岡田茂吉の言霊

医学の正体に気づいた時いろんな事が見えてきます!

全体表示

[ リスト ]

「前項に述べたごとく、結核が泰西に減少し、我国に増加するという原因を述べるに当って知らねばならない事は彼の種痘の問題である。
そもそも種痘なるものは一七九八年英国の医学士エドワード・ジェンナーなるものが発表し、それ以来漸次ヨーロッパを初めとし、世界各国に施行せらるるようになったのである。
しかるに文化人は、恐るべき天然痘疾患から免るるを獲るというので、その恩恵に感謝した事はもちろんで、今日においても救世主のごとくに思われているのは何人も知る所である。
しかるに、ヨーロッパにおいては種痘施行後、各国人の体位は低下し始め、ついに人口増加率低減という恐るべき問題が発生し始めたのである。
それはフランスにおいては、種痘発見後三、四十年、英国及びドイツにおいては七、八十年にしてその兆候を表わし始めている。
しかし幸いにも日本においては、ヨーロッパよりも五、六十年後れたため、体位低下及び人口増加率減少が著るしくないというのが現状である。
しからば、種痘による体位低下と結核との関係はいかなるものであるかを述べてみよう。
種痘によって、天然痘が免疫になるという事は、天然痘毒素(以下然毒と略す)が消滅したのではなく、発病の勢をくじかれたまでである。
すなわち陽性であるべき毒素が陰性化されたまでであって、実はこの残存陰化然毒が、結核を初めあらゆる種類の病原となるのである。
そうして陰化然毒は、人体不断の浄化作用によって各局部に集溜固結するので、その局所は主として背面腎臓部である。
これがためその固結の圧迫によって腎臓は萎縮し、尿の排泄に支障を来すので、その結果として余剰尿毒が背部、肩部、首、頭脳、淋巴腺を初め、全身各部に集溜するのである。
もちろん神経を使う所程、集溜固結するものである。
その集溜固結の過程を、私は第一浄化作用という。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事