ここから本文です

あさぎのたより

書庫+横浜線撮影録

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

03.21 横浜線強歩

 不穏なタイトルはさておき、横浜線を撮影しました。

イメージ 1
◆2101K H013
 まずは、大船から出区する01K(2)の片道運用、2101Kを撮影。
 入線前から発車直前まで、手前の8番線に大船駅止まりの湘南新宿ラインが居座るため、撮影時間はほんの僅かしかありません。

イメージ 2
 特に追いかける意味はないのですが、2101Kが発車した数分後に大船駅を出る東海道線に乗り込み、横浜駅でもう1発。
 どうやら乗車した東海道線の続行列車が茅ヶ崎駅で人身事故を起こしたようで、間一髪、運転見合わせを回避しました。
 ところで、休日の01Kは、不定期回送列車が設定されている運用であり、特に復路の列車番号は8000Kというキリ番で設定されています。ダイヤ改正で番号が変わる前に、1度は撮っておきたいのですが、運転日はもちろん不明ですし、昔のように運用統計をとっているわけでもないので、なかなか遭遇しません。
 時には人の手も借りながら、毎日26運用全てを確認して、ひとたびダイヤが乱れれば平復後の運用を調べるために外出していた当時は、今考えると相当ヒマだったんだなと思います。たまりにたまった数年分の膨大な運用・検査データから、運用の流れを確率的に計算して予測するために、確率統計の基礎を学んだり、いつもどこかズレている人間です。



イメージ 3
◆2219K H016
 その後は、そのまま横浜線を下り、小机駅で撮影。
 フルサイズ機は撮像素子が大きいので、比較的感度がよく、夜間撮影が捗ります。

イメージ 4
◆2249K H011
 ホワイトバランスを直して挑む2本目。
 時間が時間なので、八王子行ばかりやって来ます。

イメージ 5
◆2235K H022
 そして2235K。休日、小机で撮影できる最後の列車です。
 2235Kに続いて、小机駅中線停泊となる回2333Kが運転されます。もちろん回2333Kも撮影したのですが、大失敗したのでお蔵入りです。

イメージ 6
◆停泊 H019
 というわけで、パンタグラフを降ろした後の写真だけ掲載します。
 小机駅中線停泊は毎晩ありますが、ごくまれに、下り本線で留置を行うことがあります。おそらく夜間作業の関連と思うのですが、この場合、翌朝の東神奈川発下り初列車が、中線着発になります。私は205系時代に1度だけ経験しました。

イメージ 7
◆2440K H025
 そして本命、「お前何撮ってるの」案件です。
 列番が偶数なので上り列車。そうです。横浜線上り最終の町田行です。平日は2406K、休日は2440Kで運転されます。定期列車で始発駅発車時刻が24時を回る列車は以下の通りです。

・▼下り 24:15 東神奈川→橋本(下り最終)
・△上り 24:04 八王子→橋本
・△上り 24:14 八王子→町田(上り最終)

 また、上り列車の橋本行・町田行は、これら24時を回ってから走る2本を除いて設定されていません。
 そんなわけで、24**Kの上り橋本行・町田行は、そのために車を走らせてきた猛者、運転区間内に住む地元民、もしくは帰宅をあきらめた人間くらいしか撮影することができないのですが……

歩いて帰ればいいんじゃね?

(大口まで)30kmくらい歩けるっしょ
そんなに歩いたことないけど
 

 という完全な思い付きで、能天気に撮影しました。
 雨予報にもかかわらず、傘ももたずに30km歩こうと言うんですから、どれくらい思い付きだったか分かると思います。
 というわけで、上り最終電車を見送ったのち、ずぶ濡れになりながら横浜線沿線を5時間40分かけて31km歩いて帰りました。(※自宅に着くころにはとっくに朝を迎え、電車が動いてました……)
 野辺山高地演習のおかげもあってか、ゴールできたのはいいのですが、足が悲鳴を上げていますので、もうやらないと思います……

この記事に

開くトラックバック(0)

03.16 曇天

 時間ができたので、久々に地元で撮影しました。
 横浜線のE233系、2号車の塗油装置の有無や、クーラーの載せ替えでバリエーションが出てきてはいるのですが、205系に比べると撮影の面白みがどうしても薄らいでしまいます。
 それでも、定期的に横浜線を撮りたくなるので撮ってはいるのですが、写真を並べても説明することがなく、寂しいですね。

イメージ 1

 1本目です。晴れているから家を出たのに、いつの間にか曇っています。やって来たのは前面LEDの点滅速度が1/125秒のH015編成。流石に自分の技量では、この構図でLEDを止めることは難しいです。

イメージ 2

 続いて2本目。先ほどは到着してすぐのタイミングでカメラの設定が間に合わず、昼間にもかかわらずISOが1000という設定になってしまったので、ISOを落としてマニュアル撮影。
 H025編成ということで、2号車の塗油装置設置編成が来ました。他の機器に比べて少し奥まった場所にあるので、編成写真で塗油装置の有無を判別するのは難しいのですが、この構図ではギリギリ分かります。(2号車前寄りの台車の空気ばねの付近に注目)

イメージ 3

 曇天でやる気がなくなりつつも3本目。H020編成。
 ここまで撮って、ようやく編成の後ろの異変に気が付きます。いつの間にかコンクリートの塊がそびえ立っているではありませんか。
 どう考えても「きたせん」の馬場出入口関係なのですが、これまで編成の背後にあった木々は跡形もなくなり、換気口に取って代わられたようです。
 最後にH003編成を撮りましたが、構図を少し変えたところ、ピントを外したためお蔵入り。

 う〜ん、久々に光線の良い状態で撮影がしたい!

この記事に

開くトラックバック(0)

 1日遅れましたが、
 横浜線E233系が営業運転を開始してから、今年で3年目になりました。
イメージ 1

 写真は、撮りたてホヤホヤの「2017K」です。今年が2017年なので、それに合わせようと狙っていたのですが、昨日は撮り逃してしまったため、掲載が1日遅れました。
 先日、横浜市は平成29年度の都市整備局予算概要¹を発表し、平成29年度から新規に取り組む事業や、継続して取り組む事業、今後の事業計画を予算などどともに公表しました。その中で、「鉄道駅可動式ホーム柵整備事業」として、29年度以降のホームドア設置駅に、JR京浜東北・根岸線のJR横浜線の東神奈川、横浜、桜木町、関内、山手、大船の各駅、および横浜線の東神奈川、大口、菊名、新横浜、長津田の各駅が明記され、根岸線や横浜線にも、ホームドア導入の波が迫っています。設置補助の基準には、日あたり乗降人員のほかに、視覚障害者利用施設の最寄駅であることが加味され、横浜市立盲特別支援学校の最寄駅である大口駅も、補助対象駅のひとつになっています。
イメージ 2
 また、資料には、東神奈川駅・桜木町駅へ、29年度中にホームドアを整備することも明記されており、近いうちに両駅で工事が始まるものと思われます。
 ただ、鉄道ファン目線で疑問に思う点は、京浜東北線と横浜線の、編成両数の異なる2路線の車両が同じホームを共有するため、最大1.5mほどのドアの位置のズレをどのように吸収するのか、ということです。
▲町田駅で試験導入中の新型ホームドア

 私見としては、町田駅に試験導入されているホームドアのような、従来のものに比べて開口幅の広いホームドアを採用し、特にドアの位置がずれる部分では、車両とホームドアとの間隔を広く取ることで、ズレを吸収するのではないかと考えています。町田駅では、最後部のドア部分だけ、車両とホームドアとの間隔が広くなるように設置されています。当初は、乗務員が乗り降りするためかと思っていましたが、設置工程図を見ると、最前部は間隔が広がっていません。運転士は車掌と違って頻繁に乗り降りしないとはいえ、今考えると、根岸線内や東神奈川駅でのホームドア設置に向けた検証に思えてならないのです。
 そんな町田駅のホームドアも、来月から設置場所がさらに拡大され、八王子方の1号車前2つのドアを除いた、ほぼすべてのドアに対して、ホームドアが設置される予定です。
※設置場所は4番線のみ。八王子方最前部2箇所を含めた、全てのホームドア設置完了は今年の夏を予定している。²

 ホームドア以外にも、いくつか驚くニュースがありました。
 ひとつは、桜木町駅に改札を新設するというもの。つい最近北改札ができたと思っていたのに、さらに改札口が増えるとは驚きました。資料によれば、桜木町駅の大船方の端に新たに階段を設置し、地上階にコンコースを設ける計画のようです。29年度には着工する計画ですので、工事が始まれば、また駅の様子も変わってくると思います。
イメージ 3
 もうひとつは、東高島駅北地区開発事業に伴う、土地区画整理事業です。一見、横浜線とは無縁のように思われますが、この土地区画整理事業の該当区域には、旧海神奈川支線から高島貨物線に通じる廃線・廃橋部分が含まれています。
 ということは、あと数年もたたないうちに、左写真の廃線跡も見られなくなってしまうかもしれません。
 今年の横浜線も、色々と変化がありそうで楽しみですね。

参 考

この記事に

開くトラックバック(0)

01.14 Untitled


「端っこで受けてもセンター試験」

 かつての恩師は事あるごとにこう言っていました。

 というわけで、今年も全国大学入試センター試験の時期になりました。
 私の通う大学も会場になるので、今日と明日の2日間は、学生の立ち入りが全面的に禁止されています。小生が履修している土曜開講科目も、今日はお休みです。

イメージ 1
 822K 各駅停車東神奈川行:H027編成
 普段なら、一週間の講義で疲れ切って遅い時間まで起きてこない私ですが、何故か今日は目覚めが良かったため、気分転換に横浜線を撮影。場所が変わり映えしませんが、とりあえずここで快速大船行を狙うのが定石になってしまっているので、しばし待ちます。
 金曜日、Twitterで前照灯が片方点いていないH027編成の写真が上がっていたのですが、小机停泊運用だったため、今日もそのまま運用に入っていました。明日あたり、橋本予備か大船入区で修理されそうです。

イメージ 2
3848K 快速大船行:H013編成 
 メインの快速大船行ですが、見事に「根岸線直通」表示で撃沈です。前回も撃沈した覚えがあります。相変わらずなかなか手強いやつです。
 このあとは、12月の検査出場でAU726A形クーラーを搭載したH003編成を狙うために移動。横浜線E233系初のAU726A形搭載ということで、報告があった当初はかなりテンションが上がりましたが、なかなか撮影の機会に恵まれませんでした。

イメージ 3
1034K 各駅停車東神奈川行:H003編成
 いつも行っている場所で撮影しても面白くないので、久々に足を延ばして淵野辺に。この場所での撮影は本当に久しぶりです。成瀬のゴミ集積場からの俯瞰でもよかったのですが、実はブログに残せていないだけで、あそこには何回か横浜線を撮りに行っていますし、そもそも土曜日は燃えるごみの収集があるので、やめました。
 撮影を始めたころは晴れていたのですが、今日は雲が多く、曇ったり晴れたりと露出の読めない状況が続き、H003編成が通過するころにはドン曇りに。おかげで4号車に搭載されている例のクーラーが全くもって目立ちません。要リベンジです。

イメージ 4
1112K 各駅停車東神奈川行:H005編成
 一方、最近出場したH005編成は、ご覧の通りの光線で撮影できました。とはいえ、こちらにはAU726A形クーラーの搭載はされていません。強いて言えば、1号車がAU726B、2号車がAU726G4を搭載していますので、異形クーラー混載状況が分かりやすくはあるのですが、やっぱりFRPキセ混載が撮りたかった……!
 折角ここまで来たので1時間半ほど粘り、空とにらめっこをしました。(苦笑)

イメージ 5
 帰る途中、「スマートホームドア」が稼働中の町田駅で寄り道。一時は「車掌に反応してホームドアが閉められない」とか、「ホームドアがロックされてしまう」とか、トラブル続きで稼働を中止していたようですが、現在は再び動いています。
 今日は、朝から蕨駅で視覚障碍者がホームから転落して死亡する、という痛ましい事故もありましたので、ホームドアの必要性をひしひしと感じながらの見学ということに。ホームドアの設置は賛否がありますが、視覚障碍者や泥酔客の転落が相次いでいることを考えると、設置した方がいいのかな、とは思います。「設置したところで人身事故は防げてないじゃないか!」「この構造では子供が潜り抜ける、子供が落ちたらどうするのか!」とい意見も散見されますが、パレート分析から考えれば、転落"事故"による人身事故防止は、設置促進のための十分な理由になるのではないでしょうか。
 その中で、構造や強度、設置コストなどの面から、より先進的なモデル、妥協できるモデルを考えていくことは当然の流れでしょうし、このスマートホームドアも、そうした経緯の中で生まれてきたものです。個人的には、
 ・ホームに落ちているゴミでいちいちホームドアが誤作動しない
  ……山手線は、こういうので「ドア点検」となり遅れる
 ・石積みホームでも容易に設置できる
  ……今のところ、ホームドアは下からも固定が必要なので、ホーム下部に隙間の無い、
    石積み式のホームなどでは、設置部分を大きく削り取らなければならない
あたりが今後実現できれば良いのでは?と思っていますが、難しいですね。

イメージ 6 イメージ 7
 町田駅のホームドアは「開連動」で、閉扉はホームドア、車両側ドアそれぞれが別々に操作されます。ホームドアを閉じてから、表示灯を確認してドア扱いになるので、山手線などで見られる閉扉時も連動するタイプに比べると、停車時分が長く割かれているはずです。

イメージ 8
1234K 各駅停車桜木町行:H003編成
 最後、諦めきれずに、H003編成を地元でもう一度狙いましたが、天気が天気ですので、結果はあまり変わりません。ただ、列番が面白いので良しとしましょう。
※ちなみに平日は1111Kなんて列車もあります。

では、期末試験もあるでこの辺りで。

イメージ 9言い忘れていました。
この前の冬コミの新刊『失われた205を求めて』ですが、
大好評につき、なんと重版が決定しました!
2017年1月29日 午後9時より通常販売(リンク)をしていますので、是非お求めください。

※事前予約受付は終了しました。現在行っている通常販売
 については、無くなり次第終了となりますのでお早めに
 お求めください。イベント等への持ち込みも予定してい
 ます。
 
そうそう、やっと『サクラノ詩』オールクリアしました。
次は冬コミ売上の一部で買った『枯れない世界と終わる花』やりますぞ……()

この記事に

開くトラックバック(0)

 みなさんお久しぶりです。
 夏休みが終わり、今のところ順調に後期がスタートしています。

 今日は表題の通り、横浜線開業108周年の日です。
 最近、1年1年がすごく早く感じます……と書いたところで、昔から変わっていないことに気が付きました。とにかく過ぎるペースが早いです。昨日のことも数か月前のことのように感じてしまいます。私が「昔」といったら、それはおそらく1週間前、「大昔」といったら、半年前のことだと思ってもいいくらいです。数年前の事柄は頭から抜け落ちています。
 自分なりに色々と調べた結果、「睡眠の質が悪すぎて記憶に影響が出ている」という説が割とありうるので、最近少し気を付けるようにしたところ、朝の目覚めから変わりました。
 目覚まし時計を合わせなくても、予定より早く起きてしまう。少し損をした気分です。

 話を戻して、表題に「珍客」の文言があります。
 結論から申し上げますと、そこまで珍しくは無いかもしれません。

 なぜなら、その客は「East i E」だからです。形式名が未だに覚えられないなんて……

 検測でたびたび横浜線に現れる白い3両(もしくは4両)です。
 ですが、今回は少し様子が異なりました。普段は大船から根岸線を経由して、横浜線の八王子まで向かった後、折り返して大船に戻るのですが、今回は八王子から東神奈川までを往復。
 さらに、昼間に行うのが通例ですが、今回は夜間での実施でした。
イメージ 2
 見ての通り悲惨な写真です。前照灯が明るすぎて、車両を捉えるのに直前まで苦労させられた上、通過速度が想像以上に速く、訛りきった腕で流すのも限界がありました。
 記録程度の写真にはなってしまいましたが、一応、建築限界測定車のマヤ(前から2両目)が挿入されているのが分かりますし、見る人が見れば中山駅での撮影と分かるでしょう。

 わざわざマヤを挟んだので、何か建築限界を測定する必要があったのでしょうが、検測が行われたのは上り線のみで、謎は深まるばかりです。
※「マヤ」に、『ご注文はうさぎですか?』との関連性はありません。

 ちなみに、横浜線を撮っていたら思わぬ収穫がありました。
 個人的にこっちの方にテンションが上がってしまったので、昔の癖が抜けていません。
イメージ 1
 2129Kの橋本行です。一見何の変哲もないように見えますが、実は区間運休しています。
 どうやら、ここ最近のダイヤ乱れの影響を受けてか、検査運用違反が生じたようで、所定八王子行きのところ、橋本行に変更、橋本駅で車両交換の手配となりました。
 29Kは本来、八王子駅に夜間留置される運用で、翌日も朝から働きますので、車両交換で橋本の車庫に引き上げさせて、翌日は丸1日検査に充てる算段でしょう。

 さて、横浜線のE233系もクーラー載せ替えによる屋根上機器の面白みが出てきましたので、ぜひとも日中に俯瞰で撮りたいのですが、なかなか時間が作れません。
 正直クーラー載せ替えを全部記録して、E233系が引退する日には本で出してやろうと企んだことが無いといえば嘘になりますが、全く需要無いですね。そんな事を考えながら、後期も頑張ります。

この記事に

開くトラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事