岡田茂吉の言霊

医学の正体に気づいた時いろんな事が見えてきます!

全体表示

[ リスト ]

「前項に述べたごとく、浄化作用発生毎に停止する結果、漸次薬毒は追増し、尿毒は漸増する以上、遂に停止し難くなるのである。
右は大抵の人がふむところの幼時から少年期までの経路であろう。
しかるに十五歳以上の青年期になるに従って、漸次体力は旺盛となり、浄化力も強烈になるので、従って、発病の場合浄化を停止せんとしても容易に停止し難くなる。
すなわち発熱を初めその他の病気症状が執拗に持続する事になるから、この際医診においては、結核の初期と診断するのである。
ゆえに、これによってこれをみれば、最初単なる感冒くらいであったものが、浄化作用停止という誤れる療法によって、結核にまで発展するというのが、現在までの医術としての最善の方法であったのであるから、いかにあやまっていたかという事である。
そうして主なる根源としての種痘であるから、種痘が人間に与えた害毒もまた軽視出来ないものがあろう。
ゆえに、結核が旺盛なる浄化作用であるという事の証左として、青年期程発病しやすく、老年期に至るほど発病し難いという事によっても明らかである。
従ってもし医学の言うごとく、抵抗力が弱るから発病するとすれば、抵抗力の弱い老年ほど発病しなくてはならないはずである。
また白人に結核が減少したという事は、体位が低下し、青年にして老人のごとくなったからであり、日本に結核が多いという事は、いまだ青年的元気があるという訳になるのである。
それは白人の方が種痘が早く、日本人は後れているからであることは言うまでもない。
ゆえに白人においては、結核罹病者は青年よりも老年に多いという事であるが、これらも老年者ほど種痘の害を蒙る事が少ないからである。
それについて、最近の新聞記事に左のごとき一文があった。
昭和18年3月11日 朝日新聞強兵健民欄
「医学と体育の問題」…強兵健民を目指してわが体育はあらゆる角度から再検討されているが、体育問題を掘り下げれば下げる程、医学との深い結びつけの必要さが痛感される。
ここにおいて体育、医学の両者はようやく相携えてわが国の真の体育体系の確立のために邁進せんとしているが、以下この両者の意見を聴こう。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事