岡田茂吉の言霊

医学の正体に気づいた時いろんな事が見えてきます!

全体表示

[ リスト ]

「病気に対する手当としては、各種の方法がある。
まず、氷冷法、罨法(あんぽう)、吸入、湿布、芥子泥(からしでい)湿布等である。それらを簡単に説明してみる。
一、氷冷法は最も不可である。
高熱といえども氷冷しないに限る。
何となれば、患部を氷冷する時は、自然治癒作用は、停止されてしまうからである。
一例を挙ぐれば、中耳炎の場合、中耳炎は膿汁が排泄されようとして、中耳内に浸出し、それより外部に出でんとする。
その為の痛みと高熱であるから、この場合患部を氷冷すれば、膿は中耳に向わずして、方向転換をするのである。
それは後脳へ移行し、脳膜炎を起すのである。中耳炎だけで済むべきを、脳膜炎を併発させるという、それは氷冷するからである。
又、盲腸炎を氷冷するとする。
氷冷しなければ、高熱に依て膿溜は解溶され、便となって排泄し、治癒されるのであるが、氷冷の為にその作用は停止されるから、治癒が非常に拗(こじ)れるのである。
それが為に手術を要する様な結果を、招来する事になるのである。
他の疾患においても、大同小異であるから略する事とするが、ただ、高熱によって頭痛の場合、水枕位は差支えないのである。
一、罨 法
あらゆる病気に対し、温めるという事は、多少の効果は必ずあるもので、従って、害はないのである。
腫物、歯痛等に応用すれば治癒を早める事は確かである。
それは、膿溜を解溶すべき、発熱に加えての人工熱であるから、自然治癒を援助する訳である。
一、吸 入
これは、治療上効果もなく、さりとて害も無いのであるが、手数を要するだけ無駄であるから、まず応用しない方がよいであろう。
特に小児においてそうである。
一、湿 布
これは反って害があるのである。
前述のごとく、治療上温めるのはよく、冷すのは悪いのであるから、たとえ、熱湯湿布をするとも、暖い時間より冷たい時間が多いから不可である。
且つ、薬剤を使用するにおいては、反って害があるのである。
何となれば、薬剤が皮膚から参透すればするだけ、それは膿汁のごとき、不純物と化するからである。
一、 芥子泥湿布
これは、急場の場合、多少の効果はあるものであるから、我療法を知らない人には、応用してもよいのである。」 (「新日本医術書」より)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事