区切りを迎え、新しい橋上コンコースが12月17日の初電から供用開始となりました。これまで、JR線側の通路にはエスカレーターやエレベーターの設備がありませんでしたが、今回の工事でその問題が解消*されました。また、通路の変更に伴って1ラッチの連絡改札が廃止されたため、東横線への乗り換え時には必ず2回改札を通ることになります。工事の詳細は別途記事に起こす予定です。
※ホームとコンコースを結ぶエレベーターは、2018年2月28日に使用開始されました。


  1月11日 TASC装置性能確認試運転
 
イメージ 3
イメージ 4
▲試運転列車設定に伴う臨時回送列車

  東神奈川駅・横浜駅・桜木町駅のホームドア
 設置に先駆け、TASC装置の性能確認試運転が
 小机〜磯子間で終電後に行われました。
  これに伴い、小机駅中線停泊となる11Kが東
 神奈川駅浜2番へ疎開留置されました。
_※東神奈川駅では現在ホームドア施工中の京下・京上に発着
_
 ◀横浜駅に進入する「試9390K」試運転列車

 
  1月12日 H015編成郡山総合車セ入場
 
イメージ 5
電気機関車の牽引で東海道線を上るH015編成
 
 営業列車を用いて軌道状態を監視し、連続的なデータの集積によってメンテナンス頻度の適正化を図る「線路モニタリング装置」が横浜線にも導入されることになり、各種装置の取り付けのためH015編成が郡山総合車両センターへ配給回送されました。
 「線路モニタリング装置」は既に京浜東北線や中央線などで各線区1〜2編成程度設置が進んでいますが、横浜線では初めての導入になります。
 

  1月14日 日々の撮影
 
イメージ 6 イメージ 7
H004編成(左)とH013編成(右)

 研究がひと段落し、天気もよかったので撮影へ。久々に十日市場駅付近のポイントを訪れましたが、時期尚早だったようで木の陰が伸びていました。昼過ぎには成瀬〜長津田間のお立ち台に移動し、ちょうど運用入りしていたH013編成を撮影。3号車に搭載しているFRPキセのクーラーが目立ちます。
 

  1月17日 大船駅10番線到着「734K」
 
イメージ 8
イメージ 9

 夕方の大船折返し運用なき現在、唯一無二の存在となってしまった大船駅10番線折返し運用である「734K」を撮影。
 某ニュースサイトに掲載された横浜線のダイヤ改正情報から廃止の臭いがしましたが、まさか本当に廃止されるとは思ってもみませんでした……。

 大きなカーブを描いて駅に到着する列車(上)、
 大船駅10番線に停車する横浜線(右)


  1月19日 相原七国峠を攻略せよ
 
イメージ 10
イメージ 11

  七国峠は横浜線が相原〜八王子みなみ野間の
 トンネルで貫く区間で、一部は住都公団の手に
 より開発が進められてきた一方、手つかずの自
 然も多く残る未開の鎌倉古道です。
  この山で藪漕ぎをして単線区間風の写真を撮
 る計画から2年余り、ついに実行しました。
 
 相原トンネルに入る上り列車(左)と、
 宇津貫緑地からの夜景(上)


  1月22日 今年の雪〜その1〜
 
イメージ 12 イメージ 13
ベルが鳴りやんだホームで(左)、雪降る東神奈川駅に到着する列車(右)

 この日は朝から雪が降っていましたが、研究の関係で夜のみ撮影。深々と雪降る東神奈川駅でのカットです。テレビでは「平成26年豪雪」が引き合いに出されていましたが、横浜線は減便こそあれど大規模なトラブルに陥ることはありませんでした。夜遅くまで雪かき等に尽力して下さった関係者の方々、本当にお疲れ様でした。


  2月1日 早朝の小机駅

イメージ 14
515K各駅停車八王子行@H008編成

 夏に発刊予定で鋭意制作中の新刊『E233-6000 data library』の取材のため、初電で小机駅を訪れました。車内の小物を色々撮るには、ガラガラの小机始発が一番いいんですよね。
 写真は中線発着列車の合間に撮った下り列車。日の出が遅い冬期限定のカットです。


 駆け足で掲載してまいりました。4月からは仕事で学生時代ほど自由が利かなくなるので、今のうちに新刊で使いそうな写真は撮っておこうと走り回っております。ただ、他にもやらなきゃいけないことがたくさんあるので……もう飽和しています。本当は1つ1つ記事にして、細かく書きたいこともあるのですが、そんなわけでこのような雑なまとめになってしまうことをお許しください\(>_<@)/

この記事に

開くトラックバック(0)

 学生時代最後になるであろう夏休みが始まって間もなく、横浜線では日産スタジアムでのコンサートイベントに合わせた臨時列車が運転されました。今回はMr.Childrenのスタジアムツアーの初日だったようです。
 実は、この横浜線コンサート臨に関連して、先日面白いことが起きていました。当時放送中だったアニメ『Re:CREATORS』で、日産スタジアムや港北ICが舞台になっており、地元民の心をくすぐる場面があったのです。しかし、それだけではこのブログにわざわざ書いたりしません。
イメージ 1
 こちらが、私の盛り上がりが最高に達したカットです。アニメ第16話において、日産スタジアムへ向かう途中、東神奈川駅から横浜線に乗車する場面で挿し込まれました。
 アニメで鉄道駅の発車標が写るケースは少なくありませんが、なんとATOS化以前の東神奈川駅の発車標が非常に細かく、正確に再現されているではありませんか……! 
画像:© TROYCA/「Re:CREATORS」製作委員会

 そして何より、この構図とシチュエーションに見覚えがあり過ぎます。
 視聴後、YouTubeに公開している自分の動画を慌ててチェックしました。

イメージ 2
こ れ だ
 
 動画は2013年の夏に撮影したもので、再生数は600余りと決して多くはないのですが……
 本当にこの動画が参考にされたのか、については不明なものの、構図とシチュエーションは完全に一致です。ちょっとニヤニヤしてしまう出来事でした。

 話を戻して、この日も下り快速の小机駅臨時停車の措置がありましたが、中間発表前だったこともあり、夜の臨時列車のみ狙いました。

イメージ 3

 送り込みとなる回送列車は古淵駅で撮影。相模原駅での撮影を計画していましたが、出発が遅れて間に合いそうになかったため、手前の古淵駅で構える判断になりました。
 乗務区所が橋本に移ってからは、臨時列車も東神奈川始発ではなく橋本始発で運用されているようで、橋本〜小机間回送・小机駅から東神奈川行として運転という形が多くみられるようになりました。小机駅停泊となる電車が臨時列車に参加することもなく、ダイヤの組み方も随分変わったんだなぁ、というのが正直な感想です。

イメージ 4
 そしてこの古淵駅、思っていたより各駅停車を撮りやすい……。
 横浜線内には、上り電車を夜間に長時間露光で撮れるような駅が無いため、これまでは対向式ホームである相模原駅で「流し撮り」をしていました。古淵駅は暗いだろう、という先入観ゆえの判断だったのですが、どうやら間違いだったようです。明るいし、停車直前で遅いので、楽に撮影来出ます。


イメージ 5
 こちら2本目の回送。各駅停車よりは速度が出ているので、「流し撮り」の腕が試されますが、残念ながらボロボロでした。
 一瞬、「快速磯子行」も相模原駅ではなく古淵駅で撮れば……とも思いましたが、良く考えなくても古淵駅は通過駅で、今回の回送電車とは比べ物にならない速度で通過するのでダメでした。いや、「流し撮り」の腕を上げろ、という話なのですが。


 この辺りで、相模原駅で構えていた知り合いが、「2本とも被られた」と泣く泣く古淵駅に引き上げてきました。家を定刻で出ていれば、自分も相模原駅で撮影していたはず。遅れが功を奏しました。しかし、結局3本目は下り電車に被られてしまいました。
 その後は小机駅へ向かい、今回の「インフレ列番」を撮影。普段では見られない、81Kなどといった番号です。当初は変化目まぐるしい菊名駅でスナップの予定でしたが、「種別表示が"各駅停車"の状態のインフレ運番を撮っておきたいぞ」と急に思い立ち、小机駅に残留。

イメージ 6

イメージ 7
 狙っていた9181K「各駅停車 東神奈川」表示はどうにか撮影に成功。最後に、すっかり人が居なくなった小机駅にやってきた、最後の上り臨時列車である9220KのH017編成を撮影して終了となりました。
 今回使用された臨時列車3本は、東神奈川駅から下りの橋本止まり(一部町田止め・町田〜橋本間は回送)となって橋本の車庫に戻されました。



 レポートは以上ですb

この記事に

開くトラックバック(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事