岡田茂吉の言霊

医学の正体に気づいた時いろんな事が見えてきます!

全体表示

[ リスト ]

次で右固結を解消排除すべき第二浄化作用が発生するので、その先駆としてまず発熱がある。
それによって右の固結は溶解し、液体化し喀痰、汗、下痢、嘔吐、鼻汁等になって排泄さるるのである。
その場合、第二浄化作用は苦痛が伴うので、その苦痛を病気と称するのである。
従ってこの意味において、病気なるものは実は天恵的浄化作用であって、これによって健康は増進さるるのである。
しかるに、今日までの医学及びあらゆる療法は、右の理を反対に解し、病気をもって悪化作用となし、極力これを停止しようとしたのである。
元来浄化作用なるものは、体力旺盛なる程発生しやすく、また強烈でもあるから、これを停止せんとする場合、体力を弱らせなければならない。
その方法として唯一のものとされていたのが彼の薬剤である。
元来薬なるものは無いので全部毒物である。
薬剤の服量を定めるという事は毒であるからであって、これは医学も認めているところである。
すなわち毒作用によって身体は衰弱するから浄化作用は停止される訳である。
この結果、浄化作用発生以前の固結状態に還元する。
それを治癒したと誤ったのであるから、医家においても病気を治すとはいわない。
固めるというのである。
ゆえに、右のごとく薬毒によって、浄化を停止するのであるから、真の治癒ではなく擬治癒である。
従って、時日を経るにおいて、再び浄化作用が起こるのは当然で、それをまた停止するというのが今日までの方法であった。
しかしそれだけならいいが、右のごとく繰返す結果、その都度薬毒の溜積が増すから、漸次発病毎に悪性となるのである。
これについて医学においては薬毒は自然排泄消滅するものとしているが、これははなはだしいあやまりであって、
人間は人間の食物として定められたる以外の総ては異物であるから、決して消滅はせず体内に残存する事は、私の幾多の経験によって明らかである。
右の理によって、病気の原因である毒素なるものは大体 陰化然毒、尿毒、薬毒の三種である事を知るであろう。
そうして病気に際し最も苦痛を現わすものは薬毒で、次が尿毒、次は然毒であるが、然毒はほとんど痛苦はなくただ痒みだけである。
そうして以上のごとき薬毒の外、氷冷、湿布、光線その他の療法といえども、そのほとんどは固め療法に過ぎないのである。
また特に注意すべきは、発熱の原因がほとんど薬毒である事である。
ゆえに発熱が主である結果といえども、その根本原因が薬毒である事は疑いないのである。
何となれば私が多数の患者を取扱った経験上、生来、薬剤を使用した事のないというものもたまたまあるが、そういう人に限って発熱がなく、従って、病気も軽く大抵一、二回で治癒するのである。」 (「結核の正体」より)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事